FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

熊野古道、中辺路をあるく3回目の②(滝尻王子~高原霧の里)歩くツアーって今、人気なのです。

最近は、ツアーでも「あるく」「登山」とか大人気だそうです。
歩くのは健康にもいいですし、楽しいですもの。
私、比叡山千日回峰行の全行程ルートを歩くツアーに申し込もうとしたら・・

キャンセル待ちでだめでした(泣)

まさか、これほどの人気とは( ゚□゚)…

今年は熊野古道、中辺路(なかへち)完踏して熊野本宮大社へお参りするのが目標です(^_^)v
IMG_1917_convert_20170731153014.jpg
案内人、「さあここを登ります」

待ってました(*^▽^*)
IMG_1926_convert_20170731153044.jpg

これぞ熊野古道
IMG_1951_convert_20170731153345.jpg

途中で外国の方に何人も会いました。
けっこう多いです。
ポーランド、フランスなどヨーロッパの方が多いです。
熊野古道は外国の方に人気です。
ああ~英会話をもっと勉強しておけばよかった(涙)

IMG_1945_convert_20170731153301.jpg

不寝王子(ねずおうじ)着きました。
IMG_1937_convert_20170731153139.jpg

みんながんばってます。
中には70歳の方もいます。健脚です(^-^)
先頭の案内人の方は75歳だそうです。
IMG_1943_convert_20170731153241.jpg

私も登山マラソンで・・大江山、生駒山を走ってましたし・・特に問題なし。
着物にはまってからも、筋トレをしていたので、つえも必要なかったです。
やはり日ごろのトレーニングは大事です。

IMG_1953_convert_20170731153405.jpg
上皇さまも歩かれたそうですから
以外に、皆さま健脚だったのですね。

IMG_1955_convert_20170731153428.jpg

高原熊野神社です。
IMG_1976_convert_20170731160306.jpg

今回のゴールの高原霧の里に到着です。
IMG_1977_convert_20170731160247.jpg
いいところですね。

ここには外国から熊野古道を歩いている方が泊まれるお手頃価格の宿泊施設があります。
皆さん、ここに泊まるそうです。
外国の方のほうが、詳しい(^_^;)

今回は、熊野古道、中辺路滝尻王子~高原霧の里までです。
次回は9月(^_^)v

やはり私には、こっちのほうが向いてるね。楽しかった(#^.^#)

熊野本宮大社まで、自分の足で頑張ります(^_^)v


PageTop

高校野球大阪大会決勝戦

子供のころから高校野球のファンなのです。
大阪大会の決勝をテレビの前でかぶりついて見ていました。

1501406093554 (1)

1501406105991.jpg
最後の9回の攻撃はほんとに鳥肌が立ちました。
まさか、公立の大冠が大阪桐蔭相手に
ここまでやるとは・・・感動しました

準優勝の大冠高校、あと一歩でしたが素晴らしい試合でした。
優勝の大阪桐蔭高校、おめでとうございます。
素晴らしい試合を見せていただきありがとうございましたm(__)m


PageTop

熊野古道、中辺路(なかへち)を歩く3回目·滝尻王子・熊野古道館(熊野詣の衣装は白装束だった)

7月、熊野古道、中辺路(なかへち) 第三回、清姫の墓から高原霧の里まで歩いてきました。

博多~京都の祇園祭~和歌山熊野古道と連続していましたので、体力には自信のある私でもハードでした。

IMG_1875_convert_20170729123431.jpg

熊野古道の険しい道を実際に歩いて、衣装について疑問がわきました。
そして、今回、その疑問はすぐに解消されたのです。

まずは、前回の最終地点 「清姫の里」へ
IMG_1881_convert_20170729123452.jpg

ここらの地元では清姫伝説はいろいろあるようです。
清姫は13歳でしたが、そうではなくて、30代の後家さん説・・・・案内人は、30代の後家さん説を支持していました。
地元では、7月末に「清姫まつり」が開催されるので準備していました。見たかったな(;´・ω・)


滝尻王子の熊野古道館に再びやってきました。
IMG_1886_convert_20170729123517.jpg

滝尻王子です。
IMG_1891_convert_20170729123556.jpg

皇太子殿下が熊野詣された記念碑です。(御結婚前です)
皇室の方が熊野詣をされたのは700年ぶりのようです、。
IMG_1888_convert_20170729123538.jpg

熊野古道館の中に展示してある写真です。
熊野詣の出立の儀式を再現しています。

IMG_1895_convert_20170729123635.jpg

お気づきの方もおられるかと思いますが皆、
白装束 です。

左上の写真の赤い衣装は、陰陽師です。  右上の写真の笠の方は女院様です。
IMG_1894_convert_20170729123617.jpg
上皇様も、女院様も、熊野詣はみな白装束です。

IMG_1896_convert_20170729123651.jpg
熊野詣の装束は、「白装束」だったのです。
先導は修験者が努めます。


熊野古道案内人からレクチャーを受けました・・・。
IMG_1909_convert_20170729133003.jpg
京都からどのように来たのかなど、いろいろとありがとうございます。
・・・
・・・
私「あのう、ちょっとよろしいでしょうか・・」
「あのう、あそこに展示してある熊野詣での衣装は?
「それに熊野の観光ポスターも、あの鮮やかな衣装ですけど・・」

IMG_1580_convert_20170624201503.jpg

案内人「あんな衣装ではこのさき、100Mも歩けませんよ。ヒルや虫もうようよしてるし、上皇様、女院様と貴族は山小屋に泊まれますが、他は野宿だし、険しい山道を歩いて、川を何度も渡ったり大変なんですから・・・」

私「あ、あのう、「あげいん熊野詣」 というお祭りが10月にありますがみんなこんな平安衣装(壺装束)着てますけど・・」

案内人「那智大社のふもとに、レンタル着物屋さんがあるんです」
そこでみんな借りるんです、ワハハハ、熊野詣は、当時はみんな白装束ですよ。
あれはコスプレです。]

コ、コスプレ・・(;´・ω・)

熊野詣は、 「白装束」 だったのですね。

※和歌山県立博物館、熊野曼荼羅図でも熊野詣の白装束の衣装を確認しました。


熊野は辺境の山岳地帯にあるので道案内が必要とされ、その道案内を修験者がつとめました。
この道案内人を先達(せんだつ)と呼びましたが、先達は道案内だけでなく、道中の作法の指導も行いました。

藤原定家の熊野詣の旅日記「熊野御幸記」国宝 が残っています。
IMG_1912_convert_20170729133029.jpg

旅日記をわかりやすくイラストにしたものが展示していました。
IMG_1898_convert_20170729132930.jpg

分かりやすく書かれています。
IMG_1902_convert_20170729135447.jpg

この藤原定家のイラストの熊野旅日記をこちらで購入しました。
IMG_2000_convert_20170729135512.jpg
藤原定家の泣き言とかいろいろ書かれていて、なかなかおもしろいです(#^.^#)


熊野詣は出発に先立って行われる精進儀礼から始まります。
熊野詣を志す者は精進屋に数日間籠って精進潔斎しなければなりません。
上皇様ももちろんです。
ネギやニラやニンニクなどの匂いのする野菜や肉や魚などを断ち、言葉や行いを慎んで身を清め、道中の加護を祈願した後に、人々は先達の指導のもと、熊野を目指して出発したそうです。

熊野は浄土の地であるので、熊野(=浄土)に入るには、いったん死ななければならないのです(儀礼的な意味で)。
そのための場所が岩田川(今の富田川)でした。

岩田川(今の富田川)は、中世の熊野詣のメインルート中辺路(なかへち)を歩く人が初めて出会う熊野の霊域から流れ出ている川です。 

初めて出会う熊野から流れる清らかな岩田川(今の富田川)、熊野詣の道中で最も神聖視されたこの川は三途の川に見立てられました。
その聖なる流れは強力な浄化力をもち、川を徒歩で渡ることで罪業をぬぐいさることができるとされ、道者は浄められながら死ぬことができたそうです。。

熊野詣のものは、稲葉根(いなばね)王子から熊野の霊域の入り口である滝尻王子まで、何度も岩田川を徒歩で渡りました。
日にちは陰陽師が決めるので、天候は関係なく雨でももちろん渡ります。もちろん上皇様も、女院さまもです。
儀礼的な意味で死んだ者は、いよいよ熊野の霊域の入り口とされる滝尻に入ります。

熊野詣とは、生きながらに、死んで浄土に生まれ変わって成仏し、
そして、再び現世に帰っていくという構造だったのです。

さあ、いよいよ滝尻王子と熊野古道館を出発です。
熊野の霊域に入ります、山登りです、たのしみ~(*^▽^*)

PageTop

サルスベリが咲きました

わが家の百日紅(サルスベリ)が咲きました。
サルスベリは夏の青い空に似合います。

IMG_2014_convert_20170726210227.jpg
去年、かなり剪定したので、今年は咲くのが遅かったですが・・

毎年暑い時期にきれいに咲いてくれるのでうれしいです(#^.^#)
IMG_2016_convert_20170726210306.jpg
今年もありがとう。


猫も暑い・・・
IMG_2012_convert_20170726210322.jpg
ルイちゃんも・・暑いから床にべったりしています。

お盆に来客がありますので、家の掃除、不用品の処分を頑張っていました(;^ω^)
お客様が来られると家がきれいになるというのは本当なのですね。
暑いですが、猫ちゃんたちも植物も私もみんな元気です(#^.^#)
もう、ひとがんばりです(^_^)v

PageTop

オス猫たちの戦いを止めるのは、やはり姐さん猫なのだ。

宝塚の「エリザベート」の昔のポスターを凝視するルイちゃんです。

IMG_1692_convert_20170719180933.jpg
このトート様は瀬奈じゅんさまです。

ルイ「どこまでも追い続ける・・・?ストーカー?」

こ、こら(`o´) トート様に対して失礼やろっ

IMG_1697_convert_20170719180952.jpg
ルイ「ぼくのほうがかっこいいよ」

なあ・・フク
IMG_1482_convert_20170719181251.jpg
フク「ええっ・・・」

IMG_1678_convert_20170719181037.jpg
フク「ふっ、どうかな・・・ぼくのほうが・・スリムでかっこいいよ」」

ちゃらら~ん
またオス同士の抗争のはじまりかっ(゚△゚;ノ)ノ
・・・・・

「あんたら・・・いいかげんにしいや!暑いのに・・・」

IMG_1487_convert_20170719181232.jpg
さすがはゲンキ姐さんです。
鶴の一声です・・。

手のかかるオス猫たちを大人しくしてくれて・・・
ゲンキちゃん、ありがとうございますm(__)m


PageTop

ユカタで祇園祭2017の宵山へ

7月13日~14日の博多の祇園山笠・きもの文化検定工房見学から帰って、すぐにこんどは・・

京都の祇園祭の宵山です。

こちらは今年、2017年の「長刀鉾(なぎなたほこ)」です。

IMG_1817_convert_20170718161534.jpg
(ユカタは同じですが、髪型は変えています)
博多祇園山笠と時期が同じなので、帰ったらとんぼ返りなのはわかってました。
そういうわけで「きもの文化検定」の工房見学をちゅうちょしたのですが・・
私は、マラソンランナーですから、体力的には問題なし(笑)



長刀鉾の見送りは伊藤若冲 「旭日鳳凰図」
IMG_1818_convert_20170719092142.jpg
今年も会えました(*^-^*)
祇園祭の山鉾は、動く美術館ですから・・・


長刀鉾には男性しか上がれません。
IMG_1821_convert_20170718161603.jpg
ダンナだけが行きました。
毎年、ちまきを返して新しいちまきをいただかないとね。
おかげさまで、無病息災です。
ありがたいことですm(__)m



郭巨山
IMG_1831_convert_20170718171924.jpg
こちらには、いつもお世話になっています。
ここのちまきは「金運」にご利益があります。
おかげさまで・・・本当にありがとうございます
とお返しして新しいちまきをいただきました・・・m(__)m



写真はないですが、「保昌山」のお守りは
「縁結び」に効果ありです。
ありがとうございます(#^.^#)とお返ししましたm(__)m

誰か「何個、ちまきを持ってたんや~?」

信心深いもので・・・m(__)m


キモノコーデは、ユカタも帯も紅い塗り下駄もポワゾンドール
金魚の日傘は船場の居内商店
バッグはくるりの籐のバッグ

このユカタいつまで着られるかしら?
でも、このユカタのデザイナーのマドカさんなら
「いつまででも(#^.^#)」とおっしゃってくださると思います。


酉年なので、鶏鉾へ行きました。
この重要文化財のタペストリー、素晴らしい(^o^)
IMG_1838_convert_20170718161652.jpg



最後は菊水鉾 

この綴れ織、素晴らしいですね。
江戸時代の狩野岑信(みねのぶ)の「七福神図巻」をもとに
川島織物セルコンさんが制作されたそうです。
「七福神図」

全部で8千万円くらいかかったとお聞きしました。(@_@)

IMG_1847_convert_20170719092331.jpg

あ~去年「きもの文化検定工房見学」へ行っていたら、詳しく教えていただけたのに(>_<)
IMG_1846_convert_20170718161828.jpg
去年の今頃は、「きもの文化検定」を受験する予定はなかったのです。
一年でいろいろ変わるものです。

すごい人でした(@_@)
やっぱりお祭りはユカタですね。
京都の祇園祭も楽しかったです(^_^)v


博多のレポでたくさんの温かいありがたい👏コメントをいただきました。
中には、事前にお知らせくださったら、ご案内いたしましたのに・・との温かいコメントもありがとございます。
閉鎖したコメント欄を復活いたしました。
これも応援してくださった皆様のおかげですm(__)m
ありがとうございます。

PageTop

「きもの文化検定」工房見学その3(久留米絣工房と、この日のユカタコーデ)

7月14日(金)「きもの文化検定」工房見学会二日目は

久留米絣工房「松枝玉記氏 生家」へ

1、松枝哲哉先生から「久留米絣」の講義を受けた後・・

2、藍染ハンカチ染の体験 
IMG_1770_convert_20170717113322.jpg
うまく染まった~(*^▽^*)

☆この日は、ポワゾンドールのユカタに着替えています。

しかし皆様方は、さすがというか、括って
このような模様にしていらっしゃいました。
IMG_1772_convert_20170717113343.jpg
さすがでございますm(__)m


3、久留米絣の人間国宝の玉記先生の遺作をまじかで拝見させていただき…幸せ(#^.^#)


4、久留米絣の手織りに挑戦!

重要無形文化財の伝統の半機(はんばた)

腰かけて初めて織体験しました。
小夜子先生から直接ご指導いただきました。
が、体育会系の私には・・・とっても難しかったです・・・(;^ω^)


久留米絣のことはテキストに載っていることくらいの知識しかありませんでしたが
大変勉強になりました。
工房の皆さま、大変お世話になりました。



☆7月14日、(金)の翌日のコーディネート

着物 ポワゾンドールの金魚尾ひれのユカタ(注染という技法で染めたもの)
帯  同じくポワゾンドール
帯結びは、パタパタ結び

1500258458739.jpg
この浴衣は綿絽です。

1500258438765.jpg
帯も、波のような模様に、
帯留めの金魚が泳いでいるというコーデです。


「きもの文化検定」の事務局の皆様、博多の皆様
工房の皆様、参加の皆様ありがとうございましたm(__)m
おかげでまた「着物を着たいな~」と思いました(*^-^*)


さっ、急いで新幹線に乗って・・・つぎは京都の「祇園祭」です。
暑いですが、がんばります(*^^)v

PageTop

博多祇園山笠「きもの文化検定」工房見学その2(博多はやっぱり博多織)

「きもの文化検定」 工房見学会と博多祇園山笠見物のつづき、その2です。

今回、博多祇園山笠の説明と案内をしてくださった県庁のMさん
IMG_1748_convert_20170716152315.jpg
博多の漢(おとこ)って感じで、かっこいいですね。
帯が二人とも白地の博多帯です。

このはっぴは久留米絣だそうです。
が、大昔は西陣織だったそうな・・ええっ(@_@)
山曳きの正装の短いのは水法被といいます。

IMG_1718_convert_20170716152352.jpg
もちろんMさんの帯は博多帯(^^♪
私もこの日は博多に行くので博多帯にしました。

県庁のマーク、紋?撮らせていただきました(*^^)v
IMG_1720_convert_20170716152333.jpg
(ご本人様にはご了解を得ています。)

博多祇園山笠の祭りは女人禁制だそうですが・・
・・・・
夜の懇親会のときに、私、このMさんに質問したのです(笑)

私「あ、あのう博多は亭主関白なのですか?」
Mさん「いや~家庭ではね、母ちゃんのほうが偉いんだわ~ワハハ・・・(笑)」
「わしなんか、鵜飼の鵜みたいなもんよ」
「あ、そうなの?ワハハハハ~」と
女性をたてることも忘れない優しさが・・・

博多の漢(おとこ)ってやっぱカッコいい(*´▽`*)
締めこみ姿の若い衆もカッコ良かったね。


さて・・今回の宿泊ホテルは、ホテルオークラ福岡のダブルで一人です。
IMG_1755_convert_20170716152422.jpg
やった~ひろ~いベッドで大の字になって寝るぞ!

よく見たら、ホテルの部屋は、博多織だらけでした(@_@)
IMG_1762_convert_20170716152557.jpg
枕の上の壁に・・・博多織が・・・


下を見たら、じゅうたんが、博多献上の独鈷と花皿模様(@_@)
IMG_1761_convert_20170716152541.jpg

備品もぜんぶ・・・
IMG_1760_convert_20170716152512.jpg

アメニティも・・・・博多献上の模様が・・・
IMG_1757_convert_20170716155551.jpg
す、すごい・・
ちなみにシャンプーなどはポーラ化粧品でした。


帰りに新幹線に乗る前に急いで買ったおみやげですが
時間がなかったのです。(新幹線の指定の時間がギリギリ(;^ω^))
IMG_1801_convert_20170716160649.jpg
地元の博多めんたいこおいしすぎて、涙~

すぐになくなって、なんでもっとたくさん買わなかったのかと後悔~~(>_<)
うちの近所のスーパーのと味が全然違うわ(号泣)
ネットでお取り寄せか大阪の百貨店なら手に入るかな?


博多の人は親切でいい人ばかりだった(#^.^#)
タクシーの運転手さんも博多祇園山笠を熱く語ってくれたし・・・
食べるものはみんなおいしい(^_^)v
追い山は、見られなかったですが・・(>_<)
いつか、もっと余裕のある、まったくの観光で行きますから待っててね(*^▽^*)

続いて、その3久留米絣の工房見学に参りま~す(#^.^#)

PageTop

博多祇園山笠・「きもの文化検定」工房見学会その1

「きもの文化検定」工房見学会で博多と久留米絣の工房へ見学に行ってきました。

博多祇園山笠、初めて見ました(#^.^#)
飾り山、見事ですね。
IMG_1714_convert_20170714200258.jpg
すごいです~(*^▽^*)


これは「女城主直虎」
IMG_1723_convert_20170714200745.jpg

着物ブログ「きものカンタービレ」の朝香さんと
IMG_1724_convert_20170714200329.jpg
写真、ありがとうございます(#^.^#)
朝香さんはきさくでとてもお優しい方なんですよ~。

私の着物は、爽きもの 麻の葉 (くるり) 
帯は博多献上 (くるり) 
帯留めも、(くるり) とくるり尽くし!(^^)!


さて、この美しい方は・・・ユキリコフさんです♡
IMG_1726_convert_20170714200454.jpg
わぁ、お人形さんみたいです。
ユカタだそうです。
素晴らしいコーディネートです(#^.^#)
お二人ともきもの文化検定1級合格者ですから・・。

※写真のブログへのアップは了解を得ております。

暑いので私もみんなも汗だくです💦

ダンナ、うらやましいだろう、(ΦωΦ)フフフ…
ユキリコフさんとツーショットです(^^♪
IMG_1729_convert_20170714200404.jpg
なんだか親子のような・・・・(;´・ω・)


「集団山見せ」
一番の山に麻生太郎さんが乗っていました。
地元の方に教えていただきました。
IMG_1736_convert_20170714203346.jpg
わぁ、すごい(^o^)


すごい迫力です、勢水すごい迫力です(*'▽')
IMG_1742_convert_20170714200716.jpg
いや~博多、盛り上がっています。

そして、私もしばらくぶりに着物を着ました(*^▽^*)
これも「博多祇園山笠」と「きもの文化検定」のおかげです。
すごく楽しかった、みなさんありがとうございましたm(__)m

その2につづきます。

PageTop

博多へ(祇園山笠と工房見学)

博多へ行ってきます。
祇園山笠の見物と工房見学です。

IMG_1711_convert_20170712075042.jpg

着物も持っていきます。
IMG_1396_convert_20170623172848.jpg
履物は、丹後ブルーのカレンブロッソ

皆様とお会いできるのが楽しみです。
どうぞよろしくお願いします。
また帰ってからレポします(#^.^#)

PageTop