FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

「年相応の服装なんて、誰が決めたの?」

名前も知らない、肩書も年齢も知らない、国籍さえもわからない。
けれど、パッと見た瞬間に「何かただものではない」
といったオーラを放つ人間。

そんな人間になりたいと思ったら、武器は着ているものしかない。

『人は見た目じゃない』というが私に言わせれば
『人は見た目なのだ』

ファッションデザイナーの山本寛斎さんの著作
『熱き心』PHP研究所 から抜粋です。
P1030398_convert_20140829101514.jpg
つまり、実年齢など関係ない。
見た目がその人の年齢を語るのだと思う。

最初から「自分はもう年だから地味な服装にしなければ」
など自主規制してどうするのか?

『外見こそが、最も重要な自己表現だ』

P1030399_convert_20140829101532.jpg

ワタクシ、もうご存じ、アンティーク着物から着物道へ
入ったのですが、、まあ、そうそう若くもないので
いろいろ、言われました(ノД`)・゜・。

けっこう、いえかなり、たたかれました(/_;)
TS3A0582_convert_20140713132346.jpg
GRL_0391_convert_20140714132455.jpg
普通のご婦人はこんなの着ないからね~。

かなり、へこんで、2年ほど着物着ない時期もあったんですよ・・・・これでも(笑)。

着物を着る機会があっても「美しいキモノ」で
「40代になったら着るべき着物」
って特集してるような無難な着物を着てました。

でもその時、この本を読んだ!『目からウロコ』

「年相応の服装なんて、誰が決めたの?」

ハッ!そうだよ、洋服も着物も同じ。
自分の好きな、「これ着たいわ」っていう服装をすればいいんだよ。

「要するに、自己表現できるファッションとは
自分が、それを着たとき、最高の笑顔でいられる服装
「よし、OK!」と自信を持って輝いていられるファッションのことなのだ。」

「基準はあくまでも自分、他人ではない」

とこの本に書いてます。

ありがとう寛斎さん。
寛斎さんは、やっぱすばらしいファッションデザイナーでした(*´▽`*)

PageTop

単衣のお召キモノでカフェーの女給さん風に♪

「いらっしゃいませ、カフェー ローズアンでございます。<(_ _)>」

誰か「えっ?ここカフェーだったの?」
P1030390_convert_20140828112856.jpg
「うそです。(笑)」

単衣のアンティークのお召キモノ、
発色が鮮やかですね~。
『濃い桔梗色』

桔梗色は桔梗の花のような色で
平安時代から愛されてきた色です。
その桔梗色よりもさらに濃く鮮やかな色をいいます。

正岡子規も桔梗色がお好きだったようで
「紫の ふっとふくらむ 桔梗かな」
と詠んでいます。

P1030383_convert_20140828112804.jpg
ここで、白の帯にしたら、普通すぎる。

ピンク色の薔薇の絽の帯と合わせました。

ちょっと若々しく、かわいくなりました(*´▽`*)

P1030384_convert_20140828112820.jpg
半襟は、以前の記事、秋草の模様の単衣のコーデのときと同じ
     (↑クリックしたらその記事に飛びます。)

絽の菜の花色にナデシコの半エリ
帯揚げも、そのときの同じ、菜の花色の絞り。
(ただ単に替えるのがめんどうだったからなんぢゃ? (;^ω^))

存在を主張するアンティーク独特のぶっとい帯締めは(持ってるけど)
ここでは使いたくないので、二部紐にオニキスの帯留め。
(ただ単に出すのが、めんどうだったからなんぢゃ?(;^ω^))

P1030385_convert_20140828112834.jpg
9月前半はキモノは単衣でも、絽や紗など夏の帯です。
中旬から帯は、単になります。
一般的には、博多帯とか、八寸名古屋などですね(#^.^#)
P1030392_convert_20140828112949.jpg
カフェーの女給さん風に(*´▽`*)
キモノで、こんなふうに遊んでみませんか?

これ、私が昔に結婚祝いにいただいたエプロンです。

かわいすぎて(笑)もったいなくて
使ってなかったので、思い出して、今回使用してみました。
このコーデ私が着ようかな?と思ったのですが・・。
P1030397_convert_20140828112913.jpg
フク「ママだと、カフェーの女給さんじゃなくてカフェーの
マダム(女将)
だよ」却下!
フクちゃんに却下されました。ワーン (ノД`)・゜・。

ブログランキングに参加しています。
クリック↓して頂けるとうれしいです(*^▽^*)
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

PageTop

キモノで撮影会in「無鄰菴(むりんあん)」

「ごきげんよう、無鄰菴(むりんあん)の女主人でございます💛
・・・花子とアン風に (笑)・・・・

誰か「えっ?ローズ庵じゃなかったの?」 
無鄰菴写真その2

これは、去年の12月に「神戸きもの倶楽部」の主催で
「無鄰菴で着物で撮影会をしよう!」ってイベントがありまして

私、着付師の資格持ってますので、着付けのスタッフとして
参加したのですが・・。(↓のカッコで振袖の着付けしました(笑)💦)

撮影無鄰菴

振袖のお嬢様の着付けが終わったら、かおるさんが
「みどりさんも撮影してもらってね(#^.^#)」
とおっしゃってくださって(お優しい)

お言葉に甘えてカメラマンさまに撮影していただきました。
カメラマンは、「母の日には着物を着て・・」と同じくジャド氏です。(この日初対面)

P1020358_convert_20140827101449.jpg
これは、私のコンデジで撮影、やっぱ全然違うわぁ。(ノД`)・゜・。
2013 019
スタイリストとしても、がんばってる私です。

P1020364_convert_20140827101528.jpg
無鄰菴は、明治の元勲「山縣有朋」が京都に建てた別荘です。
ここで、「日露開戦」を決めたあの、
「無鄰菴会議」が開かれた場所なんです!

ステキでしょ?
また、こんな撮影会があったら参加した~い(*´▽`*)

PageTop

有馬温泉ラスト、温泉街とお土産☆

有馬温泉へいってきました ラストです。

P1030354.jpg
有馬の温泉街の街並みです。ステキ💛
着物が似合いそうなんだけど、坂が多いから、着物はしんどいかも?
P1030345.jpg
招き猫のお店の前に、本物の『招き猫?』

P1030347.jpg
ネコちゃん「なんか用スか?」

私「い、いえ何もないッス(;^ω^)」
P1030278.jpg
日本建築の旅館 
娘はここがいいと言ってました。
P1030380.jpg
帰ってきたよ~~ルイちゃん、お土産だよ(*´▽`*)

有馬温泉の手焼きの「炭酸せんべい」はほんと、
おいしかったです(*´▽`*)
P1030381.jpg
有馬は「有馬かご」が名産なんだけど・・・。
私は、竹の花入れを買いました(^o^)

ルイ「なんやこれ?」
P1030382.jpg
ルイ「食べられないのかな?」

着物が全然出てこないのに、見ていただいてありがとうございました。
これから「着物コーデ」バンバン再開しま~す。

ブログランキングに参加しています。
クリック↓して頂けるとうれしいです(*^▽^*)
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

PageTop

サイダーは有馬温泉で誕生?

有馬温泉に行ってきました その4です。

有馬温泉は日本のサイダーの発祥地です。

有馬温泉には炭酸泉源があり、明治時代にその炭酸水が瓶詰めされて
販売されたのが始まりだそうです。

最初はただの炭酸水でしたが、その後、砂糖を入れるようになり、
有馬サイダーが誕生しました。
P1030355_convert_20140825162040.jpg
この炭酸泉で日本初ともいわれる
サイダー炭酸せんべいが誕生しました。

有馬の温泉街にある炭酸泉源です。
P1030338_convert_20140826141316.jpg
あの中にあるのは何?

P1030339_convert_20140826141429.jpg
これですね。これが、炭酸の泉源です。

P1030336_convert_20140826141332.jpg

P1030337_convert_20140826141350.jpg
飲めますって書いてあるので、飲みました。
「おおっ!炭酸やっ!」(@_@)

P1030357_convert_20140825160944.jpg
「花子とアン」で加納さまが大好きなサイダー
あのサイダーは有馬温泉が発祥の地だったんですね~(*´▽`*)

P1030348_convert_20140826141618.jpg
天神泉源です。

P1030352_convert_20140826141645.jpg
ものすごい勢いです!
P1030340_convert_20140826141454.jpg
盛装した女性が立つと嫉妬するといわれる妬泉源です。
私が立ったので、嫉妬したのではありません(笑)

管理している方が、観光客にサービスでお湯を出してくれました。
90度もあって熱いのに、ありがとうございました。<(_ _)>

ブログランキングに参加しています。
クリック↓して頂けるとうれしいです(*^▽^*)
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

PageTop