FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

黒留袖と瀞金錦をコーディネート&猫に叱られる(;´・ω・)

知り合いとゲンキちゃんに・・叱られました(-_-;)
IMG_2776_convert_20171013160121.jpg
ゲンキ♀「着物も帯も持ってるんでしょ?それに着付師の資格、何のために取ったのよ?」

「す、すみませんm(__)m」

頂き物の黒留袖に長嶋の瀞金錦の袋帯をコーディネートしてみました。
トルソーは私の身長に合わせています。
1506566779359 (1)
帯揚、帯締め、末広は嫁入り道具です。
長嶋の瀞金錦って上品でいいですね。



1506566725626 (1)
うしろ お太鼓おおきいですけど・・実際に締めるといい感じになります。


初めて、この帯を締めたのは、若いマラソン友達の結婚式でした。
P1030502_convert_20140922135825.jpg
この結婚式の前に別の友人の振袖の着付をしてから、後で自分のヘアセットをして着物着ました。

時間なかったけど・・(;´・ω・)
苦手のお太鼓柄なんだけど・・この帯
初めて締めたのに一発で決まったので驚いた記憶があります。
「やっぱりいい帯は違うな~」と思いました。

IMG_2064_convert_20170802180713.jpg
ゲンキ「着物も帯も小物も草履も持ってる&着付もできるんでしょ?
自分の着物を自分で着なさいよ。レンタル代も高いのよ・・」

は、はい、おっしゃるとおりです、がんばります(;´・ω・)

PageTop

レンタルか家にある着物を着るか・・・

黒留袖・・・親戚からの頂き物です。
虫干し兼ねて出してみました。
実家の母の黒留袖もありますが身幅が大きくてムリです(>_<)
古いですが、この主人の伯母さんのならサイズ合うんです。

孔雀に牡丹
古代中国では九徳を備える瑞兆として牡丹とともに描かれました。日本に伝来したのは奈良時代で、平安時代は鳳凰に例えられ文様には長く美しい尾羽を広げる姿が見られます。現代は礼装用の留袖や訪問着、袋帯などに用いられます。(通年)
「着物の文様」 世界文化社 より 

赤い牡丹の花は刺繍ですし模様も金駒刺繍もすてき(#^.^#)
ずっしりと重いですが、戦前の着物っていいなあ♡
1506566306136.jpg
黒留袖、そう何度も着られるものではないですし、レンタルか自前か?
場所が遠方の場合、自前だとしたら、着付はしてもらうか、自分で着ていくか?
悩むところですね(#^.^#)

PageTop

映画『空海―KU-KAI―』(日中共同制作、来年2月公開)が待ちきれない(#^.^#)

来年2月公開なのですが・・
映画『空海―KU-KAI―』
空海様大ファンであり、真言宗信徒の私としては楽しみすぎです(*''▽'')

ku-kai.jpg
ワクワク☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ワクワク

映画『空海―KU-KAI―』日中共同製作
主演 染谷将太(空海)
原作:夢枕獏の『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』


原作はコミック化されていたり、歌舞伎化されているほどの人気作品です。
日本での公開は2018年なのですね・・待ち遠しいわ(;´・ω・)
予告もYouTubeで見ましたが、美しいビジュアル、音楽も素敵、うわ楽しみ(*''▽'')
(検索すると出ます)

監督は中国のチェン・カイコー監督
チェン・カイコーは1952年中国出身で、代表作には第46回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した1993年公開の『さらば、わが愛/覇王別姫』や、 サン・セバスティアン国際映画祭監督賞を受賞した2002年公開の『北京ヴァイオリン』などがあります。
非常に美しいアートワークが魅力の監督として国際的に定評があり、本作も「美がテーマとなっている」と話しています。
中国での原題は『妖猫伝』
(出典Wikipedia)

ネットで見た映画『空海―KU-KAI―』のあらすじですが・・
盟友たちと共に遣唐使として日本から唐・長安へ渡った若き僧侶・空海は、ありあまる才能と言葉を駆使して多くの人々を魅了していきます。
一方、長安では人の死を予言する猫の化物の事件が相次いで発生。その噂を耳にした空海が、唐で出会った詩人・白楽天と共に長安を脅かす謎の怪事件に迫る歴史冒険物語です。

他のキャストは・・・
白楽天はホアン・シュアン
楊貴妃役のチャン・ロンロンさん、ものすごく美しい方です(*''▽'')
白玲という役で松坂慶子さんも出演されます。
そして・・
阿部寛が安倍仲麻呂に!
「あべ」」つながりですか?
「テルマエ・ロマエ」もとても素敵だったので超期待(*^▽^*)

イントロダクションの
日本史上最高の超天才 空海が歴史を変える奇跡を起こす。

の言葉がたまりませんキャー(≧∇≦)ノ
滅茶苦茶楽しみです(*^▽^*)

PageTop

熊野古道、中辺路(なかへち)を歩く5回目「牛馬童子口~小広王子その①」

第5回熊野古道、中辺路(なかへち)、牛馬童子口から小広王子まで

私たちは、田辺から平安時代の上皇様方が歩かれた中辺路を歩いて熊野本宮大社へお参りすることが目標です。

☆熊野古道はいろんなルートがありますので↓も参考にしてください(#^.^#)
和歌山県観光情報
とっておきの聖地巡礼・世界遺産へ行こう 

和歌山観光情報・牛馬童子→継桜王子

今回のこのコースは比較的楽なコースでした(#^.^#)
IMG_2572_convert_20171024160738.jpg
地元の語り部のあとに続きます。
何度も来ていますと本当に楽しいです。

IMG_2575_convert_20171027130629.jpg

用水路があんな上に・・・
IMG_2579_convert_20171027130706.jpg

案内人「よくここで、上を見て落ちるひとがいますから気を付けてください。
最近は富士登山も甘く見てサンダルやヒールで登る人がいるそうですが、熊野古道にもサンダルで来る人がいるんです。
甘く見たらだめですよ。それと写真を撮りながら歩くのも危険だから気を付けてね。」

私「はいは~い」(写真撮っている私・・・・📷(;´・ω・))
IMG_2580_convert_20171027130727.jpg
けがをした場合、ヘリに連絡するとき、下の写真にある「中辺路(なかへち)24番」というとわかるみたいです。

IMG_2577_convert_20171027130645.jpg
今回も外国人の熊野詣の方にたくさん会いました。
外国でも特にヨーロッパから来たひとたちです。

箸折峠(はしおりとうげ)の牛馬童子(ぎゅうばどうじ)
IMG_2596_convert_20171027130949.jpg

熊野古道と言えば牛馬童子像と言われるくらい有名な・・
IMG_2590_convert_20171027130842.jpg
左が牛馬童子(ぎゅうばどうじ)像、右は役行者の像です。
花山法皇(かざんほうおう)の熊野詣の姿だと言われています。

大きいのかと想像していたら、意外と小さくてかわいらしかったです。
IMG_2591_convert_20171027130858.jpg
いろいろ被害にあったそうですが、いたずらしないで欲しいです。

IMG_2585_convert_20171027130800.jpg
小さいでしょう。
皆でお参りしました。

こちらで高貴な方がカヤの軸を折って箸にしたのですがカヤの軸の赤い部分にツユがつたうのを見て・・
「これは、血か露(つゆ)か?」 と尋ねられて・・
この土地が 近露王子(ちかつゆおうじ)という名前になったという。

ほんまかいな~(;´・ω・)

そして・・近露王子(ちかつゆおうじ)跡
IMG_2618_convert_20171027131310.jpg

IMG_2619_convert_20171027131331.jpg

ここら辺は、平地です。
この近くに 熊野古道なかへち美術館 があります。
IMG_2622_convert_20171027131432.jpg
案内人によると、金沢にある有名な美術館を設計した人と同じ人が設計したそうですが。。
本当にだれもいないです。

のどかな雰囲気でいい感じです(*^▽^*)
IMG_2612_convert_20171027131225.jpg
このあたりは熊野詣で上皇様が召し上がるお米をつくっていたところだそうです。

ここでなんとなく・・ふと視線を感じたら・・・(゜_゜)
カラスでした。
IMG_2615_convert_20171027131246.jpg
熊野本宮大社の神様の眷属(けんぞく)は、
八咫烏(ヤタガラス)
熊野の神様に「だれかまた熊野詣に来たようだから見にいってこい」と言われたのかしら?((+_+))


4月に熊野本宮大社へお参りに行ってから、(このときは車)・・・
5月から自分の足で熊野古道を歩いて熊野本宮大社を目指していますが
まだ、全部歩いていないのに娘のことで熊野の神様のお力を実感するようなことがありました。

熊野本宮大社の神様ってほんとうにすごいパワーを持った神様なのですね。
(桜井識子さんの本にも、『奇跡など平気で起こせる力をお持ちです。』とありました。)
熊野古道を歩いて良かった(#^.^#)
◎お勧めします◎

IMG_2629_convert_20171027131532.jpg
コスモスの前でお弁当をいただきました。ツアーってありがたい(#^.^#)
この日も雨の予報でしたが、雨は降りませんでした。
第5回目その2へ、まだ続きます(#^.^#)

PageTop

「だれでも美人眉」というアイブローテンプレート買いました。

先日、百貨店の化粧品売り場のおねいさんに眉の指導を受けたものの
やり方をすっかり忘れたころ・・(;´・ω・)
ショッピングセンターで、
「だれでも美人眉」てなものを買いまして練習していました。
IMG_2758_convert_20171027121847.jpg
尾花ケイコさんプロデュース とあります。
カミソリで有名な貝印株式会社製造です。
お店によって違うようですが、800円くらいです。

中に、美人眉 ガイド&テンプレート ガイドブック があります。
IMG_2760_convert_20171027115858.jpg

若い方は簡単にできると思うのですが・・・
私、最初は、なんだかゲジゲジ眉になってしまって・・また失敗買い物?と思いましたが・・
練習を続けてやっとまともに描けるようになりました(*^▽^*)
個人的に10日くらいかかりました。(遅い・・)
左右対称になるのがいいですね。

IMG_2761_convert_20171027115934.jpg
最初けっこう失敗したし(;´・ω・)手放しでおすすめはしませんが・・
だれでも美人眉の製品のHP で動画があるそうで、こちらを見て練習しようかと思います
ペンシルタイプより、パウダーのほうが使いやすかったです。

眉って大事なので、眉100本ノック!
練習します(^_^)v

PageTop

薔薇のノヴァーリスが夏剪定後45日で開花(#^.^#)

雨と台風で予定より少し遅くなりましたが「ノヴァーリス」が開花しました(*^▽^*)
10月25日現在
IMG_2841_convert_20171025152940.jpg
明日は完全に開くでしょう(*^▽^*)

夏剪定してから40日目が10月20日でしたが、あいにく今年は雨続きで気温も低くて計算どおりにいきませんでした。
45日目に開花しました。

でも、つぼみだったからこそ、台風の被害から逃れたのかもしれません。
植物なりに身を守って開花を遅らせていたのかもね(#^.^#)

10月24日の様子
IMG_2827_convert_20171025153044.jpg
小学生の観察日記みたいですね(* ̄▽ ̄)

過去記事「秋のうらら、そして夏剪定後35日のノヴァーリスは」←はこちら

IMG_2845_convert_20171025153006.jpg
全体像・・春はいっぱい咲いてましたけど・・・(;´・ω・)

IMG_1015_convert_20170523133710.jpg
春のノヴァーリスの姿です。奥はポンポネッラ

他のバラも・・うららちゃん
IMG_2828_convert_20171025153100.jpg

ミニバラのフォーエバーローズ
IMG_2823_convert_20171025153131.jpg
ミニバラってけっこうっほったらかしでも強いです。
もうあちこちのバラ園は見ごろだと思います(#^.^#)


そんなことより・・・・
ちょっと!お腹すいたんだけど・・・
IMG_2825_convert_20171025153238.jpg
ゲンキ♀「薔薇なんて、食べられないわ、猫草でも植えなさいよ」

フク「姉ちゃん、食べることしか頭にないんだから・・」

ご質問いただきましたが、ゲンキちゃんは基本はセルフケアですが時々は弟のフクがなめて毛づくろいしています。
ゲンキちゃんは我が家の女王様でございます。
はは~わかりました、おやつにしますm(__)m

PageTop

第5回熊野古道、中辺路(なかへち)を歩く(昔の人はえらかった&白装束と笠)

第5回熊野古道・牛馬童子口から小広王子まで 歩いてきました(^_^)v

IMG_2571_convert_20171024160715.jpg

最近テレビ(見てないので知らないのですが)
「ち〇んぷいぷい」の「昔の人はえらかった」というコーナーで熊野古道を歩いているそうで熊野古道は大変な人気だと案内人が言っていました。
そうなのですか?(;´・ω・)
でも実際はめちゃくちゃしんどい道だとわかるので、良かったと思います(#^.^#)


今回もツアーで連れていっていただいたのですが・・
やはり、地元の観光ポスターや映像などで
熊野詣って↓のような豪華な平安衣装(壺装束)」で行ったと思っている人が多いのです。
あげいん熊野詣
「あげいん熊野詣」の写真

だって、駅にもポスターにもネットにもみんなこんな豪華な衣装だもの。
そう思うのも無理ないよ。
実は私もそう思っていたのです・・・(;´・ω・)

ツアーの最後尾の年配のグループの方たちが添乗員の方に・・・
「ポスターにあるあんな平安衣装で歩けると思って来たのに・・めちゃくちゃしんどいやん」
と苦情を・・
添乗員さんも・・「いや、あれは・・(;´・ω・)」とお気の毒でした。

いや、わたしも最初はそう思っていたのでよくわかります。
あの衣装すてきやし、罪やわ~

過去記事 「熊野詣では白装束だった」にも書きました。

熊野古道、ほんま、山登りきついし、川の中を歩いたり、当時は命がけです。
当時は上皇様、貴族以外は、野宿ですから・・・
雨の中も、夜中も・・・虫も、イノシシも、山賊もいるし優雅でもなんでもないです。

平安衣装の壺装束で行けるのは・・
京の都から・・・、鞍馬、石山寺くらいではなかったのかと思います。
IMG_1705_convert_20171024163550.jpg
石山寺縁起絵巻より

当時の壺装束を再現したもの
(小袖に袿の壺折装束)
IMG_1709_convert_20171024163605.jpg
「日本の女性風俗史」切畑健 著 紫紅社

こちらは平安時代の熊野詣の衣装を再現したもの(「熊野古道館」にて撮影)
当時の待賢門院(たいけんもんいん)さまの熊野御幸の再現のスタイル

苧麻の薄布を垂れた笠は虫よけと人目をいとうため
IMG_2297_convert_20171024160922.jpg
よくお顔が見えません。
女性が美しく見えるという
「夜目遠目笠の内」 っていう言葉、かさって、この笠のことなんですね。

以前は、傘(雨の日にさす傘)と思っていました。
恥ずかしいです(*ノωノ)すみません。

IMG_2296_convert_20171024160906.jpg
白装束です。
IMG_2298_convert_20171024160942.jpg
市女笠の方が待賢門院さま役の方です。

もちろん、観光客を増やすもの大事ですし、華やかな衣装でコスプレも大好き(#^.^#)です。
一言だけ・・・
「実は当時は白装束だったのですよ」 と言ってほしいな・・(#^.^#)

今年の夏、東京から熊野古道を歩きに来た人が遭難する事故がありました。
ただの古い道だと思われていたようです。
山を甘く見てはいけないと思います。
次回から備忘録を兼ねて今回歩いたコースを綴っていきたいと思います。(*^▽^*)

PageTop

「お大師様への手紙」というシステムは素晴らしい(#^.^#)

高野山レポのラストです。
最後は奥の院へお参りしましたが、こちらのことはいろんなところで詳しく書かれていますので割愛します。
奥の院の奥の弘法大師さまの御廟の左に
 「弘法大師様へのポスト」があります。

何十回も高野山へ来てるけど、気がつかなかったわ~(;´・ω・)

ポスト
(撮影は禁止なので、金剛峰寺のHPから借用しました。)

心に抱えるさまざまな思いを手紙にして、お大師さまに聞いてもらいませんか-。
高野山真言宗総本山・金剛峯寺には弘法大師・空海さまにあてた手紙を受け付ける

「お大師さまへの手紙」という制度があります。

届いた手紙は、弘法大師御廟のそばで1年間保管されます。
真言宗の教えでは、弘法大師・空海さまは高野山奥の院の御廟で生きたまま入定(永遠の瞑想)し、今もなお人々に救いの手を差し伸べておられます。

金剛峰寺によると 人と人との関係が希薄となった世情を踏まえ、悩みや苦しみを一人で抱え込んでしまった人々の力になろうと企画されたそうです。
うれしかったことや楽しかったことなども含め手紙の内容は問わず、秘密は厳守される。
住所や氏名を書かなくてもいいのです。
届いた手紙は法要を営んで開封し、御廟前に置かれたポストに保管。
1年後に焚(た)き上げを行う。

※ただ、空海様にご縁をもらいたいという方は、桜井識子さんの本では住所と名前を書いた方がいいと書いてあります。
これはどちらでも(#^.^#)
、書き方お大師さまへの手紙

お大師さまへの手紙←金剛峰寺のサイト

さまへの手紙お大師

きっと、心の中にお返事をくださるのだと思います。

他人に言えない悩みとかも弘法大師様に手紙を送ることによって
お大師様へ届けていただけるんですね。
素晴らしいシステムだと思います。

私も悩み多き若いころにこのような制度を知っていたら良かったな~(*''▽'')

今回の高野山レポはこれで終わります。(#^.^#)
読んでいただいてありがとうございました。

PageTop

喜びもひとしおって・・・調べてみたら(#^.^#)

先日・・・
「お嬢様の晴れの日の振袖をお母様が着付されて、喜びもひとしおですね(#^.^#)」
と言っていただき、そのときは
「ありがとうございます(#^.^#)」とお礼を言ったものの、あとで

「ひとしお」って何?(;´・ω・)

ひと塩・・・?(;´・ω・)

なんだか、わからないまま放置するのは嫌だ~~~(>_<)
で、調べたら・・

語源由来辞典から

ひとしおの「しお(しほ)」とは染物を染料につける回数のことで、ひとしおは染料に一回浸すことを意味する。
「一入」 と記述する。
染色液に入れる回数の事を「入(しお)」と言う。
また、二回つけることは「再入(ふたしお)」
何回も色濃く染めることは「八入(やしお)」「百入(ももしお)」「千入(ちしお)」「八千入(やちしお)」といった。
一回つける毎に色が濃くなり鮮やかさが増すことから「ひとしお」は「ひと際」などを意味する副詞として平安時代から用いられるようになりました。 

とあった。
「一入」と書くんですね。 
染からきた言葉なんや(*_*;


久留米絣の工房へ行ったとき、このときは5回くらいつけたかしら?
IMG_1771_convert_20171020170943.jpg

そして今回の「喜びもひとしお」と使う場合には、ひときは、一段と、より一層、というように、喜びをさらに高める意味で使われているようです 

なるほど、そういうことですか、ガッテン、ガッテン(*^▽^*)

PageTop

留守のときの猫たちのために・・シリポッカ

急に寒くなりました。
猫たちは寒いのが苦手です。
人が家にいるときはヒーターなど電化製品を使いますが、留守の時は心配ですね。
長い時間留守にすることもありますので、・・・・・
「シリポッカ」に猫らを慣らしています(#^.^#)

フクちゃんも・・・おおあくび(;''∀'')
IMG_2806_convert_20171019190048.jpg

あったかいかな?(* ̄▽ ̄)
IMG_2815_convert_20171019190153.jpg
フク「あったかい」

ああ、よかった(#^.^#)

ゲンキちゃんは?
IMG_2808_convert_20171019190222.jpg
ゲンキ「ま、使ってあげてもいいわよ」

どもどもm(__)m

が、先住猫のルイも・・大事にしないとね。
IMG_2793_convert_20171019190341.jpg
ルイ「あいつら、なに使ってるの?」

2年前に買った「シリポッカ」(中にカイロを入れるんです・・・)
アウトドアやデスクワークでも使えますね。
1449305946849.jpg

ルイちゃん、いいかな?
IMG_2813_convert_20171019190119.jpg
ルイ「あったかいね」

みんな大事ですけど、ルイももうシニア猫だし。
先住猫のストレス対策のためにも先住猫ファーストです。
今年もみんな健康ですごそうね(*^▽^*)

PageTop