FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

「麁服(あらたえ)と繪服(にぎたえ) 天皇即位の秘義 践祚大嘗祭と二つの布」という本を読んで・・・ 

麁服(あらたえ)と繪服(にぎたえ)

天皇即位の秘義 践祚大嘗祭(せんそだいじょうさい)と二つの布


IMG_5975_convert_20200605151315.jpg
という本を図書館で取り寄せていただき
さきほど読み終えました。

中谷 比佐子 (著), 安間 信裕 (著), 門家 茂樹 (監修)
2019/12/23 電波社
著者の

中谷比佐子氏はきもの文化研究家
安間信裕 氏は民俗学研究家
門家茂樹氏は忌部神社の宮司

です。


天皇が即位の儀式として執り行う
践祚大嘗祭で欠かせない祭祀具
「麁服(あらたえ)」と
「繪服(にぎたえ)」
この神聖なる二つの布の成り立ちと歴史に迫り、天皇即位の秘儀を読み解くものです。



という説明文にひかれて
借りたのですが・・・

着物好き、布好き
古事記など神話が好きな人
天皇家、大嘗祭のことを知りたい人
もちろん徳島県の方にも
興味深く読めると思う。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

以下、アマゾンの説明文より・・・

あらたえとにぎたえとは
天皇即位の皇室儀礼である大嘗祭は、7世紀には既に行われていたと言われている。天皇に即位する者たちによる口伝のため、この儀礼自体が秘儀とされてきた。

その中でも大変重要な調度品が、

大麻繊維で織られた布「あらたえ」と
絹布の「にぎたえ」
と呼ばれる二種類の反物である。


令和の大嘗祭でも用意されたが、秘儀であるこの儀礼の根幹であるため、その使い方は明かされていない。

通説では、即位する皇子が儀礼が行われる深夜に、これらの布を身に纏い、祖霊である神々とひとつになることで、本当の天皇になると言われている。

古式に則り作られ供される二種類の布にフォーカスしながら、大嘗祭と日本文化について探っていく。

「あらたえ」は徳島県阿波の三木家によって作られる。三木家は古代から天皇の祭祀を務めていた氏族である忌部氏の末裔だ。

彼らの手により育てられ、 糸を紡ぎ忌部神社で織られた大麻織物「あらたえ」は宮中へと運ばれる。
大麻(おおあさ)は結界やお祓いの幣、神社の注連縄などにも使われており、
日本では古来から神の宿る植物として大切にされていた。この霊力を使って神々との一体化をはかる。

一方の絹織物である「にぎたえ」は愛知県豊田市の稲橋八幡神社を中心に作られる。
植物由来のあらたえと、動物由来のにぎたえを使って神々とどのように儀礼を結ぶのか・・・。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

上の説明から抜粋

大麻(おおあさ)は結界やお祓いの幣、
神社の注連縄などにも使われており、 日本では古来から神の宿る植物として大切にされていた。
この霊力を使って神々との一体化をはかる。


とありますが・・・
ちなみに我が家の神棚でも
伊勢の神具店から取り寄せた麻苧(あさお)を
ひもろぎとして使用しています。
これはその残りです。

IMG_5978_convert_20200605151353.jpg

中身はものすごく「古事記」の話が多いです。
本にも・・・・

大嘗祭の中身と皇統についての考え方を理解するには、ここまで「古事記」を紐解いておかないとむずかしい。
そして天皇陛下という存在と私たちの関係もよく理解できない。

日本の皇室や、天津神、国津神のそれぞれの役目を知ることで、
日本という国の「国體(こくたい)」を知ることにもなっていく。


と書いてあります。

日本人は災害があっても略奪もしない、きちんと並ぶ、今回のコロナの件でも強制しなくても収束したことを某大臣が民度とおっしゃっていましたが・・まさしく・・・それがこの本でよくわかりました。

著者のいろんな言葉に感銘を受けました😊

二大織物の麻と絹
その歴史と役割についても
書かれています。





ものすごく勉強になりました。
きもの文化の勉強にもいいと思う。
徳島県の忌部神社にも行ってみたいね。
この本を書いていただきありがとうございました。

PageTop

カレーの香りの線香と本「死んだらどうなるの?」

カレーの香りの線香が届きましたので
実家に送る前に
我が家のお仏壇に供えてみました。

なぜなら
もし変な香りだったときは
母の苦情が恐ろしいからです😢


過去記事↓
亡父の希望によりカレーの香りの線香を購入

IMG_2876_convert_20191102132525.jpg

今風のけむりの少ないお線香です。
香りは、クローブ、シナモン、セージの香りです。
特に線香の箱の写真のような
いかにもカレーライスって香りではないので
安心して実家に送ることができます(#^.^#)



あの世関係で・・・
桜井識子さんの最新刊
「死んだらどうなるの?」 KADOKAWA

IMG_2885_convert_20191102132457.jpg

を書店で購入しました。

書店で見たとき4冊あったので、
買い物の帰りに寄ろうと思ったのが甘かった(>_<)
たった1時間の間に1冊になってました
買えて良かった😊

とくにこの問題は・・・
皆さん興味あるようです。

とりわけ今の時代は・・

「おひとりさまの供養問題」

に関心があって質問も多かったとか・・。

個人的には関西の方なら
「一心寺」「高野山」への納骨をお勧めします。
我が家も遺骨のひとつは墓へ、
喉仏の遺骨は「高野山奥の院」の納骨堂へ納めています。子供にも今のうちに教えておかないと💦


詳しい内容を書くことはできませんが
私は関係者でもありませんし
アフィリエイトもしておりません。
ご安心ください。
このブログも有料で広告を消してもらっています。



若いときは「死んだらそれで終わり」と
思っていまして・・・
法要や位牌、戒名などにも疑問を抱いていた
ものすごく疑り深い私ですが

IMG_2883_convert_20191102132627.jpg


ここ10年くらいは不思議なことが多く
最大は亡くなった伯母の一件がありまして😨
(亡くなって数年たってたのに成仏できてなくて私に救いを求めて出てきたこと)

自分で見てしまったから・・・
もう信じるしかない(;'∀')

亡くなった義母が生前から
りっぱなお仏壇を購入したり・・・
菩提寺から院号を授けていだたいたり
そんなものにお金をかけて・・と
疑問に思っていましたが(私も若かった)

今・・・
お義母さんすごいなと思いました。
まだまだ勉強中です(;^ω^)


PageTop

わが家の万葉集 ビギナーズ・クラシックス(角川書店)

万葉集が人気ということで
たしか家にあったよね、と思い本棚を見ますとありました。

万葉集 ビギナーズ・クラシックス  角川書店編
IMG_9583_convert_20190403112129.jpg

私のような初心者にもわかりやすく書いてある
このビギナーズ・クラシックスのシリーズが好きで初版の時(平成13年)に購入していました。

この本には
梅花の宴はP149から
そして153ページには・・・(@_@)
ああっ、ちゃんと書いてありました。


序文には中国の詩序にならい次のようにある。


「時に・・・初春の令月にして、
気淑く風和らぐ、
梅は鏡前の粉を披く
蘭は珮後の香を薫らす・・・」


以下略

断捨離しなくて良かった(´▽`)

☆個人的におすすめな理由
文庫版で持ち運びしやすく
かつ初心者にもわかりやすく原文も現代語訳も総ルビ付きで書いてあります。



今朝(4/3)の産経新聞によると
角川書店はこのビギナーズ・クラシックスの万葉集の増刷を決め、今月中旬に書店に並ぶそうです。

PageTop

本「神様と仏様から聞いた人生が楽になるコツ」桜井識子著と不思議なこと

「神様と仏様から聞いた人生が楽になるコツ」
桜井識子著 宝島社 を購入しました。
IMG_8919_convert_20190128190046.jpg
今までシキコさんの本は1冊しか買ってないのですけど、今回はいつも参拝している神社仏閣やこれから行きたいところばかりだったので思わず買ってしまいました。

それだけではなくて
今回は神仏の紹介と合わせて、

人から飛ばされた悪念(嫉妬、やっかみ、憎しみなど)の除去方法も書いてくださっています。
そんなことで苦しい想いをしている方もおられるかもしれません。

この本で紹介してくれる神社仏閣は(一部抜粋)

大阪は
坐摩神社、 生國魂神社、 住吉大社 
成田山大阪別院明王院
石切劔箭神社、 枚岡神社 
阿倍王子神社、 犬鳴山七宝瀧寺 
施福寺 

京都
八坂神社、 晴明神社 
今宮神社 、 柳谷観音(楊谷寺)
 
奈良
室生龍穴神社、 長谷寺 
信貴山朝護孫子寺
法隆寺、 興福寺  東大寺 
薬師寺、 唐招提寺など・・
あと滋賀県の神社仏閣もあります。
よく参拝している神社仏閣や行きたい神社仏閣ばかりです。 
・・・

ワタクシ事ですが、
信じられないと思う方は、ここから先はスルーしてくださいね。

先日、亡くなった伯母(私の母の姉)が夢枕に立ってからずっと体の調子が悪かったのです。
スーパー銭湯で多少体は楽にはなったのですが、まだ身体が重かった。

シキコさんの過去のブログで書いてあったとおり
不動明王さまにお願いしましたら
すっと楽になりました。

今は「なにこれ?」
っていうくらい身体も軽く、食べられるし、しゃべられるんです(#^.^#)

本当に不思議ですが不動明王さまのお力を実感いたしました。
もう30年も毎年、成田山大阪別院明王院にお参りしているのでお不動さまからご縁はもらえていたのかもしれません。
お不動さまありがとう。
識子さんもありがとう。

この本をじっくり読んで
今年もいろいろな神社仏閣を参拝させていただきたいと思います。

PageTop

「なぜかいいことを引き寄せる人の『幸運の法則』」 PHP という本を購入☆

なぜか いいことを引き寄せる人の
幸運の法則
(PHP研究所)
IMG_8797_convert_20190111194117.jpg
という本を買ってきました。
すごい開運方法を有名な23人が大公開してくれるっていうので、どれどれと読んでみました。
ひととおり読みましたが、
私個人の感想としては、800円というお値段にしては内容が詰まっていて良いと思います。


さて、猫たちは・・(;^ω^)

ルイ「またママがなんか買ってきた」
IMG_8645_convert_20190111194640.jpg
フク「幸運の引き寄せって何?」


それは・・・(* ̄▽ ̄)
IMG_7535_convert_20180930144241.jpg
こういうことです( *´艸`)
(福(=フク)を引き寄せる)


ゲンキ「ふっ・・・」
IMG_8595_convert_20190111194253.jpg
ゲンキ「おいしいゴハンが毎日食べられるってこと?」

ま、まあ猫的にはそうもいえるのかな(#^.^#)?
この本には強運をつかんでいる様々な分野の達人たちによる「運をよくする法則」がつまっています。
直感でピンときた方法をぜひ取り入れてみてください。と書いてました。

全てのやり方を真似できませんが、
猫たちのためにも・・・
気にいった開運方法をひとつだけでも取り入れてみたいと思います(*^▽^*)

PageTop