FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

迎春準備完了!よいお年を(^^♪

我が家の迎春準備完了しました!

床の間に花も生けて、お正月用の掛軸にし、鏡餅を飾りました。

      P1090403.jpg


あら?また床の間に悪さをしに、悪い猫が(*_*;(*_*;!
P1090405.jpg
ルイちゃんです(;^ω^)

あっ、逃げたっ💦
P1090406.jpg

長いしっぽが自慢のルイちゃん!

「しめ飾り」も「根引き松」も設置完了!


墓参りも行きました。我が家の菩提寺、高野山真言宗のお寺です。
P1090398.jpg

日当たりの良いお寺の中に我が家のお墓があります(#^.^#)


仏壇も完了!

神棚のそうじも完了! 神棚にお供えするお神酒・・・
P1090410.jpg

大阪は池田の有名な地酒呉春(ごしゅん)  と白鶴

呉春(ごしゅん)は珍しいので、あっというまに売り切れ(*_*;


呉春(ごしゅん)というお酒は、ものすごくおいしいので、おすすめです。

ただ、地元でも、あまり売っていません・・(;^ω^)


猫らも仲良く・・・大晦日
1451519544740.jpg
先住猫ルイちゃんと、フクちゃん と猫部屋

来年はルイ、フク、ゲンキの3猫仲良くね(*´▽`*)
      1451519526145.jpg
まだ懐かないゲンキちゃん
ゲンキ「来年もよろしくね」

          1451519573983.jpg
フク「今年はブログ見てくれてありがとう、
来年もよろしくね」




つたないブログですが、今年はたくさんの応援をありがとうございました<(_ _)>

また来年もどうぞよろしくお願いします<(_ _)>


読んでいただいてありがとうございます<(_ _)>
下のバナーを、クリックしていただけたら励みになります(^^)💛

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

PageTop

今年の着物ハイライト☆お家元の古稀祝賀会でお家元や若宗匠と☆

今年のお茶や、着物関係でのハイライトは

なんといっても、茶道 武者小路千家 お家元の古稀の祝賀会パーティーです。


木津宗匠とも写真を・・・先生も私も嬉しそうな顔

P1070013.jpg


宗匠、ありがとうございました。




先生と私とお家元と・・・こんな初心者の私が!

きゃ~お家元と、一緒に写真を!

P1070011.jpg


私、幸せです(*´▽`*) 

お家元、ありがとうございました<(_ _)>



そして、きわめつけは!

千宗屋若宗匠と・・ツーショットで 

P1070014.jpg

あの、「和楽」とか、「美しいキモノ」に、たびたび登場されていらっしゃる

武者小路千家 千宗屋若宗匠でございます。

雑誌で拝見するより、ずっと凛々しくてステキな方でございます


あ~ツーショットで写真を・・・ワタクシ、幸せ

ああ、幸せな一日でございました


草履が、畳表で若宗匠と、おそろなのです(*^^)vきゃっ


この日の宗匠方との写真はみんな家宝!(*^^)v


この日の装いのポイントは

お家元は、緑色がお好きなので、三分紐にもグリーン、菊の葉にもグリーン


古稀のお祝いなので、「菊慈童」にちなみ、

菊の訪問着、菊に流水の帯、

菊に流水の帯留めと菊尽くしコーデにしたことです。



花や着物の文様にそれぞれ意味があって物語にちなんだメッセージを込められるって

日本の着物くらいじゃない?

文様の意味を知ることも大切なのだわ~と実感しました。

来年は、このあたりも、もっと勉強する必要がありますね(*´▽`*)


読んでいただいてありがとうございます<(_ _)>
下のバナーを、クリックしていただけたら励みになります(^^)💛

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

PageTop

今年2月と3月に着たキモノコーデまとめ

今年、2015年2月と3月のコーデ

2月、柚希礼音さまのサヨナラ公演「黒豹の如く」観劇 に行ったときのコーデ

礼音さまのサヨナラ公演のために(年も忘れて・・・)


一つ紋のアンティーク訪問着です、礼音さまのために、精一杯の盛装でございます。

P1040840.jpg
この、着物、着るのはさすがに、メイクに気合入れました(笑)

でも、ヘアメイク&着付けで合計の時間30分を死守!
(メイク10分、ヘア5分、着付け15分)



後ろの座席の方の迷惑にならないためにも、ダウンヘアにしております。

若くてかわいい子なら、派手目のアンティーク訪問着が似合うのは、当然です。



ワタクシのように、結構いい年のオンナが、アンティークの訪問着を

どう着こなすのかってことに意義があるのでございますよ(笑)



P1040848.jpg

後姿でございます。
私がアンティークが好きなのは、身幅がぴったりで着やすいってのが、理由です。

小柄で、細身なので、アンティークがサイズぴったりなのです。



P1040847.jpg

2015年、2月は柚希礼音様のサヨナラ公演でした。

ありがとうございました。

この柿色のアンティーク訪問着は、
もう限界です(;^ω^)

さすがのワタクシも、これが着納めでした(*^▽^*)



☆紫のお召に豆千代モダンのトランプ、黄色の帯


CA3F02210001.jpg

CA3F02220001.jpg


キモノ  ・ダンナの伯母様から譲られた紫の矢羽根お召し。
帯    ・豆千代モダンの名古屋帯「トランプ」黄色
帯留め ・オニキス(伯母さんのもの)
帯締め ・水色の二部紐(伯母さんのもの)
半襟   ・黄色の花柄(はぎれ)
帯揚げ ・臙脂色のりんず

  
リビングの時計の前で、同じ着物でも、照明で色が変わるね。(@_@)

 P1040943.jpg

あら?2月はこれだけですか?



☆三月、神戸きもの倶楽部の春のランチ会

せっかくのホテルでのランチ会なので、桜が描かれた黄色の訪問着

黄緑色の三瀬織の袋帯
P1050338.jpg



☆水浅葱(みずあさぎ)色の伊勢木綿のキモノでお茶の稽古

CA3F1112.jpg

  CA3F1117.jpg
半幅帯をパタパタ結びに

ヘアスタイルは、ウィッグ。 

この手のコーデの場合、モダンなヘアのほうが合うと思うんです(*'▽')

木綿の普段着の場合、エモンはあまり抜かない。

P1050622.jpg

  



  CA3F1116.jpg

3月ごろには着物の色も春らしい色にしています。

桜の帯留めにレースの長羽織

早く春になってこんな色の着物が着たいですね(*´▽`*)


読んでいただいてありがとうございます<(_ _)>
下のバナーを、クリックしていただけたら励みになります(^^)💛

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

PageTop

なぜ、お正月に根引松を飾るのですか?

根引松を買ってきました。
値引き松じゃないですよ!根引松!

明日、我が家に飾ります(*´▽`*)

P1090397.jpg

先日の、「日本語の美、和歌の世界の講座」で藤原定家の子孫の冷泉家の冷泉貴実子さんから

お聞きしたお話のほんの一部

京都の松飾り:「根引き松」のお話


正月飾りに門松を立てるのは全国的に行われていますが、
京都の旧家や社寺などで昔から行われている松飾りは「根引き松」と呼ばれる、
根がついたままの松を飾ります。

根引松


我が家も京都ではないですが根引松を飾っています。
枝の中程に和紙を巻いて、水引をかけたものもあり、旧家や寺院などでも同じような松を飾っています。
会社の前にある豪華な門松に比べて簡素に見えますね~。


根引き松を門口に飾るのは、年神様をお迎えする依代(よりしろ)

目印として飾られるものとされ、


切った松の枝ではなく根が付いているのは根が着きますように、


ということと成長し続けるという意味が込められているからだそうです。



その由来は平安時代の貴族の遊びである「子の日の遊び」に由来するものといわれています。

正月の初めての子の日に、

野に遊び、根のついた小松を引いたり若菜を摘んで千代を祝った行事とされています。



ところで、講演の中で、お聞きしたお話ですが・・

今は暖房も電気もありますが・・

昔の冬(といっても古今和歌集の頃の時代)は本当に暗くて・・・

寒かったし、たくさんの人が亡くなった。


そんな時代は、枯れ木を嫌い、常盤(ときわ)なる緑をとても喜んだ。

そうして、小松  特に、根っこがついた若松を見つけたら喜んで、持って帰ったそうです。

なぜなら・・・

根引松には佐保姫が宿っているのですって(*_*;!


佐保姫ってなんですか?


佐保姫は春を司る女神です。

ちなみに竜田姫は秋の女神です。

最近の日本人は日本の女神さまの名前を知らないと嘆いておられました。


ほんとうに春に早くきてほしかったんですね。


なお、2本の根引き松の飾り方については、正式には向かって右に雄松、

左に雌松を取り付けるのが基本だそうです。

あらら?私間違ってました?(;^ω^)


向かって右にってことは、つまり内裏と同じ、帝から見て左です。



ああ、ややこしい(;^ω^)

まあ、心がこもっていればいいですよね。


冷泉貴実子先生からお聞きしたお話は、着物や茶道をたしなむ方にとって

とっても勉強になることでしたので、

覚えているうちに書きたいな~と思います。


私も、佐保姫さまに来ていただきたいから、
明日、しめ飾りと一緒に、ルンルンと根引き松を飾りましょ(*´▽`*)

PageTop

今年1月に着たキモノコーデ(その2)

珍しく、今日は2記事目です(*_*;

1月に着たキモノコーデ(その1)の続きです。

☆高校時代の陸上部の
恩師の個展へ行った時のコーデ


宝塚へ行った時のアンティーク着物ではなくて、

「美しいキモノ」のようなコーデでいく(笑)

P1040694.jpg

左の美女は同じ陸上部の同級生のMちゃん。
(ブログ掲載の許可は得ています)

昔から美人だったけど、独身のキャリアウーマンで、同い年なのにMちゃんは、
若くてやっぱ今でも美人。


私としては控えめな総柄の染めの北川の訪問着(小紋にも見える)

葵文様の染め名古屋

帯締めと帯揚げに明るい色を入れました。


この着物、平置きしたときは地味って思ったけど

着て、光が当たると、とっても美しいんです。

さすがは染めの北川さんです。


P1040706.jpg

お茶の稽古が終わって、夜、自宅です。

みなさんジーンズとかラフなスタイルでしたし、着物は私だけでしたが・・。

私としては恩師の個展に、控えめな訪問着で礼を尽くしたつもり(目上の方だから)

この後、お茶の稽古に・・・(;^ω^)
P1040705.jpg
髪型も、うまくいった(*^^)v!

☆梅鼠色の小紋でお茶の稽古

帰宅してからいつもの、虎のふすまの前で・・・。

CA3F1078.jpg
 
  CA3F1077.jpg>
★着物、梅鼠色の「七宝花菱文」の小紋  
★帯、白のウサギの音楽隊           
★桃色の帯揚げ               
★紫色の冠組の帯締め  

自分でも、納得がいかない、もひとつのコーデでした・・・

ううう、この色を着こなすのが、・・・来年の課題だわ(-_-;)
        

2015年の1月のコーデのその2でした。

1月は6回も着物を着たね~(*´▽`*)


来年は帯揚げと帯締めの色を増やしましょうかね( *´艸`)


読んでいただいてありがとうございます<(_ _)>
下のバナーを、クリックしていただけたら励みになります(^^)💛

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村


ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

PageTop