FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

9月に着た着物コーディネートまとめ(^^♪

9月のきものコーデまとめ

1、イラガに刺されて左手が腫れて動かないのに
着物でお出かけしたことと、バイオフィードバック(笑) 

34度もあって、蒸し蒸しの日に毒虫にささてれも着物を着ていった日(笑)

P1120833_convert_20160903184952.jpg
左手は、着物のはしを持つくらいしかできませんでしたが。。。
よく、着付できたね(*^▽^*)

くるりのハイパーコモン単衣 たま雪 ピンクに
綴れの八寸名古屋帯
帯留めは、うさぎちゃん
おはりばこで購入した桔梗の髪飾り

P1120826_convert_20160903185017.jpg

バイオフィードバックって言葉知ってます?

最初は、まったく左手が動かなかったんです!痛いし・・、で!
昔「バイオニックジェ○ー」ってやつで・・・(知っている人はけっこういい年です(笑))
やってたから、私にもできるかな?

脳内で私の中の免疫細胞に

「イラガに刺されて腫れた左手に集中せよ!」

と命令したんですが、・・・(;^_^)

効果があったのかどうかはしらないが、何とか、動くようになった(*^▽^*)

誰か「ほんまかいな~(-_-;)」

バイオニックmidori と呼んでくれ~(笑)


2、重陽の節句(菊の節句)の日に
着物の文様と所作の勉強で、京都の「河村織物」へ

P1120897.jpg

こちらは、すべて皇室へ献上された帯・・と同じ帯です。

重陽にちなみ・・

菊模様の単衣に、綴れの名古屋帯
帯留めは「菊」です。


3、お茶の稽古
上と、同じ単衣ですが・・
帯を、アンティークの絽の菊模様(正確には秋草模様)の帯に・・

お茶の稽古なので、帯留めではなく帯締めに・・・
帯締めを、道明の紅藤の冠組 に・・・

P1120925_convert_20160913204234.jpg

「重陽の節句」の翌日だったので、帯を菊にしました。

P1120928_convert_20160913204303.jpg

同じ着物でも、帯と帯締めを変えたら華やかになりました(*^-^*)



4, 白灰の塩沢風の矢羽根の単衣で、お茶の稽古

P1130088_convert_20160918105718.jpg

着物:白灰の塩沢風(あくまで風)の矢羽根模様の単衣
帯:紺色の萩模様の名古屋帯
帯揚げ:初おろしの加藤萬・・・♪

この日も、32度(-_-;)
秋を意識して挿し色に黄色を入れました。

帯締め:秋を意識して臙脂と茶の帯締め

P1130085_convert_20160918105738.jpg

けっこう好評でした(^^♪


5.大島紬に、桜とネコ帯で「桜華に舞え」「ロマンス」を観劇

P1130167_convert_20160926175627.jpg

P1130170_convert_20160927202705.jpg

北翔さんサヨナラ公演、薩摩つながりで、
大島紬を着て行ってよかったです(*^▽^*)

9月は5回着物を着ました(*^▽^*)

10月は、茶会が多いので・・・確実に、増えます。
10月3日の、「吉兆」での茶会、袷の染め抜き一つ紋の色無地に袋帯です。
暑くならないように、お願いします。

それに、お天気が悪くても・・・・
こういう考えでいるといいですよ(#^.^#)

天は私に悪いようにはしない・・だから大丈夫(^_^)v



PageTop

映画「真田十勇士」観てきました(^^♪

大阪駅にある大きな映画の広告です。
P1130204_convert_20160929185548.jpg

「徳川に立ち向かえ」

というのがいいですね(^_^)v
映画のレビューには、いろいろあるみたいですが、個人的には


面白かったからいいんじゃない?(*^-^*)



面白い時代劇を観て楽しかった~だから、いいじゃない?(*´▽`*)

私、「真田丸」と大阪城ゆかりの舞台を歩きに跡地へ行ったり、

 過去記事「真田丸はここにあったんだ」 ←クリック

詳しい先生の「真田丸」についての講演会も聴きに行きましたが・・
こまかいことは、おいといて・・
「真田丸」のリアルってあんなかんじなのかな~って思いました。

大河ではどうなのかな?( *´艸`)

登場人物もすてき
P1130202_convert_20160929185613.jpg

イケメン幸村さまもいいけど・・

霧隠才蔵、かっこよすぎ~\(//∇//)\
P1130201_convert_20160929185627.jpg


フク「ぼくは?・・・」
P1100774_convert_20160929190411.jpg

フクちゃんは、かわいいよ~(*^▽^*)


↓↓のゲンキちゃんバナーの写真をクリックしてね(^^)💛
ゲンキ「押してね」⇩⇩
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます(#^.^#)


ファッション(着物・和装)ランキングへ

PageTop

本場黄八丈(黒八丈)の帯を購入(^^♪

本場黄八丈、(黒八丈)の帯を購入しました。

1474707152663.jpg
今は、お仕立て中です。

自分のためでも、そして産地の応援のためでもあります。
焼け石に水かもしれませんが・・・・
それでも・・・

証紙本場 黄八丈 

伝統工芸士 西條吉広さんの作品です。

嫁入り道具の黄八丈にあう帯を長い間、ずっと探し続けていましたが
やっと見つけました。
着物だけで、帯がなかったのです。

手持ちの結城紬にも合うと思ったので、思いきって購入。

ダンナには内緒ですが、シー
こないだ誂えたみやこさかえさんの色無地がかるく3着は買えるお値段でした。
(絶対に、お値段は内緒です。)
嫁入り道具や、手持ちの着物を活かすためでもあるんです(#^.^#)


聞いたわよ・・・キラーン!
P1130149_convert_20160928160639.jpg
ゲンキ「また帯を買ったんですって?」

(ネコに壁紙をボロボロにされないように張ったシートのはり方が下手でしわしわ(笑))


ゲンキちゃん、どうか、お父さんには内緒に・・・・(;´・ω・)


黄八丈・・・

黄は刈安、鳶はまだみの樹皮、黒は椎(しい)の樹皮と、
全て植物性の天然染色で数十回の染めを繰り返します。

色を留めるのに、黄・鳶は木灰を使い、黒は泥土を用いて直射日光で乾燥させます。
まさに、自然の恵みと職人さんの匠の技の結晶のような織物です。

そして、今回の黒八丈・・・

中でも一番数少ないとされている椎

「黒八丈」と呼ばれる椎の樹皮を用いる黒の染料が使われます。

「黒八丈」の染料は樹齢三十年以上の椎の皮を三年間乾燥させ、
それを煎じた汁で染め、その後いわゆる泥染めをする最も手の掛かる難しい染めです。

鉄分の含んだ沼に一週間つける仕事は重労働で、染めた糸を五年間乾かすので
非常に手間がかかり、そのため数も少ないそうです。


(きもの文○検定の勉強が、本当にきものライフに役に立つんです(*^▽^*)
なんで着付け教室の講師の「検定なんて、受ける必要ないわよ」との
言葉をうのみにして、今まで検定の勉強しなかったのか、
悔やまれて、悔やまれて・・・・・・(>_<))



そして、まさに、「これだけの工程を経たものですから、
本当に数も少なくて、あまり市場にも回っていないんです。」
・・とお店の方にお聞きしました。

お値段が高いのも頷けますね~。

P1130132_convert_20160928160706.jpg
ゲンキ「いったい、いつ、使うのよ」

あ、あの、「志摩観光ホテル ザ ベイスイート」に着ていこうと思って・・(;´・ω・)
それに、これなら年をとっても使えるし・・

この帯、作家さんの魂というか、オーラを感じました。


結城紬か、、黄八丈を着てこの帯を締めようかな~と思っています(*^-^*)



↓↓のゲンキちゃんバナーの写真をクリックしてね(^^)💛
ゲンキ「押してね」⇩⇩
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます(#^.^#)


ファッション(着物・和装)ランキングへ

PageTop

大島紬にネコと桜の舞う帯で宝塚歌劇「桜華に舞え」観劇その2(着物コーデ)

今日は大阪は33度・・・9月末で・・33度、暑すぎます(-_-;)


さて、宝塚ですが・・「桜華に舞え」 の着物コーデ・・・
和物なので、着物の人いるかな?と思ったけど
私を入れて、二人でした。

P1130184_convert_20160927182507.jpg

着物:義伯母の遺品の袷の大島紬

中身は、満点スリップの高橋さんのくのいち麻子+美容襟で、長襦袢を一枚減らしました。

帯:猫と桜の八寸名古屋帯(ポリ)

日傘:古い大島紬を日傘にリメイクしたもの。(撥水加工済)

バッグ:ヴィトン ダミエ(市松模様)

P1130181_convert_20160927175350.jpg
模様アップ
CA3F0995.jpg


帯周り
P1130176_convert_20160927175409.jpg

桜の帯留め

物語に、桜島も、季節外れに咲くさくらも出てきており

桜ははずせません

うさぎの根付は全然関係ないです。(笑)


P1130192_convert_20160927175543.jpg

一階、S席ですけど、ド真ん中(*^▽^*)
舞台にも桜です。

しかも、ほかの組のスターさんが15人くらいは来られてたのです。
目の保養、ラッキー(*^▽^*)
平日でも満員で、立ち見の方もおられました。

P1130197.jpg
クリックすると大きくなります↑

左は島津の旗です、西郷隆盛です。
真ん中が今回の舞台の主役の桐野利秋です。

右の旭日旗は、政府軍

西南戦争で、政府軍に攻撃されて・・最後、西郷さんの最後のセリフ、

「もうこのへんで、よか」

というセリフ悲しかった、これも涙

再来年の大河ドラマは・・西郷さんなんですよ。
※さらいねんですよ。

大河ドラマ(第57作)
西郷(せご)どん
【原作】林真理子 × 【脚本】中園ミホ

「すべての民が幸せに暮らしてこそ日本国は強くなる」

と信じ、人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、民を愛し・・・
“見返りを求めない愛”を与え続けました。 (NHK,HPから)

こういう話に弱いんです、私・・ううう

舞台で見たけど、西郷さん普段着は、ちゃんと、かすりの模様でした!


鹿児島と奄美大島へ行きた~い(^o^)
P1130188_convert_20160927203556.jpg
ちなみに、今回の衣装協力は、日東紡だそうです。


この公演、こんなに感動したのは
北翔さんはじめ宝塚歌劇団の皆さんの演技力、歌のたまものかもしれません

東京で公演をご覧になる方・・・特に北翔さんファンは
ぜひ、ハンカチは大きめで、厚いものが必要かと・・・。
P1130170_convert_20160927202705.jpg

暑かったけど、・・・北翔さんサヨナラ公演、薩摩つながりで、
大島紬を着て行ってよかったです(*^▽^*)

北翔海莉さん、今後の益々のご活躍をお祈りしています(*^-^*)



↓↓のゲンキちゃんバナーの写真をクリックしてね(^^)💛
ゲンキ「押してね」⇩⇩
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます(#^.^#)


ファッション(着物・和装)ランキングへ

PageTop

大島紬に桜とネコの帯で宝塚歌劇「桜華に舞え」観劇その1

今日も関西・・・暑かったです。30度超えました、真夏日です
いつまで暑いの?
でもそんな中でも・・・

袷の大島紬に、デブネコと、桜の舞う名古屋帯で、←すごい根性です(笑)


北翔海莉さん、さよなら公演の

「桜華に舞え」「ロマンス」を観劇してまいりました。

P1130167_convert_20160926175627.jpg

着物は、主人の亡くなった伯母の遺品の大島紬

主人公は、薩摩藩の武士 桐野利明

明治維新の立役者となり、陸軍少将に任じられながらも
敬愛する西郷隆盛とともに、西南戦争に身を投じていく・・・物語です。


薩摩藩・・・ 

ということで・・・

大島紬を着る!

30度もあって、暑いのに・・・袷の大島紬ですよ・・・・(-_-;) 

すごいね(笑)



単衣の大島がないので、袷です。

私なりに、北翔さんのサヨナラ公演であるこの作品に敬意を表しています。


↓の愛車メルセデスで行ったし、大劇場は空調がきいていたので、大丈夫でした(^o^)
P1130165.jpg


P1130168_convert_20160926175607.jpg

桜華に舞え!

だもの、そして

桜の帯…デブネコもいますが・・

傘も、遺品の古い大島紬を日傘にリメイクしたもの。
P1130169_convert_20160926175646.jpg
大島紬と桜にこだわりました。


P1130171_convert_20160926180146.jpg
バッグは、ヴィトン(^^♪


今回の公演は、北翔さんのさよなら公演です。

写真は公演の前に撮っていて良かった・・なぜなら・

公演は・・・・

号泣・・うううう涙が止まらかったの

結果、化粧がくずれて、つけまつげがとれて、
えらいことに・・・
・・・
ハンカチが涙でぐしゃぐしゃ・・・(ノД`)・゜・。
顔もぐしゃぐしゃ・・・

宝塚は毎公演観てるのに、こんなに涙が止まらなかったのは
17年前の「我が愛は山の彼方に」を観て以来です。
東京公演でも、おすすめします。


着物コーデの詳細はまた明日に・・・



↓↓のゲンキちゃんバナーの写真をクリックしてね(^^)💛
ゲンキ「押してね」⇩⇩
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます(#^.^#)


ファッション(着物・和装)ランキングへ

PageTop