FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

袱紗(ふくさ)とは何か?

まず、「ふくさと聞いて、皆さんはまず何を思い出しますか?」

そう、たいていの方が↓の茶道の袱紗(ふくさ)を頭に思い浮かべると思います。
ふくさ

講師は宮井株式会社 の企画開発室 小山祥明氏で、学芸員の資格もお持ちだそうです。

おお~す、すごい(*_*)

その講演会の西尾家の座敷の写真がこちらの宮井株式会社←クリック
のHP、フェイスブック(下のほう)に掲載されていました。

3月15日の講演のお話を、汚い字のメモをもとに、思い出しながら書いているので、
少し、いやかなり違うかもしれませんが、お許しを<(_ _)>
全部は無理なので、かいつまんでいきます。


「ふくさとは何か?」
漢字で書くと・・・袱紗 服紗、帛紗、冨久紗、覆紗・・・などがあって

皆に含まれている字は、「紗」 これは  「絹」  を表すんです。

まずは、絹であること!

おお~(@_@)

そして、ふくさ の言葉の由来は

浴衣を水洗いして、軽くたたんでおいておくことを、「ふくさめておく」と言ったこととか・・・。
略式のことを、「ふくさめておく」→ 本膳に対して、ふくさ吸い物とかの言葉があります。

ふくさには「略式」という意味がある。

「かたい」に対して「やわらかい」

「そんな堅苦しいこと!」 「堅苦しい儀式やった」とか言いますな。 

略するってことは、やわらかくするってことになりますねん(゜_゜>)

絹の柔らかいものを「ふくさ」と呼んだのだそうです。

ほ~(゜_゜>)

次は、あまり使われなくなった「掛け袱紗」について

「美しいキモノ」の付録 「きものマナー辞典」に掲載の↓写真です。

P1050631.jpg
もう今や、結納もしないご家庭も多くて、知らない人の方が多いかも
しれないけど、

私が結婚するとき、友人が(友人も当時まだ20代前半)私の家まで祝いを持ってきて
こんなふうに、「掛け袱紗」を掛けて、広蓋(ひろぶた)で結婚祝いを渡してくれました。

「わ~さすがは○○ちゃん」とみんな絶賛でした(#^.^#)

が、当時の私は、返し方を知らなくて、恥ずかしかった(/ω\)

「掛け袱紗」関西と関東では違うんだそうです。聴いてきましたよ(*^^)v

次は、そのことについて書きたいと思います(*´▽`*)




バラのアーチですが、もろもりと茂っています。
沈丁花が終わって、今は、ユキヤナギ、つぎは、
P1050643.jpg
↓の青い花が早咲きのクレマチス、ヤングです。そして薔薇・・とボケボケの写真の私(-_-;)
P1030506_convert_20140922135849.jpg

バラが終わったら、遅咲きのクレマチス、ジャック・マニー、これは紫色。
CA3F0615_convert_20140923093119.jpg

こんな狭い庭に、よくもこんなにたくさん植えたね(-_-;)

ガーデニングも家族と猫のお世話も忙しいですが、がんばります(*´▽`*)


ランキングに参加しています。
バナーを、クリックしていただけたら嬉しいです。💛
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 

ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

PageTop

西尾家に伝わった「袱紗(ふくさ)と風呂敷」展へ

3月15日に、以前も記事を書きました 重要文化財「旧西尾家住宅」へ行って参りました。 
「西尾家に伝わった 袱紗と風呂敷 」の展示と

袱紗の歴史とその使われ方-日本の覆い包み文化-
の講演がありましたもので・・・。

P1050627.jpg
チラシは↑

講師は、宮井株式会社 企画開発室の小山祥明氏

市の博物館の館長さん「京都にお住まいの方なら、「宮井株式会社」って名前は一度は
お聞きになったことがあると思います。」

ス、すんません、、知りませんでした(;^ω^)

風呂敷、袱紗の専門店で1901年創業ですって!(製造、卸売り)

多分、家の箪笥に眠っている風呂敷などのほとんどはこちらの会社で作られたもののようです。

お家の風呂敷のラベルを見てね(^_-)-☆

(宮井株式会社って書いてあると思います)

「老舗なんです・・・」と館長さん。

が、講師の小山氏いわく

「京都では、応仁の乱の前からある店でないと
老舗とはいいません」



ええっ、お、応仁の乱!(@_@)

そ、そういえば、昔から京都に住んでいる人は、先の戦(いくさ)ていうたら
第二次大戦じゃなくて、「応仁の乱」のことやって聞いたことがある!

す、すごっ!さすがは千年の都やわ~(*'▽')

風呂敷と袱紗の展示解説だけなら、4月12日もやってますよ~(*´▽`*)


私の備忘録も兼ねて、聴いてきたお話を記していきたいと思います。



また、旧西尾家に来ました~
P1050264.jpg
大きな「塀(ヘイ)」でしょう?
左の木造の塀も、こちらも両方が西尾家の塀です。中がお庭です。

P1050265.jpg
へいが・・・
「お~い、ど、どこまで続くね~ん(-_-;)」

P1050266.jpg
これ、昔はこの近所まで神崎川がきていて、ここまで船で荷物を運んでいたとか・・以前、聴きましたが。

アーチの上にキーストン、西洋風のしゃれたデザインです(^o^)

やっと曲がり角をまがって
P1050268.jpg
門が見えてきた・・・ひー

P1050269.jpg
やっと旧西尾家の門だよ!ゼーゼー

P1050270.jpg
「旧仙洞御料庄屋屋敷」 「重要文化財 旧西尾家住宅」に再びやってきました。

ちゃんと筆記用具も持って、しっかりメモしましたので(*^^)v

次回から、「袱紗の歴史とその使われ方-日本の覆い包み文化-」「について

時々脱線しますが・・・聴いてきたことを少しづつ、記していきたいと思います(*´▽`*)


PageTop

「細雪」の公演のチケットが届きました。

新歌舞伎座の4月公演「細雪」のチケットが届きました(*´▽`*)

P1050626.jpg

長女 鶴子 高橋惠子さん
次女 幸子 賀来千香子さん
三女 幸子 水野真紀さん

そして四女は、元宝塚トップスターの大和悠河(やまとゆうが)さんです。
大和悠河さん、お着物姿も、すごくきれいです(*^▽^*)
P1050624.jpg

平安神宮のあでやかな紅枝垂れの桜、

どんな世の中になってもあの花だけは

咲き続けますのやろな・・・・・・。


公演は4月3日から26日までです。

これは、やっぱり着物でしょう。

まだ先ですけど、どの着物で行こうかな?

楽しみです(#^.^#)

ランキングに参加しています。
バナーを、クリックしていただけたら嬉しいです。💛
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 

ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

PageTop

伊勢木綿とパタパタ結びでお茶の稽古&「夢見草」

水浅葱(みずあさぎ)色の伊勢木綿のキモノでお茶の稽古に行ってきました。

CA3F1112.jpg

  CA3F1117.jpg
ヘアスタイルは、ウィッグ。 

この手のコーデの場合、モダンなヘアのほうが合うと思うんです(*'▽')

木綿の普段着の場合、エモンはあまり抜かない。

こないだの、トルソーちゃんコーデと違うのは、青い帯揚げをプラスしたの。

同系色だから嫌味にならず、さらっとさし色になってくれます。
P1050622.jpg

    



  CA3F1116.jpg



桜の時期はお見かけする方も、ピンクの着物が多かった。

なので、着物は、水浅葱色(みずあさぎいろ)で 桜は、帯留めにしました。

↓は茶道教室の相應庵(そうおうあん)です。桜が三分咲きです。
P1050620.jpg
 P1050618.jpg

茶室のお軸も枝垂桜と女性の絵が描かれていました。

P1050617.jpg
今日のお菓子はでした。
お菓子の名は「夢見草」

桜は別名を夢見草(ゆめみぐさ)ともいうんですって

桜には別名で、「夢見草(ゆめみぐさ)」・「挿頭草(かざしぐさ)」・「曙草」・「吉野草」との名前があって

他にもいろいろな呼び名があるそうです。

日本人は、美しい桜には、昔からこういった別名を付けて愛でていたんですね(*'▽')

「夢見草」は「夢の様に美しくも儚(はかな)い」という意味から、だそうです(#^^#)

日本人の感性、美意識って素晴らしいわ~(*´▽`*)


ランキングに参加しています。
バナーを、クリックしていただけたら嬉しいです。💛
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 

ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

PageTop

水浅葱色の伊勢木綿と半幅帯の春コーデと萌えるネコたち

今日は暖かいですね。明日はもっと暖かくなるとか・・。で、

で、明日のお茶の稽古に、今、人気の「伊勢木綿」にしようかと思いましてね。

コーデしてみました。↓
P1050609.jpg

キモノ 居内商店さんの「伊勢木綿」水浅葱色

帯   ティーカップとかフォークとか、の模様の半幅帯

帯留め 桜

帯締め  イタリア国旗の色の三分紐

半襟   クリーム色の生地の花模様のはぎれ



P1050608.jpg

  P1050612.jpg

パタパタ結びも、三重仮ひもを使えば、簡単にできます(*^^)v

この伊勢木綿は、7年くらい前にネットで見て色合いが気に入って買ったのですが。。。

Mサイズで、身幅がでかっ、あまる・・・。
Sにすれば、裄が短いし・・・誂えてもらえばヨカッタ。トホホ。

浴衣の生地のような木綿を想像していたのですが

伊勢木綿って、けっこう生地が硬いし、ごわごわしています。

あくまで普段着ですから、日常の作業で着ても破れないように、丈夫に作られています

P1050607.jpg
雑誌とかネットの写真見て、「あっステキ、欲しい」と思うけかもしれないけど・・。

ポリや絹のように、しなやかな柔らかい生地ではないので

買うときは、ちゃんと生地をさわって確認してから買ってね(#^.^#)

「何度も着込んでいくと柔らかくなる・・・」って聞いたけど

私は、8回くらい着て、洗ったりもしてるけど、まだ硬い、8回じゃ着込んだうちに入らないのね?



でも、この色が好きなのよ~(*´▽`*)

かわいすぎて、このまま電車に乗るのは、こっぱずかしいわ~と思う人は(私です (;^ω^))

レースの羽織などいかがでしょうか?
P1050613.jpg
 P1050615.jpg
P1050616.jpg
これで、安心だわ~(*´▽`*)

春の普段着コーデいっちょあがり~(/・ω・)/

羽織紐も、かわいく、アクセサリーとして☆☆☆

あ~、猫たちが呼んでるからいかないと(;'∀')

P1050598.jpg
うわ、か、かわいい(;^ω^)、
よだれ 萌え、萌え(*´▽`*)


ゲンキ(左)とフク(右)ちゃんは、キョウダイのノラちゃんだったので、昔から外でも一緒に寝てたんです。

家のネコになってもキョウダイで、仲良くね(#^.^#)

しかし、この後、ゲンキちゃんにシャア~!と言われました(ノД`)・゜・。

ランキングに参加しています。
バナーを、クリックしていただけたら嬉しいです。💛
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 

ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

PageTop