FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

那智大社の烏牛王神符(からすごおうしんぷ)の力を思い知る。

熊野那智大社で烏牛王神符(からすごおうしんぷ)を授与していただきました。
これで我が家に

熊野本宮と速玉大社と那智大社の
熊野牛王神符が三枚そろいました(^O^)



そして那智大社の神符を
玄関の胡蝶蘭の鉢の横に置いたんです。
袋に入れたまま(すみません)・・・
(熊野本宮と速玉大社の神符は別の場所に)

そしたら翌日・・・

ええっ!Σ(゚□゚(゚□゚*)

胡蝶蘭のさきっぽの硬いつぼみが!

4カ月たっても咲かなかったつぼみが

一晩で花が咲いてる(@_@)

(胡蝶蘭は2月9日に頂いたものです。)

IMG_0922_convert_20190604164317.jpg
上の赤い袋の中には那智の神符が入っています。
那智大社の神符のパワーとしか考えられない。


こないだまではこんなつぼみ(黄色で囲ってます)
IMG_0582_convert_20190522161048.jpg
もうつぼみのまま終わってしまうんやろうな~と思っていました(@_@)

一晩ここに置いただけで・・・

熊野那智大社の神様のパワー!

すごすぎます。

_convert_20190605132129.jpg
那智大社の烏牛王神符


ちなみに那智大社の神符には
滝の神様のパワーがはいっているそうです。

くわしくは
熊野那智大社のHPに書いてあります。
古と同じく宮中にも納めているそうです。



私のブログの過去記事にも書いてあります。
よろしければ・・

過去記事おんな城主直虎の起請文の裏は「熊野那智大社の神符だった!」

過去記事 「熊野牛王神符「おんな城主直虎でも使ってたね」

熊野権現様の力はあらためてすごいと思いました。
昔の方はこのご神符を懐中に入れてお守りにしていたのもわかりますね。

最近、交通事故多いし
自分で気を付けてもどうしようもないこともありますのでお守りはいつも持っています。
熊野の帰りも高速で一瞬危険なことがありましたが回避できました。

熊野三山へ行かれたら、お守りとともに
この牛王神符を授与していただくのもお勧めいたします😊

PageTop

平安衣装で熊野那智大社・那智の滝・飛瀧神社参拝(その3・完結)

那智御瀧 (世界遺産・国指定名勝)
へ参りました。
s_IMG_0722.jpg
6年ぶりに参拝でき感無量でございます。


こちらは飛瀧(ひろう)神社
この御瀧自体がご神体です。

瀧御瀧
こちらのほうが人が多いです。
外国人もやっぱり滝が見たいですもんね。
まずはここで参拝m(__)m

仕方ないけど、ここでもすごい視線…(/ω\)
(同じかっこの連れでもいればいいんだけど一人だし(>_<))


そして社務所で御朱印をいただき
さらに滝を近くで見ることができる舞台へ上がります。

料金大人300円です。
「那智飛瀧神社」のお守りを授与してくださいます。

s_IMG_0726.jpg
ここで「延命長寿のお水」をいただきます。
お金を払うとお盃も持ち帰ることができるのです。
この神様の波動が入ってますから絶対に効果あります。

さらに上へあがる・・
s_IMG_0734 (1)

ここで桜井識子さんブログで

那智の滝のしぶきをかけてもらうと浄化されたり滝のパワーをいただくことができます。
バサーとしぶきをかけられたら、ここの神様にかわいがられた証しです。


とあったのを思い出し、ずうずうしくも・・
心の中

「神様~私こんなかっこうで下からがんばって上がってきたんです。しぶきをかけてくださ~い、お願いしま~す。」

とお願いしました。
すると・・・

そのときっ!

ドバ~ン・バシャーン!
(滝のしぶきの音)


えっ!Σ(゚□゚(゚□゚*) 

しぶきをめいっぱいかけてくださいましたm(__)m
私だけでなく主人にも・・・
ありがたいことですm(__)m

IMG_0729_convert_20190601111234.jpg

それだけじゃなく、滝をよく見ると・・・

り、龍神様のお姿がっ!(@_@) 

信じられないかもしれませんが…

龍神さまのお姿がはっきりと見えました。

それも1体や2体じゃないのです。
この滝そのものが龍神さま?
古来より滝には龍が宿るとされていますが、まさか私ごときにそのお姿を見せていただけるとは・・・

6年前来たときはまったくわかりませんでした。
那智の滝の神様
ありがとうございました。ペコリ


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆ 

そして主人が写真を撮ってくれていたので振り向くと
s_IMG_0727.jpg

「ああ~!」

って大きな声が!
(訳:もうちょっと滝の方を向いていて欲しかったってことらしい・・・)

そう後ろには私の平安衣装の後ろ姿と滝の写真を撮っている方がたくさんいたのです(-_-;)
インスタ映えですか?(-_-;)

まあ、日本にきて、那智の滝にきて
たまたま、
こんな衣装の人が目の前にいたら・・・
当然写真撮りますよね。


中国か台湾の方々でした(-_-;)
女性の方がその動画を撮っていて
「イショニシャシンオネガイ」ということで
中国(台湾?)の方々と一緒に記念写真。

神様、日中友好に役立ちましたか?

s_IMG_0733.jpg
龍神様のお姿を拝見でき感無量(涙)
那智の滝の神様、ありがとうございました。



そして御朱印
熊野那智大社
IMG_0811_convert_20190601171015.jpg

左は那智青岸渡寺 
右は八咫烏(やたがらす)御縣彦社(みあがたひこしゃ)
IMG_0812_convert_20190601171044.jpg

那智御瀧・飛瀧(ひろう)神社
IMG_0813_convert_20190601171109.jpg

無事に帰ってきました。
いろいろありましたが平安衣装(壺装束)体験楽しかったです。

s_IMG_0686.jpg

熊野那智大社の神様、そして皆様
平安衣装を着つけてくだった大門坂茶屋の皆様
ありがとうございましたm(__)m

着物好きの方もそうでない方も
那智へ行かれたら
平安衣装体験いかがでしょうか😊

PageTop

平安衣装で熊野古道・大門坂・熊野那智大社・那智の滝参拝(その2)

大門坂を上って熊野那智大社

s_IMG_0705.jpg

熊野那智大社は、田辺市の熊野本宮大社、新宮市の熊野速玉大社とともに熊野三山の一社です。

HPはこちら→熊野那智大社

主祭神は熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ、イザナミノミコト)

第一殿 滝宮(大己貴命)
第二殿 証誠殿(家都御子大神)
第三殿 中御前(御子速玉大神)
第四殿 西御前(熊野夫須美大神)
第五殿 若宮(天照大神)
第六殿 八社殿(天神地祗)


拝殿
s_IMG_0701.jpg
ここまできてほっ(´▽`)
人が少ないから良かった。


まずはご挨拶
s_IMG_0698.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ここまで来るのは大変でした(;'∀')

もちろん、大門坂がきついわけじゃないんです。 

私は坂好き、というか山登り好きで
上り坂を見るときゃー(≧∇≦)と
アドレナリンが出まくるくらい好き。
登山マラソンもやってたぐらい体力もあるし暑さにも強い。

しかも着物にも草履にも慣れてるので楽勝

タッタッタッ♪
s_IMG_0695.jpg

大門坂を歩き始めて・・・
いきなり団体さんに出会う!
写真を撮られまくり(;'∀')!
パンダ🐼状態


「最初からこれやったらこれから先どうなるんやろ?

という不安が・・
やっぱり夫婦杉付近で写真撮るだけにすればよかったと思うも、もう遅い
まあこんな目立つかっこしてるから仕方ないですけど・・・(;´д`)

シャイな方にはしんどいかもしれません(;^ω^)

s_IMG_0706.jpg

樟霊社(しょうれいしゃ)
樹齢約850年の樟を御神木として祀っています。
こちらの社務所で御朱印と牛王神符を授与していただきます。


那智青岸渡寺
s_IMG_0708.jpg
ここでもお坊様に御朱印をいただく
御朱印はのちほど。

ここまでくるともう
無の境地・・・
悟り・・・。


この後、主人が暑さと石段の疲れでダウン
しばし「かき氷休憩」



那智の滝が見えますよ(^o^)
s_IMG_0715.jpg
ここから降りていきます。

ここでも写真好きのご夫婦につかまる・・・
s_IMG_0718.jpg
「歩いて下りてください」とパチパチ
私、ただの観光客ですから~(;^ω^)
もっと若い人なら良かったのに、すみません。


が、そんなときも・・
ハンガリーで着物を着た時と同じように
主人は遠くで見てるだけだった(;'∀')

(熟年夫婦なんてこんなもん(-_-;))


s_IMG_0737.jpg

世界遺産 那智御滝 飛瀧神社へやってきました。
s_IMG_0720.jpg
飛瀧(ひろう)神社です。


さあ、滝へ参ります。
飛瀧神社は滝がご神体なのは存じています。
前回来たときは何も感じませんでしたが、この滝には龍神がおられることを実感するのです。
その3へつづく・・。

PageTop

平安衣装で熊野古道・大門坂、熊野那智大社・那智の滝参拝(その1)

こちらは那智大社の参道
熊野古道 大門坂 です。

平安衣装で熊野詣、那智大社へ
s_IMG_0694.jpg
さあ参ります。
これは私です(汗)


この衣装は熊野那智大社の大門坂の
大門坂茶屋  というところでレンタルできます。
大門坂茶屋おかみさん日記
(ブログへの掲載許可はいただいています。)

s_IMG_0684.jpg


s_IMG_0685.jpg

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

平安衣装をレンタルして着付
大門坂の夫婦杉付近での撮影は2,000円
那智大社参拝コースは3,000円です。

大門坂茶屋
電話 0735-55-0244
予約は電話で受け付けています。
営業時間 午前9時から午後4時



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

着物好きの方もそうでない方も
体験いかがでしょうか?
子供用の着物も男性用もあります。
すごい人気で、私のあとにも30人の予約がはいっていました。

暑いし、那智山や滝へ行くのに体力が必要なので
ほとんどの方が大門坂付近で撮影するだけの体験です。

私もそっちをおすすめします。
いい年だし・・、
ちょっと恥ずかしいのもあって・・
私もその予定でした。

主人が「きみならマラソンやってるし体力あるからいけるやろ?もちろん、これ着て那智大社参拝体験コースやな!」

ってことで勝手に予約してしまった!

ええっ!なんで!(゚△゚;ノ)ノ


ということです。
着付は5分くらいで早いです。
赤い袴は行燈式で
袿は二部式でマジックテープで簡単に着付してくださいました。
お店の方は親切でとてもお優しい(#^.^#)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

これは壺装束(つぼしょうぞく)
袿(うちき)をからげ、裾をつぼめるところからつぼ装束といいます。
市女笠(いちめがさ)に「むしの垂れぎぬ」
麻の布でつくられた「からむし」を垂れ
虫よけ、日よけ、人目除けにしました。
(この「むしの垂れぎぬ」は「からむし」ではなくポリです。)

s_IMG_0693 (1)
前に掛けているのは「懸(掛)守り」
赤い帯は「懸(掛)帯」でお守り
(赤い色は神社の鳥居にもあるように魔よけの効力があります。)


このブログの過去記事にも書いてありますが・・・

熊野詣は本来は「白装束」でした。

その過去記事↓こちら
 「熊野古道・中辺路を歩く「熊野詣は白装束だった」

よろしければこちらも↓
第5回熊野古道・中辺路を歩く(白装束と笠


博物館の記録でも確認しています。
私も中辺路(なかへち)歩きましたが
あんな山の中、野宿したり川の中歩くんです(;'∀')
こんな衣装じゃ無理です。

が、熊野の語り部さんや
ここの茶屋のおかみさんの話には
参拝するときだけ白装束をここで着替えたのでしょう・・という話でした。
だとしても、それは女院様クラスの高貴な方だけと思います。


が、いいんです!
いやもう、そんな難しいことは抜きにして
楽しみます(#^.^#)

この装束で那智の滝まで参ります。
s_IMG_0686 (1)

この日は気温30度でも体力的には全く問題なし。

ただ、このあと私がパンダ🐼状態になるとは思っていなかった(^_^;)

s_IMG_0690.jpg
さあ参りましょう。
どうなるんでしょうか?
その2へつづく…


PageTop

白浜・ホテルシーモアと美しい夕日

子供のころから旅行といえば
南紀白浜か、那智勝浦でした。
職場の親睦旅行も合わせると何回行ったかわからないほど行きました。

なので最近は我が家でも
ベタすぎるという点で旅行のリストから外れていたのです。
(白浜の方すみません)

アドベンチャーワールドへ(その2) の続きです。

久しぶりの白浜でのお宿はホテル シーモア
s_IMG_0682.jpg
今年、ホテルシーモアはこの春から
[SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE]
として、改装したばかりです。

中はほんとリニューアルされていました
何でも時代に合わせて変えていかないとね。


駐車場から見た海
s_IMG_0671.jpg
手前はプール
向こうに海中展望塔 が見えます。


温泉も良かった~(^o^)
大浴場も露天風呂にも満足(#^.^#)
温泉はこちら→ホテルの温泉


こちらは
インフィニティー足湯
s_IMG_0675.jpg
手前が足湯で向こうが太平洋です。

圧巻のロケーション(^o^) 

家族でもカップルでも満足できると思う。


お部屋からの眺望は・・・
s_IMG_0673.jpg
これまた夕日が期待できそう( *´艸`)


夕方の6時半ころ・・。
足湯のあるテラスからの夕日

s_IMG_0677.jpg
たくさんの宿泊の方が写真を撮りに来られていました。


去年、夕日が浦温泉にも行ったけど
こちらも素晴らしいね(#^.^#)
s_IMG_0676.jpg
白浜アドベンチャーワールドも
このホテルも若い人に満足してもらえると思うので、今度は娘夫婦も誘ってみようと思います(^o^)

さあ、車で熊野那智大社へ参ります。

最初はパンダ🐼が第一目的だったのに
那智大社参拝がメインになりました。
そのわけは、つづく・・・。

PageTop