FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

令和の初詣・伊勢神宮その5(月讀宮)帰りも『かぎろひ』(完結)

令和の初詣、内宮から月讀宮へ

歩いて月讀宮(つきよみのみや)へ到着
IMG_0028_convert_20190508161443.jpg
以前にも来たのですが
そのときは観光バスで何も知らず状態でした。

この時期、内宮も外宮もすごい人ですが
ほんとに誰もいないのです。
IMG_0029_convert_20190508161522.jpg
でも逆にとても静かでいいと思いました。


行きも帰りも背中に
皇大神宮のおふだを背負っていますので
まるで倭姫のような気分です。

もちろん全然比べられませんが
背に「皇大神宮」のお札があるとやはり違います。

月讀宮
ご祭神は月読尊。
天照大御神の弟神です。
「月を読む」と記すとおり、
月の満ち欠けを教え暦を司る神であることを意味します。


月讀宮からお参りします。
IMG_0033_convert_20190508161628.jpg

右から月読荒御魂宮②、月読宮①、伊佐奈岐宮③、伊佐奈弥宮④
の四別宮が並んで鎮座し、①から④の順にお参りするのが一般的です。

IMG_0030_convert_20190508161602.jpg
月讀宮
静かでたくさんお話ができました。
来て良かった。


御朱印
IMG_0062_convert_20190508161747.jpg
ありがとうございました。


帰りも五十鈴川駅から
クラ〇ツーリズム 専用列車 かぎろひ
IMG_0036_convert_20190508161701.jpg
令和・日帰り弾丸伊勢神宮ウォーキング参拝ツアー
でしたが
行きかえり以外フリー観光

列車は一人参加の人とグループ参加の人を
分けてくれたのでありがたかった。
おかげで車内はと~っても静か(笑)

特急列車貸し切りツアーで4,980円はコスパとしても良かったと思います。


伊勢市に着いたとき
「私、これからさきににいきます(^O^)」
と楽しそうに一人でさきに行かれた年配の方の笑顔が良かったね。
みんなそれぞれ自由行動🏃

こんなツアーいいなあって
家人にも羨ましがられました😉

こういうツアーの使い方もあるんだね。


帰りの電車からの飛行機雲
IMG_0053_convert_20190509091824.jpg

神様から・・・
「ご苦労さん」って言われた気分( *´艸`)
よく歩いた~🏃

令和の初詣、ツアーのおかげで
伊勢神宮へお参りできました。
ありがとうございました。

PageTop

令和初詣・伊勢神宮その4(内宮)

外宮~古市参宮街道を歩いて猿田彦神社から内宮へやってきました。
(令和元年5月2日現在)

ここまでけっこう距離ありました(;^ω^)
「昔の人はえらかった」と思います💦
でも、運動も歩くのも好きです。
良いお天気でした(*^▽^*)

IMG_0026_convert_20190506142000.jpg
すごい人ですが、若い人も多く伊勢神宮はやはり日本人の心のふるさとなんだなあと思う。


昨日の5月1日は御朱印の列が
宇治橋まできていたそうで
いくら翌日といっても、ダメだろうとあきらめる。
(この時点では・・)


宇治橋から見た五十鈴川
IMG_0023_convert_20190506142109.jpg
見るだけでも清められますね(#^.^#)


国旗
IMG_0022_convert_20190506142139.jpg
これを見るたび日本人でよかったと思う。


ここで、古札納め所に我が家からリュックにせおってきた皇大神宮のおふだをお返しする。

「アマテラスさまありがとうございました。」


※近所の神社でも皇大神宮のお札はいただけますが、我が家はありがたいことに
がんばれば伊勢も日帰りできる場所ですから
毎年、伊勢神宮でおふだをいただいていますペコリ



五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらし)
IMG_0003_convert_20190506142216.jpg
ここで参拝する前に身を清めます。


そして歩くと
御朱印の臨時授与所というのがありました(@_@)
昨日(5/1)は人が多すぎるので臨時の場所を作ったんですね!
でもこの時点ではまだ行列があるものの・・
20分くらい?で授与していただけそうな感じです。


ここで、参拝前に御朱印に並ぼうか?
というこころの誘惑・・・

が、そこで

「お前はなにをしにきたのか?」

という心の声というやつが
聞こえたような気がしたんです(>_<)
すみません、すみませんm(__)m


今回のミッションは
①令和の初詣で天照大御神様にご挨拶をすること
②神棚の皇大神宮のおふだをお返しすること。
③新しいおふだをいただくこと



が重要で御朱印はそのついでなのだ。

さきへ進む。
瀧祭神(たきまつりのかみ)さまに
天照大御神様へ取次ぎをお願いします。
IMG_0007_convert_20190506151144.jpg
青紅葉がきれいだった。
けっこうこちらも行列でした。


そして 正宮(しょうぐう)
IMG_0013_convert_20190506142507.jpg

この階段以降は撮影禁止です。
たくさんの方が参拝されていました。
私も、令和の時代になって初めてのご挨拶と感謝をもうし上げました。


こちらは荒祭宮
IMG_0015_convert_20190506142537.jpg
こちらは天照大神の荒魂(あらみたま)を祀る別宮です。
ここでは個人的祈願も良しとされていますのですごい人です。



無事に新しい皇太神宮のおふだを授与していただきました😊

そしてお神酒と令和の鈴を購入
IMG_0065_convert_20190506142641.jpg
神棚へお供えして家族でいただきます。


その後、混んでるだろうなと思い
御朱印の臨時授与所へ行くと・・・


待ち時間なし
すぐに書いていただけた( ゚Д゚)


「だから言ったであろう?
 何が一番大事なのかを見極めよ。」



と言われたような気が・・・(-_-;)
(あくまで気がしただけです)
す、すみません、すみませんm(__)m


去年もですが
今年も舞楽奉納を見学させていただきました。
IMG_0019_convert_20190506142607.jpg
ほんとにありがたいことです。
令和の初詣に伊勢神宮へ来てよかったです。



・服装ですが私を含めほとんどの方がカジュアルです。
正式参拝や御祈祷の方は洋服のブラックフォーマル
・着物の方はいましたが京都のようなレンタルのカップルでした。


この後、おはらい町へ行ってから
歩いて月讀宮(つきよみのみや)へ参ります。

PageTop

令和初詣・伊勢神宮その3・(古市参宮街道を歩いて麻吉旅館~猿田彦神社)

それでは外宮から古市参宮街道を歩いて
猿田彦神社から内宮へ参ります。

5/2は暑いので日焼けしました(;'∀')
IMG_9965_convert_20190505093953.jpg


古市参宮街道とは
「外宮と内宮を結ぶ最古の街道」


現在、内宮と外宮の間は、御木本道路で結ばれています。が、江戸時代のお伊勢参り客はその東側の山道、古市参宮街道を行き来したのです。


この「外宮と内宮を結ぶ最古の街道」 は
江戸時代、遊郭や芝居小屋などが立ち並び、
お伊勢参りの人々で賑わいました。
「東海道中膝栗毛」で有名な弥次喜多さんも歩いた道です。


日本三大遊郭とは(説はいろいろあるようですが)
江戸吉原、京都島原、そしてここ伊勢の古市とも言われています。
さらに大阪の新町、長崎の丸山を足して五代遊郭の一つに数えられていました。



昔の人は、お伊勢参りに行って
ここで遊んだんですね( *´艸`)


が、今は、お伊勢参りでにぎわった古市参宮街道も、現在はごく普通の住宅街に生活道路です。

あちこちに案内図があります。
IMG_9968_convert_20190505094140.jpg

実はここを見たいから来たというのが本音(#^.^#)
江戸時代の遊郭の面影を残す旅館
麻吉旅館 です。


きゃー(≧∇≦)
テレビや本で見て憧れていたの。
IMG_9972_convert_20190505094228.jpg
今も現役の旅館なんです。
多くの有名人や文人が泊まった宿です。
ここに泊まってみたい。


IMG_9973_convert_20190505094246.jpg



IMG_9975_convert_20190505140515.jpg

麻吉旅館 

古市参宮街道から続く傾斜の上に建つ5層6階の
この老舗旅館はよくテレビに出てきますが
かつて遊郭としてにぎわった場所です。

(* ̄- ̄)ふ~ん、そうなのか・・。


国の登録有形文化財に指定されています。
IMG_9983_convert_20190505094453.jpg


この日、伊勢の神宮は御代替わりでにぎわっていたけど、このあたりはひっそりと静かです。

IMG_9976_convert_20190505140541.jpg
紋は丸に三つ柏

うちと一緒なので親しみがわきますね(#^.^#)
この紋は神官に多いと紋と本には書いてあります。


IMG_9977_convert_20190505094412.jpg
崖の途中にある渡り廊下など見て、当時の華やかなひとときを思いました。



「近世の古市は、日本三大遊郭として不夜城を誇ったが、明治期に至っても面影を残し伊勢音頭の舞台は華やかであった」
(古市参宮街道資料館資料より)

IMG_9980_convert_20190505094434.jpg

しばらくまた歩いて
朝熊山が一望できる場所へ
日の出、月見に最適だそうです。

IMG_9988_convert_20190505094516.jpg
電線が無粋やなぁ‥

こうして古市参宮街道を歩いて
やっと、猿田彦神社に到着(*^▽^*)
IMG_9990_convert_20190505094553.jpg
猿田彦神社に参拝しました。
こちらは「みちひらき」の神様なので人気です。
参拝でもこの人数です( ゚Д゚)

御朱印はさらにものすごい列で(5/2現在)
神社から道路までずっと続いていてあきらめました(T_T)
うわ、すごい(;'∀')

ここでこんなんやから内宮はどうなんやろ?
と思うもリュックに皇大神宮のおふだを
せおっているので・・・
「きっとなんとかなる」
と思う。

さあ、内宮へ参ります。


☆薔薇シーズンなので、薔薇記事と交互にアップします。よろしくお願いしますm(__)m

PageTop

令和初詣・伊勢神宮の御朱印(豊受大神宮「外宮」)その2

「かぎろひ」に乗って伊勢市に到着♪
まずは、歩いて

豊受大神宮(外宮) 
IMG_9958_convert_20190502230520.jpg
うわぁ、
毎年伊勢神宮へ参拝してますけど・・・
外宮がこんなに混んでいるなんて(@_@)
すごい人でした。


※このツアーは帰りの集合場所に
集合時間にくれば、あとは自由行動という、
よくある海外旅行みたいな感じです。
ほとんどの方がここで自由行動です。
食事もついてないので各自で自由です。
こういうツアーっていいですね(^O^)


参拝します。
IMG_9959_convert_20190503132220.jpg

御朱印のものすごい行列を見て
「こちらが最後尾」と書かれたプラカードが
すごい後ろでもうあかんわ~と
あきらめかけました、
が・・・
まずは参拝してから考えよう。
もちろん参拝が先です。


古殿地
IMG_9964_convert_20190502230626.jpg


豊受大神宮(とようけだいじんぐう)
天照大神の食事を司る豊受大神をおまつりしています。


が・・・・
いろいろ説があります。
そして、

まず伊勢神宮の参拝順序は先に外宮
そのあと内宮に参拝するのが古来からの作法です。



よく考えると謎です。
いろいろ調べてみました。
(-ω-;)うーん

去年、元伊勢へ行きました。
豊受大神を祀る真名井神社

過去記事は↓こちら
元伊勢・丹後の籠神社の奥宮・真名井神社は日本屈指の聖域でした。

豊受大神の別名は、
天御中主神(アメノミナカヌシ)
国常立尊神(クニノトコタチ)
と言われています。

☆古事記ではアメノミナカヌシの神は世界の最初に現れた神様
☆日本書紀ではクニノトコタチの神が最初に現れた神様


豊受大神=天御中主神=国常立尊神
ということ

このことから見ても
外宮にすごい神様がいらっしゃるのがわかります。

正宮
IMG_9962_convert_20190502230552.jpg
ここから先は撮影禁止なので
写真はないのですが

中で空を見上げたら、
鶏のような雲が現れて・・・( ゚Д゚)
神様の歓迎の印でしょうか?

ありがとうございます。ペコリ


御朱印、右が外宮で、左が内宮です。
IMG_0063_convert_20190502230650.jpg
うれしいな(#^.^#)

参拝の後で御朱印の列に並びますと
御朱印の窓口が10箇所ありまして
思ったより早く15分で御朱印をいただくことができました。
ありがとうございましたm(__)m



「あるく」というテーマなので
これから古市参宮街道を歩いて
猿田彦神社→内宮→月読宮と参ります(#^.^#)

PageTop

「かぎろひ」に乗って日帰り令和初詣・伊勢神宮へ(その1)

令和の初詣に伊勢神宮へ
日帰り弾丸伊勢神宮ウォーキング参拝ツアー
に行ってまいりました。
朝の3時起きなので眠いです(=_=)

IMG_9951_convert_20190502230437.jpg
上本町から
クラブツーリズムの専用列車「かぎろひ」に乗りました。
乗るのは初めてなのでワクワク(^O^)

伊勢に着いてから観光バスじゃなくて
古市街道から神宮を全部ウォーキングで
回るってのがいいと思ったんです(#^.^#)


中も広くて素敵💛
IMG_9954_convert_20190502230453.jpg
ものすごくお安いツアーなんですが
往復、この列車貸し切りです。

一人参加なのに、二人分のシート使えます。
ええっいいんですか?(;^ω^)
すごく広くて足も楽なんです。

この車両は一人参加の人だけです。
グループで参加の方は別の車両だったので、
ツアーなのにこの車両は・・・

めちゃくちゃ静かでした(笑)

IMG_9957_convert_20190502230336.jpg

伊勢へ向けて参ります。
昨日の5月1日は伊勢神宮は
ものすごく混んでいて
御朱印は6時間待ちという話も聞いたので
家のお札を返して新しい皇大神宮のお札をいただくだけでもいいと思ってました。


御朱印はあきらめていたのですが
なんとラッキーなことに
外宮(15分待ち)
内宮(待ち時間なし)

で御朱印をいただくことができました(*^▽^*)


内宮待ち時間なしってミラクル
神様ありがとうございます。

伊勢神宮はすごい人でした( ゚Д゚)
では令和・日帰り伊勢神宮初詣弾丸ツアーのことを書いていきたいと思います。

また薔薇の記事も猫も時々突然入ってきますので
宜しくお願い致します(#^.^#)

PageTop