FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

久しぶりに半衿を縫いつける(*^-^*)

ものすご~く久しぶりに半衿を長襦袢に縫い付けました。

  IMG_3754_convert_20180127150108.jpg
半衿用テープは持っているんですけど
今は、たまにしか着物を着ないので針と糸で縫いました。

半衿を買ったときの記事は礼装用半衿「菊詰め」←はこちら

半衿用のテープは別のところで使って役に立ってくれたんです。
それはまた後日に(*^-^*)

PageTop

礼装用刺繍半襟「菊詰め」

着物関係のものを買うのはすごく久しぶりです(#^.^#)

↓の左の礼装用の塩瀬の刺繍半襟「菊詰め」を購入しました。
IMG_3030_convert_20171114161926.jpg
今まで持っていた右の「桜七宝」の刺繍半襟は訪問着を着たときに縫い付けてヘビロテで・・・(*''▽'')
結局、いつもこれをしている状態でした(;´・ω・)
今度は菊が欲しいなと思い購入(#^.^#)


↓桜の刺繍半衿のアップ
P1140776_convert_20170116154009.jpg

桜の刺繍半衿のとき~♪
1486974402918.jpg
同じく
1484727509101.jpg

薔薇の刺繍半衿のとき
1488154243514.jpg

薔薇の刺繍半襟は娘の振袖には役立ちましたが(娘用に買ったから)
模様が大きいので、振袖みたいに半衿を多めに出さないと何の模様かわかりません。
私がしたときがそうでした(;´д`)トホホ
P1150075_convert_20170223124939.jpg

模様は小さいほうがいいね。それに菊が好きです。
IMG_3031_convert_20171114161942.jpg

白の刺繍なので、遠目には白にしか見えないのもグッド(^_^)v
着物はもう買うことはないと思いますが、半襟くらいならいいですね。
刺繍半襟って襟元が華やかになりますので、大好きです(* ̄▽ ̄)♪

PageTop

パーティーの着物コーデは薔薇の刺繍の半えりから決まりました(^^♪

美しい薔薇の刺繍の半えり(正絹)です。
P1150073_convert_20170223124922.jpg
娘にと思い奮発して買ったのに使っていなかったのです。

こちらに入っていました…何年も箪笥の肥やし(;^ω^)
P1030475_convert_20140912112648.jpg

中は、薔薇の刺繍半えりです
P1030477_convert_20140912112554.jpg
今回の、きもの検定の合格記念パーティーで、私が使うことにします。(*^▽^*)
いい年をして、こんなかわいいの?いいのかな?
と一時はちゅうちょしたのですが・・(;^ω^)

 「物はつかってこそ」 

ですし、少しの面積ですもの。
それに、茶会ではないので、刺繍半えりも使えます。
が、やはり・・・いいのかな?(;^ω^)

誰か「そんなこと言って、いつ、使うの?今でしょう?」
はい、林せんせい…(@_@)

なんだか、ピエール・ドゥ・ロンサールに似ています

P1150075_convert_20170223124939.jpg
可愛すぎますが、使わせてください(;^ω^)


薔薇の刺繍半えりが先に決まり・・そして着物は自然に・・
白バラの、藤色の加賀友禅に決まりです(^_^)v

P1150077_convert_20170223124954.jpg
最近は茶道中心なので、白半えりが多いですが、
もともとアンティーク着物大好きでしたからね(^^♪

このときはまだ縫っていませんが
半えりつけ終わりました。
正絹の半えりなので、丁寧に縫いました。
着物はいつも直前に直感で決めます(フォース?(笑))


我が家のバラのピエール・ドゥ・ロンサールと
つるアイスバーグを着物パーティーに連れていくことにしました(*^-^*)
 ↓我が家のバラ
CA3F0412_convert_20140710140256.jpg
上の白いのがつるアイスバーグ
下のピンクがピエール・ドゥ・ロンサール


そして酉年なので、鳥の模様のある袋帯と
帯揚にします。
P1150078_convert_20170223125008.jpg


明日の友禅染の工房見学は洋服です。
土曜日は朝から、ヘアメイクも着付も全部自分でがんばります(^_^)v
参加の皆様、どうぞよろしくお願いしますm(__)m



↓↓のゲンキちゃんバナーの写真をクリックしていただけるとうれしいです(^^)💛
ゲンキ「押してね」⇩⇩
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます(#^.^#)

ファッション(着物・和装)ランキングへ

PageTop

映画「外科室」の吉永小百合さんの半襟

数年前ですが、泉鏡花の短編小説を坂東玉三郎が監督・映画化した「外科室」を見ました。
吉永小百合外科室 
 
吉永小百合は美しい伯爵夫人を演じています。

この伯爵夫人が小石川植物園の満開のツツジを夫・家族と見物にきますが

ここで医学生高峰(加藤雅也)とすれ違い、お互い一目ぼれしてしまうんですね~(/ω\)

吉永さん
吉永小百合さんもお美しいですが・・・。

いやぁ、若き日の加藤雅也さん、ほんとうにイケメンですね。

私も、一目ぼれしそうです💓💛💛
加藤雅也

キャーキャーイケメ~ン(/ω\)💓💛💛

でも、それだけ・・・言葉も交わすことなく、お互い胸に秘めたまま・・・。

9年後に伯爵夫人が胸部の手術をすることになる。
執刀医は医師となった、高峰=加藤さん。

麻酔をかけなきゃならないが夫人はこれを拒絶。

夫人は
「私はね、心に一つの秘密がある。
ねむりぐすりはうわごとを申すから、それが恐くてなりません」

と語る。

麻酔をかけられれば、自分がうわごとで
高峰を9年間も恋焦がれていたことをしゃべてしまい、皆に知られるのが恐い。
知られるぐらいなら死を選ぶ。

麻酔なしでの手術が始まり、高峰が夫人に問う。
高峰:「痛みますか?」
夫人:「否(いいえ)、(手術しているのが)貴方だから、貴方だから」



このあと夫人は突然身をおこし、メスを自分の胸にさして
高峰に抱かれながら自害する。
・・・・・・・・・。
手術室でのシーンのあとは9年前の二人の出会い回想場面がずっと続きますが
小石川植物園の新緑の緑と躑躅(ツツジ)が本当に美しいです。
それと、着物姿の吉永さんと、日傘が・・・素敵です。


私、この後で、東京の小石川植物園まで行ったぐらいなんですよ(私は大阪)

一度目をかわしただけでお互いが恋に落ちた医学生と伯爵夫人。
9年後に執刀医と患者という立場で再会するのですが、
この恋をおたがいが口にすることもなく恋に殉じる、という素敵な、でも現実ではありえない物語。💛💛😍💛💛  

で、あんたいったい何が言いたいの?

伯爵夫人の吉永小百合さんの半襟を見て~~(*´▽`*)

数年前の私の写真ですが、半襟ね。
「半襟、出し過ぎです!」
「この人、ちょっと、おかしいんです」とまで、言われましたけど・・・(>_<)
GRL_0431.jpg

GRL_0392.jpg

たくさんの人に、40過ぎて柄半襟して、こんなかっこしてって、
変人扱いされたり・・・(-_-;)
『半襟は昔から白って決まってるのよ』とか言われましたが・・・。
着物の歴史はちゃんと勉強したうえで・・したんです。

半襟については過去の記事 『半襟おろそかにすまじ』←クリック  に書いています(#^.^#)

伯爵夫人の吉永小百合さんの刺繍半襟、見てください(*´▽`*)

アンティークが好きで半襟をたっぷりと見せたい方、堂々と、
どっと見せてください(#^.^#)


ランキングに参加しています。
バナーを、クリックしていただけたら嬉しいです。💛
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 

ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

PageTop

半えり、おろそかにすまじ

長襦袢に華やかな半襟がかけられるようになったのは、江戸後期。

髪を結いあげるのが日常となり、

襟を抜いて、半襟をたっぷり見せる着方が流行してからです。

昔きものレッスン十二か月 弓岡勝美監修から抜粋
P1030483_convert_20140912112515.jpg
明治に入ると、友禅や刺繍で、次々と美しい半襟が作られます。

白い半えりは礼装用や晴れの日用でした。

いまでこそ、半襟と言えば、白が一般的ですが

それは、刺繍半襟が、贅沢品とされ、物資が乏しくなった

戦後からの話です。


えっ!そうだったの!(*_*)

主婦の友90年の知恵「きものの花咲くころ」という本にも
「着物にかける三分の一を半襟に投じるのが
本当に衣装通」とか書かれている。(1924年4月号)

しかし、戦争で着物文化が一変したんだね~・・・((+_+))。

戦後の高度成長にのって着物ブームが訪れると、
着物雑誌の影響もあって半えりはもっぱら白になる。

礼装じゃない、紬にまで白半えりを合わせるように・・。

白半襟、白足袋は戦後の好み、

戦後はきものは画一化され、高級化へ向かっていく・・。


もう戦後じゃないし、物資も豊富で、
自由になったのになんでみんな
普段のキモノにも白半襟なの?


ってのが、着物道に入ったばかりの私の疑問でした。(゜_゜>)

娘にと思い奮発して買ったのに使ってない半襟・・・開けますと
P1030475_convert_20140912112648.jpg
ステキな薔薇の刺繍半襟です
P1030477_convert_20140912112554.jpg
もう、私が使っちゃおうかな?(*^▽^*)

昔きものレッスン十二か月 p70から抜粋・・・。

「きものと、半襟のコーディネイトにも、やはりルールがあります。
汚れを防ぐことが半襟の原点ですから、薄い色ほどフォーマルで
濃い色は普段用と覚えておかれるとよいでしょう。
・・・・・・
礼装用の半襟以外は比較的自由に着物とのコーディネイトが楽しめます。
・・・・・・・
友禅染や絞りの半襟などは小紋やお召、紬などのカジュアル用。

むしろ、半襟は、季節に合った素材
と柄でコーディネイトするのが基本


ただし、茶席だけは、清浄のこころを表すために白い半襟を使います。」

そうやったんや~(*_*;(@_@) 

「花子とアン」の花ちゃんも、普段は色半襟で、目上の方に会ったり
ラジオ局へ行くときは半襟は白でしたよね(#^.^#)

私の半襟コレクションの一部です。(;^ω^)まだまだあります。
P1030480_convert_20140912112610.jpg

普段きものに、これらをコーディネイトして使うぞ~(*´▽`*)

P1030482_convert_20140912112626.jpg
刺繍の半襟は高いので、自分で刺繍しました。↑
(全部自分で刺繍した!)
へたくそだけど笑わないでね(*´▽`*)

P1030457.jpg
フク「えっ!不器用なママが自分で刺繍したの?」

P1030456.jpg
ゲンキ「まあまあじゃない?」

PageTop