FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

銘仙の着物をテディベアにリメイク(*^-^*)

新しくわが家の一員になったテディベア君です。
もちろん右です。
IMG_0861_convert_20190602170005.jpg
フクちゃん、仲良くしてね(#^.^#)
銘仙の着物からリメイクしていただきました。


着物からテディベアにリメイクしてくださったのは
静京呉服京染店さんです。
IMG_0824_convert_20190602170432.jpg

お嫁入り道具の中のたんすに入っていた銘仙着物
2度ほど稽古で着ましたが
「変な着物」とか言われ(涙)着なくなり・・・

実際に自分もあまり趣味ではなく
しかも似合わないんです。
もう着ることはないと思うので
リメイクしていただくことにしました。


この銘仙です。
_convert_20190602173134.jpg
(画像は静京さんブログから借用)


最初は日傘にお願いしましたが
布の強度に問題があるとのことで
テディベアにリメイクしていただくことにしました。

昨日、お店に行ってきました。
ドキドキ💓
IMG_0817_convert_20190602170413.jpg
開けますと・・・・・


きゃー、かわいい(*'▽')
IMG_0818_convert_20190602170358.jpg
作家さん、胸のところに
ハートの模様がくるように作ってくださいました。
他にもハートが隠れているんです( *´艸`)

足の裏の生地は八掛でして
着物を生かしてくださっています。

詳しい仕様はお店のブログこちら←クリック



仲良くしてもらったお店のテディベアと記念撮影
IMG_0821_convert_20190602170449.jpg

お店のテディベアちゃんとお別れ
IMG_0822_convert_20190602170504.jpg
「今までありがとう。」
「うん、元気でな」
てな会話をかわしたのでしょうか?


着物からテディベアに生まれ変わって
おうちに帰ってきましたよ。

家では、怪しむゲンキ・・・・
IMG_0815_convert_20190602170526.jpg
ゲンキ「だれ?あの子・・・」

兄ちゃん一緒に寝ようよ。
IMG_0832_convert_20190602170110.jpg
手足も自由に動かせます。

フクちゃんが!
IMG_0838_convert_20190602170151.jpg

あ~~フク~何を!
IMG_0839_convert_20190602170214.jpg
Σ(゚∀゚ノ)ノキャー


テディベアも負けてない(笑)
IMG_0865_convert_20190602170242.jpg
もう家族の一員です。

IMG_0863_convert_20190602170043.jpg
フクちゃん仲良くするんだよ。
よろしくお願いします。

ずっと箪笥のこやしだった着物は
こうやって家族の一員となりました。
着物もきっと喜んでいると思います。

新しい命を与えてくださった
静京呉服京染店さん
ありがとうございましたm(__)m

PageTop

かわいい!「きものリメイク テディベア」(=^・^=)

「呉服屋さんでクマちゃん?」の続きです。

静京さんで着物のお手入れの話をしていると
何やら、かわいいものが目につくんです。
気になって「あれは何ですか?」
と聞いてみると・・

新作の
「きものリメイクテディベア」 なんだって(*_*)
IMG_9315_convert_20190303125115.jpg
わぁかわいい(*'▽')

きものリメイクテディベア←詳しくはこちらをクリックしてね。

IMG_9312_convert_20190303125210.jpg
どうかな?フクちゃん(#^.^#)
フク「うん、かわいいクマちゃんだね(ぼくのつぎに・・・)」

・・・(;^ω^)

女性用の紬の道行コートからリメイクしたそうです。
IMG_9314_convert_20190303125141.jpg
クマの目がかわいい(#^.^#)

そういえば・・・
昔、大人の男の人って家でけっこう着物着てましたよね。
仕事から帰ったら着物に着替えてくつろいだり・・

「丹前やウールでもいいのですか?」
と聞くとOKだそうです。
亡くなったお父さんの愛用していた着物だとかわいくなりそうです。

親の箪笥の中に入っていた着物
着ることができたらいいのですが
今の時代はなかなか難しいことが多いです。

多くは処分するとしても
愛用していた一部のものだけでも・・・・

日傘や、こんなふうにテディベアにしてお部屋に置いておくのもいいですし
形見分けにもいいかもしれません。
かわいいからプレゼントにもいいですね(#^.^#)


昔、お父さんが家でよく着ていた紬、実家で探してみようかしら?
ねえルイちゃん?(*'▽')
IMG_9319_convert_20190303125240.jpg
ルイ「ぐーぐー・・・」

寝てるわ(-_-)zzz

PageTop

遺品の黒羽織をバッグとおそろいで長財布へリメイクしていただきました。

祝賀会で着た訪問着と長襦袢(二人分)をお手入れに
静京呉服京染店へ持って行ってきました。

パーティー会場のホテルは暖かく、
けっこうバタバタしていましたので脱いだときかなり汗ばんでいました。
袷の訪問着はしばらく着る予定がないので汗ジミになるといけませんしね。


ナイスタイミングで、頼んであった着物からリメイクした「長財布」ができてました(*^▽^*)

以前↓
遺品の黒羽織をケリータイプバッグへリメイク
した残りの羽織の布地で、財布を作っていただいたんです。

他にリメイクした残りの生地で作っていただくと
解く&プレス代金が不要で、いちからお願いするよりお得でしたので(* ̄▽ ̄)


バッグとおそろの長財布です。
じゃ~ん☆
IMG_9332_convert_20190302113302.jpg
薔薇の羽織だったので、今回もバラで~

IMG_9327_convert_20190302113349.jpg
仕様などは→着物リメイク財布

お店のブログにも書いてくださっています。

バックにエリザベート皇后さま( *´艸`)
IMG_9331_convert_20190302113321.jpg
さらに素敵です。


実はこのバッグは先日の検定の祝賀会にも持っていました。
「あのブログにあったバッグですね」
と気づいてくださった方がお1人!
それは・・・
ユキリコフさんでした(*_*)
ああ~ありがとうございます(#^.^#)



このお財布は箱に入れてくださいますのでプレゼントにもいいですね。
もちろん、この上からきちんと包装紙で包装してくださいます。
IMG_9316_convert_20190302113424.jpg

さらにお店で、かわいいくまちゃんに出会ったのです(@_@)
ある~日、呉服屋さんで、くまさんに出会った~(^^♪

フク「呉服屋さんでクマちゃん?」
IMG_9311_convert_20190302115631.jpg
何だろうね?(´∀`*)

明日につづく・・・

PageTop

遺品の黒羽織をケリータイプバッグへリメイク☆

遺品の羽織からリメイクしたケリータイプバッグです。
リメイクを依頼した静京呉服京染店さんへ
受け取りに行ってきました。

とりあえず帰宅して自宅でパチリ
おおーすてき\(^o^)/
IMG_8958_convert_20190130173112.jpg
これが羽織だったなんて信じられない。


アップしましょう。
IMG_8940_convert_20190130180938.jpg
薔薇の地紋がすてき(≧∇≦)
なので少女漫画風にバックにも薔薇を~🌹🌹


反対側
IMG_8949_convert_20190130173354.jpg
薔薇の地紋がある紋付の羽織だったのですが
薔薇の地紋を生かしてくださっています!(^^)!


底の部分
IMG_8950_convert_20190130173338.jpg
薔薇の黒の地紋と金色の金具が美しい(#^.^#)

IMG_8954_convert_20190130173212.jpg
横から・・・

IMG_8956_convert_20190131201143.jpg
斜めから・・・
どの角度から見ても素敵です

依頼したときの過去記事はこちら

遺品の羽織をこの美しいバッグにリメイクしてくださったのは
静京呉服京染店さんです。
IMG_8933_convert_20190130173612.jpg
アクセスはこちら

黒羽織からこのバッグへのリメイクの様子はお店のブログの

黒羽織をケリータイプバッグにリメイク ←に詳しく書いてくださっています。

興味を持たれた方はどうぞクリックしてご覧ください。


洋服でも着物でも持つことのできるバッグにリメイクをお願いしました。
IMG_8932_convert_20190130174308.jpg
着物にももちろん合いますね。
(お店の中)

バッグの中、
お財布、スマホ、化粧ポーチは軽く入ります!(^^)!
ショルダーバッグにも変化します。
IMG_8931_convert_20190130173551.jpg


お店の中で撮影
IMG_8926_convert_20190130173636.jpg
完成品を見せていただいたとき、
「わぁすてき~(*'▽')」って声がでました。

これが元、何十年もタンスの肥やしだった主人の伯母の遺品の羽織だとは!
(最近伯母がたくさん出てきますが、着物好きだったのは主人の伯母です。)
薔薇模様もすてき(⋈◍>◡<◍)。✧♡


着物が大好きだった羽織の持ち主である主人の亡くなった伯母も、きっと天国で喜んでいると思います。

昔、お母さん方が入学式のときに着た黒羽織、着ることもないし、どうしようと困っている方がいたらこんな風にリメイクして普段たくさん活用するという方法もあります。

本当に素敵なのであちこちに持って行きたいです。
静京呉服京染店さん、本当にありがとうございましたm(__)m

PageTop

遺品の着物をケリータイプバッグへリメイクするため静京呉服京染店さんへ

遺品の羽織をケリータイプバッグにリメイクしていただくため
静京呉服京染店 さんへ行ってきました。

これは黒留袖をケリータイプバッグにリメイクしたものなのですって(*'▽')
繧ア繝ェ繝シ繝舌ャ繧ー繝ェ繝。繧、繧ッ_convert_20181226183356
ステキ~(≧∇≦)
(画像借用については静京さんより許可いただいています。)

こちらのお店の↓の記事に留袖の生地からこのバッグを作ったときのお話が書かれています。

黒留袖をケリータイプバッグにリメイク←はこちらをクリック


すてきです(*'▽')

この記事を読みまして、
私も遺品の着物をバッグにリメイクしてほしいと思いました。
過去には、遺品の着物を日傘やトートバッグにリメイクして頂いたことがあります。
今度は、ケリータイプのバッグにしてみたい(#^.^#)

仕様や料金などの詳細は
着物をバッグへリメイク←はこちら


IMG_8561_convert_20181226183539.jpg
静京呉服京染店のお店です。
アクセスはこちら


前もって電話で予約して候補の着物を何点か持っていきました。
「どれがいいでしょうか」
主人の亡くなった伯母の遺品の紋付の羽織や小紋、色無地など数点を持参。
IMG_8548_convert_20181226183608.jpg

伯母の遺品の中で最後の二候補に絞る。

紺色の小紋か
IMG_8547_convert_20181226183657.jpg

薔薇の地紋の黒の紋付羽織か
IMG_8552_convert_20181226183731.jpg
両方とも生地も保存状態も良かったです。

結果、黒地に薔薇の地紋の紋付羽織に決定(^O^)
IMG_8558_convert_20181226183754.jpg
仕上がりが楽しみです!(^^)!


身内の遺品の着物、
本当は着物として着るのが一番なのです。
けれど、現実問題として今は難しいことがあるのも事実です。
でも想いのある着物は捨てられない・・(>_<)
そういった想いをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

たとえば、入学式の時に母が着てくれた黒羽織、結婚式の時に着てくれた黒留袖など
何点かは残して日傘やバッグにリメイクして普段使えるようにリメイクするのも選択肢の一つだと思います。

私もそうでした。
それで今まで着物を日傘やトートバッグにリメイクしていただきました。
IMG_8560_convert_20181226183517.jpg
お店の看板娘さん

もう亡くなったけれど優しかった主人の伯母さんからいただいた紋付の黒羽織
きっと亡くなった伯母さんも、
普段たくさん使えるほうが天国で喜んでくれますね😊😊

ケリータイプの素敵なバッグになって生まれ変わってくるのを楽しみにしています💛

PageTop