FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

「もう針と糸はいらないの?」と★日焼け防止グッズ★

我が家のバラ「フリージア」
バラなのに「フリージア」って名前なんです(゜_゜>)
四季咲きのバラも多いので年中薔薇が咲いてます(冬は除く)。

P1020585_convert_20140729093957.jpg
ところで、昨日コーナンで「ボンド裁ほう上手」
っていう布用ボンドを買ってきました。↓

P1020926_convert_20140731104451.jpg
「ボンド裁ほう上手」
針・糸なしでカンタンお直しと書いてあります。
ほほぅ。(*_*;

関西系の人気番組「せやねん」で紹介されて、「バカ売れ」だそうです。
私はまだ使ってないのですが、商品のHPに動画があります。
小物作りとか、服のアレンジ、ズボンのスソ直し、バッグ製作などに良いそうです。が・・。
使用は、申し訳ありませんが、自己責任でお願いいたします。<(_ _)>

次は「ゆかたや つゆくさ」さんで購入した、「カンタン半襟」です。↓の写真です。

P1020938_convert_20140731104634.jpg
画像が悪くてすみません。
お店のHPでご覧ください。

今日は、茶会または着物でお出かけなのに

「ああ~半襟縫うの忘れてたよ~
もう時間ないよ~~~」



って経験ないですか?

私は、けっこうありまして(;^ω^)この、「カンタン半襟」便利でした。
何より、付属のピンだけで縫わなくていいしね。
私は、ピンだけでは足りなくて、安全ピンを何個か足して使いました。
これ、コーナンじゃなくて楽天「ゆかたや つゆくさ」さんで買いましたので、お間違えなく<(_ _)>

P1020940_convert_20140731104705.jpg
三つ目は「ヤケーヌ」です。


こないだ「ランニングしてるのにどうして焼けてないの?」
って聞かれまして

このヤケーヌ発売されたときから愛用してます(*^▽^*)
他にも、ガーデニング、洗濯物干し、犬の散歩など主婦は結構紫外線を浴びるのです。
これかわいいのもあって、いろいろ使ってます。
今や、テニス界で、この製品大人気だそうです。(*^▽^*)

TS3A0124 (1)

もちろん
日焼け止め塗りまくりです。


TS3A0128.jpg
スフィンクスの前


ところで、私がブログを作り始めて1か月たちました(*^▽^*)
これからもがんばりますので、よろしくお願いいたします<(_ _)>

PageTop

アンティークな髪型★☆「耳隠し」☆★

「耳隠し」というヘアスタイルが大流行した時代があります。
フランスで流行したこのヘアスタイルは
大正9年(1920年)に日本に取り入れられ
数年間、隆盛をみたといわれます。
ところが、この髪は退廃的だという声が起こり
『耳隠し亡国論』などの記事が新聞に書かれたそうです。
P1020916_convert_20140730123106.jpg
アンティーク着物にはまったとき耳隠しにしてみたいと
思いました。写真の女性ステキですよね(*´▽`*)
まさに「明眸皓歯」☆☆美人です~☆☆(^o^)
P1020915_convert_20140730123047.jpg
本はこんな感じ。
P1020928_convert_20140730122854.jpg
「帯も着物もかなり柄重ねだが、上品な顔立ちですっきりとした印象に。
調和美とは、顔も含めてなのだ」
と本に書いてあります。
P1020917_convert_20140730123123.jpg
「主婦の友」90年の知恵「きものの花咲くころ」
主婦の友社監修、田中敦子編著 主婦の友社出版から抜粋です。
GRL_0433.jpg
私も、自分で、「耳隠し」にしてみました。
あんまり評判は、よくなかったですけど・・・(;^ω^)
GRL_0379.jpg
お正月に初もうでにアンティーク着物着たときにも
自分で「耳隠し」にしました。
簡単です。ヘアアイロン(コテ)しか使いません。
ホットカーラーなんて面倒で、使ったことないです(-_-;)。
070617_1618~020001
後姿です。髪は後ろは、くるくるロールアップしてピンで止めただけ。
この矢羽根のアンティークは、もう着ないので
お嫁にいきました(*´▽`*)
上の二つの写真のアンティーク着物はまだ持っています(^O^)

「着るモノ、ヘア、メイク これらは三位一体だ」
全身の調和あってこそ、美しさはひきたつからだ。


とこの本には書いてます。
洋服でも同じですよね。。
・・・・・・・がんばろう(;^ω^)

PageTop

薔薇のアンティーク夏キモノに薔薇の絽の帯、「アンティークな薔薇のコーデ」☆☆

P1020618_convert_20140729093829.jpg
我が家の2階の窓辺のアンティークタッチな薔薇(5月撮影)
「ピエール ドゥ ロンサール」フランスはメイアン社
の傑作で、世界殿堂入りのバラです。

これも、冬に私が命がけで、ハシゴに上り、手を血だらけにして
誘引しているのでございます(*´▽`*)。
やはり美しさの陰には努力でございますな~(*^▽^*)
GRL_0431.jpg
「きもの なかむら」さん(当時はカヨイコマチさん)で購入した
バラ模様の夏のアンティークキモノ
帯もバラ模様の絽のアンティーク
かんざしも銀のアンティーク「シンエイ」さんで購入(江戸末期って書いてた)

で、「ここポイントです」
黒い着物だと、顔うつりがよくないのよ~ええ年だし・・・ボソッ・・・そこで!。
ピンクのバラのレースを百貨店で買ってきました(半襟ではないの)。
そして半襟に縫いつけたっ!
帯揚げは、ピンクに近い、藤色に。
アンティークの場合は、私は半襟も、帯揚げも
「デーン、見て見て」
て感じに出します。
○○着物学院では、帯揚げは振袖以外は出さないように
教えられたのだけど、私、異端児だったし(笑)。
それに、独学ですが、大正から昭和初期の着物も本で読んで勉強しました。
昔は「帯揚げは「デーン」と出してました~(*´▽`*)
TS3A0582_convert_20140713132346.jpg
以前にもアップしたけど、別の日に」同じ着物と帯で
髪型だけ違います。
昔は、真ん中で分ける髪型が多かったので、『真ん中で』分けてみました。(*^▽^*)
070730_1607~040001
全身です、前のケータイ画像なんで、ぼけてすみません。<(_ _)>
バッグもアンティークのピンクのビーズでコーディネート。
最後に「赤のガラスの帯留め」で、キリリと引き締めました。
070730_1607~030001
後姿です。裾つぼまりになるよう頑張りました(^o^)
070730_1607~020001
ピンクの薔薇の帯が黒の透けた薔薇の着物に映えます。
アンティークの帯は短くて、苦労しました(;^ω^)
一般的な名古屋帯は360センチくらい?
これ、320センチ弱です(;^ω^)
CA3F00330001.jpg
今日も、ルンバと戦うルイ
100均で買ったランドリー入れの中に入って戦うってまるで「ヤドカリ」みたい!
「「ヤドカリ戦法」なんて卑怯だぞっ!ルイ」
P1020660_convert_20140729094032.jpg
「ママ!何言ってるの?!戦いに情けは無用なのっ!」
って一蹴されました。(ノД`)・゜・。
そうだよね、ルンバは鋼鉄のヨロイ着てるしね。

ご訪問ありがとうございますm(__)m
ブログランキングに参加しています。
クリック↓して頂けるとうれしいです(*^▽^*)
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

PageTop

ユカタや夏キモノを「キモノ用洗濯ネット」に入れて洗濯しよう☆☆

洗える夏キモノやユカタは、家で洗濯します♪
絹ものなどは、専門家にお願いしたほうがいいかと思います。
CA3F0365_convert_20140726092400.jpg
写真の左は、きくちいまさんおすすめの着物用(本来はズボン用)洗濯ネットです。
「満点スリップのたかはし」さんで「くるくるザブザブ」>買いました!(左)
以前、「仙臺屋」さんで買った「キモノ、ユカタ用洗濯ネット」(右)
と比較!どう違うんやろ??
CA3F0356_convert_20140726092114.jpg
まずは、、「仙臺屋」さんで買ったほうの洗濯ネットで
1.袖だたみにして洗濯物を、押さえ布の下に入れて
2.押さえ布の下で洗濯ものの形を整えます。
3.2か所の押さえ紐をちょうちょ結びにして洗濯物を固定します。
CA3F0359_convert_20140726092232.jpg
4.ファスナーを閉じ、引き手をファスナーの中にいれファスナーを内側にして
二つ折り、ホックも内側に止める。
あとはそのまま洗濯機に入れてください
と書いてあります(/・ω・)/
なんだか、すごく丁寧な感じ、こちらは、痛みが少なそうなので、
シルックなどはもっぱらこのネット使ってます。
そのバアイ、私は、ネットに入れて手洗いして、脱水1分弱です。
CA3F0361_convert_20140726092318.jpg
「くるくるザブザブ」です。
これは本来は、ズボン用だったんですね。
商品名も「ネットできれい パンツ用」と書いてます。
でも、「きくちいまさん」が「洗えるキモノにの洗濯にとってもいい」と
雑誌に書いて人気の製品です。
説明はたたんで はさんで まるめてIN 洗濯機へGO!
だけ・・・。
ただし、「着物の自宅洗いは専門家に相談いただくか、
自己責任でお願いします。」と小さく書いてます。
CA3F0362_convert_20140726092339.jpg
八重山上布も、くるくるザブザブ~~♪
洋服のロングスカートなどもこれ使ってます。もともと、ズボン用だしぃ~♪
ワンピースなんかもこれ使っています。
結局、両方、便利です(*^▽^*)
P1020913.jpg
土曜日の着物も、襦袢も、肌襦袢も~♪
私は、キモノによって洗濯方法を
1.手洗いして、1分脱水だけのキモノ(ポワゾンドールのユカタやシルックはこれ)
2.洗濯機のドライコースにおまかせとの2つに分けています。

P1020914.jpg
私は↑の洗剤を、その日の気分に分けて使っています。
ネットじゃなくて普通に、ダイエーで買いました。
あとは、日陰で干しましょう。
手アイロンで、アイロンも不要で~す(*^▽^*)。

TV趣味Do楽 「京都で磨く浴衣美人」でユカタのお手入れ、詳しく説明してくれました。
まだ、本屋さんにあるかも?↓
TVの趣味Do楽 京都で磨く浴衣美人"

P1020909.jpg
最後に、かわいいフクちゃんです(*´▽`*)。
フクちゃんはベッタリ♪
どうして、ゲンキちゃんは懐いてくれないんだろう?((+_+))
人間にも、人懐こい人とそうでない人っているよね?
だから、気長にがんばろう!(*´▽`*)

ご訪問ありがとうございますm(__)m
ブログランキングに参加しています。
クリック↓して頂けるとうれしいです(*^▽^*)
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

PageTop

黄緑色の絽のキモノに赤の紗献上の帯で「着物でビール」の会へ☆☆

お茶のお稽古へ行ってから、神戸へ
神戸きもの倶楽部の「着物でビール☆」の会に参加します。
(*^▽^*)

P1020904_convert_20140727103217.jpg
「神戸きもの倶楽部」のメンバーの皆様です(*^▽^*)
皆さん、素敵な方ばっかりです。

一番右の朝顔のユカタの女性が
「神戸きもの倶楽部」の代表の「かおるさん」です。
みんな、着物の他にすごい特技をお持ちで、しかも国際派です。
この日も海外の話で特にイグアスの滝、
ナイアガラの滝

の話で盛り上がってました(*´▽`*)

P1020907_convert_20140727103312.jpg
っ皆様の後ろ姿を、どうぞご覧あれ(*´▽`*)

で、久しぶりに、遅く帰宅したら・・・(@_@)
P1020726_convert_20140709133756.jpg
ルイ「ママ、遅いんで、お風呂のお湯、抜いといたから~~」
「ええっ!ルイちゃん、そ、そんなぁ・・・(ノД`)・゜・。」


PageTop