FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

アドベンチャーワールドへ(その1・パンダ)

まだ薔薇も終わっていないのに・・・
白浜のアドベンチャーワールドへ行ってきました。
目的はパンダの赤ちゃんを見ること💛

うわっ、かわいい(*'▽')
s_IMG_0604 (2)


初めて見るパンダが
良浜(らうひん)と彩浜(さいひん)の親子です。
s_IMG_0620.jpg



アドベンチャーワールド
s_IMG_0668.jpg
実はこれで三回目
1回目は私が小学生のころ
2回目は娘が小さいころに来ています。
その頃パンダはいませんでした😔

恥ずかしながら・・・
まだパンダを見たことが無い(>_<)

s_IMG_0666.jpg


「え~パンダ?テレビで見てたら十分だろ(-_-;)」
という連れを説得し
「パンダの赤ちゃん見たい!見たい」
と言い続けた結果(^_^)v


s_IMG_0615.jpg
パンダの赤ちゃんの公開は15時までです。

体調の悪いときは公開できないときもあるそうですが、今回、元気で起きて遊ぶ姿を見ることができました(*^▽^*)
神様ありがとうございます。ペコリm(__)m



遊んでる彩浜ちゃん
s_IMG_0601 (1)
起きて遊んでいる彩浜を見られるなんてラッキーです(^O^)


s_IMG_0614.jpg
平日の午前中ですからまだ少ない方です。
きっと夏休みやGWはすごい人なんでしょうね。


そのうちこんな光景はもう見られなくなる
と思うので親子の姿を必死に撮る私
s_IMG_0621.jpg
ほほえましい(#^.^#)

s_IMG_0623.jpg
かわゆす・・・( ^ω^)


s_IMG_0624.jpg
ああ~いつまでも見ていたい

s_IMG_0625.jpg

s_IMG_0611.jpg

連れも「わぁかわいい、来てよかったぁ」
「でしょう?」
この目で見るのとテレビじゃ全然違うよね。




白浜には他にもパンダがいるのでほんと楽しい。
結浜(ゆいひん)
s_IMG_0662.jpg

s_IMG_0663.jpg
同じ動物に生まれても
パンダに生まれたら幸せです(#^.^#)



桜浜(おうひん)
s_IMG_0658.jpg

s_IMG_0661.jpg
かわいくて、いつまで見てもあきないけど
他の動物も見たいのでケニア号に乗ってGOGO!
つづきます。

PageTop

青い薔薇 ノヴァーリスと青い薔薇の精

青い薔薇 ノヴァーリス
IMG_0572_convert_20190522160929.jpg
開花しました。
ドイツ コルデス社の青い薔薇 ノヴァーリス
色は青というよりはラベンダー

美しく、はかなげなようでいて
実は強い薔薇です(*'▽')
ずっと手抜きで育てている私が言うのですからほんとです。


IMG_0578_convert_20190522161010.jpg

このノヴァーリスは買ったのではなく
何年か前の「バラの家」の
「フェイバリットローズコンテスト」
ガーデン部門で準グランプリをいただいたときの副賞です。

IMG_1014_convert_20170523133653.jpg
けっこう放置気味ですが
病害虫に強い😊

ただ、夏の強い日差しで花弁がちりちりになるので
花が咲いているときは午後から日陰になる場所に置いています。

IMG_0580_convert_20190522160946.jpg
美しくて強い青い薔薇 ノヴァーリス

宝塚、明日海りおさんのサヨナラ公演
「A FairyTale - 青い薔薇の精」
明日海りおさんはまさしく青い薔薇の精 


本当にお美しくいつまで見ていたいと思いますが
それもかないませんので、
お美しい姿を心に刻みたいと思います。

PageTop

我が家の薔薇のフィナーレ(その1)

我が家の薔薇のフィナーレを飾るつる薔薇は
ランブラーローズのスーパードロシー

IMG_0534_convert_20190521191904.jpg
しだれる薔薇

坪庭には少しですが
外はものすごい量を誘引しています。

昨夜の雨の後の
しずくに濡れたスーパードロシーのつぼみ

IMG_0545_convert_20190521192024.jpg
なんて美しいのでしょう(*'▽')

忙しくて薔薇園にも行けませんが(>_<)
家で育てていればこそ、こんな美しい姿も見られるのです。


雨に濡れたルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール
IMG_0551_convert_20190521192329.jpg
今日は少し切って近所の方に差し上げました。


給湯器前から
移植したボニカ82も咲いてくれました。
IMG_0492_convert_20190521195548.jpg
ランドスケープローズだけに強いです
そして殿堂入りの薔薇ですから美しい(*'▽')


美しく病害虫に強いというのは
今や必須条件です。

(趣味の園芸でもそう言われていました。)


露に濡れた姿も美しいルージュ
IMG_0550_convert_20190521192248.jpg


IMG_0567_convert_20190521202119.jpg
夕方のスーパードロシー

やはり朝がいいね。
すーぱードロシー
バラには青い空が似合います。。



今日、夕方に薔薇切り&水やりをしていましたら
近所の方も、通りすがりの方も
「薔薇、いつも楽しみにしています(*^-^*)」
と言ってくださるので少しでも役に立ってるんだなあと思いました。


我が家の薔薇のフィナーレです。
ラストは鉢植えのノヴァーリスやイングリッドバーグマンの番です。

PageTop

和の庭と薔薇

我が家の坪庭と薔薇

IMG_0540_convert_20190521105505.jpg
このバラはスーパードロシー
名花ドロシーパーキンスを四季咲きに品種改良したものです。
ランブラーローズなので枝垂れる姿が美しい(*'▽')


野ばらに近いような気がして・・・
少し坪庭に誘引しましたが
合いますね。

咲き始めのころ
IMG_0507_convert_20190521105344.jpg
朝の至福のひととき


何年か前、浜寺公園のばら園で
「和の庭とばらコーナー」を見て
ステキだと思いました。
浜寺公園は私がよく走った「泉州マラソン」の
スタート地点なのです。


マラソンのスタートのとき(2月)
ウォーミングアップもせず・・
薔薇の枝を見ていました(笑)

結果、3時間半は切れず、3時間34分でした(-_-;)
おっと・・・すみません
自分のチカラ不足を薔薇のせいにしてはいけないなm(__)m

IMG_0506_convert_20190521105420.jpg
薔薇の種類によっては
和庭にもマッチすると思います(^_^)v


IMG_0537_convert_20190521105530.jpg
フクちゃんも外を見るのが好き

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今、人気の万葉集ですが
万葉集のバラは茨(うまら)
つまり野生の茨(イバラ)=野バラのこと

古今和歌集や源氏物語に出てくるバラは
薔薇(そうび)
中国からきた長春薔薇、庚申薔薇のことです。

バラは「万葉集」でも
丈部鳥(はせつかべのとり)により

「みちの辺(へ)の 茨(うまら)の末(うれ)に延(は)ほ豆の からまる君を 離(はか)れか行かむ」

(意味)道のほとりのいばらの先に豆のつるがからみつくように、からみついて離れようとなさらない君と別れて行かなくてはならないのか。

と詠まれ、日本にも自生し「うまら」「うばら」の名で古くから親しまれてきました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

また奈良時代初期にまとめられた「常陸国風土記」の中で「朝廷から派遣された黒坂(くろさかの)命(みこと)が、朝廷に従わない豪族を「茨(いばら)」で城を築き、またはその住処を茨で塞ぎ滅ぼしたとの記述されており、茨城(いばらき)の地名の由来にもなっている(ちなみに茨城県の県花はこれにちなみバラである)。
(wikipediaより)

IMG_0558_convert_20190521105633.jpg
ここなら外の方に気兼ねすることもなく
静かに長いこと花を楽しめますので
来年からは坪庭に誘引する枝を増やそうかと思います。

PageTop

牡丹と薔薇(床の間)

牡丹と薔薇 

雨になる前にピエールをカットして
床の間に飾ったら
IMG_0528_convert_20190520155213.jpg
偶然にも掛け軸が「牡丹」
(実際には梅や菊が描いてあり、掛け軸の銘は「四季」です。)

まさしく牡丹と薔薇

IMG_0529_convert_20190520155254.jpg
ピークをすぎても美しいピエール様


牡丹と薔薇はどちらがきれい?
IMG_0521_convert_20190520155332.jpg
牡丹「こっちは一輪だし絵ですから、フェアじゃないです」

す、すみません(;'∀')

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆ 

そういえば「牡丹と薔薇」というドラマの脚本は
中島丈博さん
偶然にも、昔見て印象に残ってるドラマ
「額田女王」の脚本も中島丈博さん
(宝塚「鎌足」の感想のブログにも書きました)

全然タイプは異なりますが
前に観た映画版「壬生義士伝」の脚本も中島丈博さん、主演は中井貴一さん
(宝塚の予習のために再度、映画版を観る方法もありです。)


今度「宝塚」雪組で上演する「壬生義士伝」
宝塚版の脚本は石田昌也さん
この方の脚本も好きです。
映画のように泣かせてくれるのでしょうか?
楽しみにしています(#^.^#)

PageTop