FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

動物の孤児院ハッピーハウス

動物の孤児院ハッピーハウスから 「ハッピーハウス通信7月号」が届きました。
IMG_6775_convert_20180730154848.jpg

動物の多頭飼いの悲惨な現状が問題になっているけど、
そんな中、千葉の多頭飼いの現場から犬46頭を保護したという話に涙・・・ありがとう
IMG_6771_convert_20180730154908.jpg
東日本大震災の被災動物の詳細 ←はこちら

新しい家族を探している子や幸せになった子もいます。
IMG_6772_convert_20180730154922.jpg
にゃんこたち
わんこたち

みんな幸せになってほしい。
(万博もカジノもいらないから行政も動物の保護に力を入れてくれないかな?)

また、少しだけど不足品も送ります。
わが家は猫3匹で精一杯でこれ以上増やすのはしんどいので、会費、寄付という形で支援させていただきました。
これからも応援するからね、ガンバ(*^-^*)

PageTop

奄美大島で教えていただいた着物コーデアドバイス覚書

奄美大島での大島紬工房見学の時
「夢おりの郷」の南さんから教えていただいた着物コーデ覚書

しばらく着物を着る予定はありませんが、どなたかのお役に立つかもしれないし、
また着たいと思う時が来るかもしれないので「覚書」として書いておきます。
※休憩時間におしゃべりしていたときに
教えていただいたお話なので、大島紬大学の講義ではありません。

着物コーデ鉄則
帯揚げは着物に合わせ
帯締めは帯に合わせる。


そういう目で雑誌を見たら(美しいキモノ夏号より)
IMG_6779_convert_20180730111750.jpg
この着物は夏大島
IMG_6776_convert_20180730111725.jpg
明石縮
IMG_6780_convert_20180730111810.jpg
能登上布

た、たしかに・・(*_*;
おっしゃるとおりです。
あちらに置いてあった夏大島、すごく素敵だったんです♡購入しなかったけどいろいろと見せていただいて目の保養♡
夢おりの郷の大統領夫人愛子さん、ありがとうございました(*^-^*)

PageTop

異例の進路の台風12号の暴風が怖かった(>_<)

台風12号、怖かったですね。
午前3時ころが一番、暴風雨がすごくて眠れませんでした。
今も上にヘリコプターが飛んでいます。

ルイちゃんも怖くて私の布団に入ってきてくっついて寝ていました。
IMG_6038_convert_20180729084339.jpg
体は大きいのに、フクやゲンキよりビビりん坊です。
つるバラって案外強いのか今朝確認したら、みんな折れてなかったです!

今回は今まで経験のないコースでした。
今年は、地震、酷暑、台風と災害が多いです。
まだまだ油断はできません。

家を建てるとき「災害に強い家」を最優先しないといけないと思います。
幸い今回も被害は無かったけど(神様ありがとう)
おしゃれ&見た目優先して窓を多く作った私はなんとバカだったんだと建てた当時の私をしかりつけたい(>_<)
窓が多い→夏は暑い、冬は寒いし、防犯上でもよくない・・・(-_-;)

建築家の安藤〇雄先生のデザインは好きではないけど、
窓が少なくてコンクリート打ちっぱなしのほうが災害に強いんだと思います。
そういえば、関東の水害の時ヘー〇ルハウスが最後まで残って注目されましたが、今、家を建てるなら災害に強いことが最優先です。

被災地の方は、これからも十分に注意してください。

PageTop

おしどり夫婦ミステリーツアー③(飛騨高山~)そして五平餅は大人気(*_*;

さて、旅行記もラスト
おしどり夫婦ミステリーツアー(ホテルは飛騨高山)の続きです。

ホテルアソシア高山リゾートからの朝日が美しい。
IMG_6170_convert_20180727150434.jpg
お風呂からもこんな景色が見られました。
ホテルのお風呂は温泉で眺めも良くて、いいお風呂でした。
お風呂から見えるアルプスの山から登る朝日がなんともいえない、良かった~(*^-^*)


そして、翌日の観光はまずはどこ?
有名な、飛騨・高山市内観光地
ここはあまりに有名なので、ツアー参加者の全員が過去に来たことがある。
との返事でした。
ミステリーツアーとしては、(-ω-;)ウーン


さて、つづいて
飛騨一宮水無神社
IMG_6190_convert_20180727150639.jpg

飛騨国の鎮守として朝廷から崇敬された神社
西南方の位山(くらいやま、標高1,529m)を神体山として祀っている。
IMG_6196_convert_20180727150511.jpg

戦争中、1945年(昭和20年)8月22日から同年9月19日までの間、
熱田神宮のご神体(天叢雲剣)がこちらに一時避難していたそうです。
ええっ!(*_*;


こちらは神馬舎
稲喰の馬という木造の神馬二頭が安置されています。
IMG_6194_convert_20180727150714.jpg
左甚五郎の作といわれる黒い駒は両目がくりぬかれています。
秋の刈り入れ時に毎夜田畑に出て稲を食い荒らしたので、両目をくりぬいたところそれ以来野あらしが止んだとの言い伝え。

ひー左甚五郎がつくると命が宿るんや(*_*;

そういうすごい神社なんですが・・
有名な1773年(安永2年)の安永騒動(大原騒動)では、
水無神社が農民の決起集会の場所となる。
その責任で、神主4人が磔にされた悲しい歴史があります。

モダンな狛犬やな~と思い、じっくり見ると
IMG_6187_convert_20180727150614.jpg

ほ~下呂温泉の有名な旅館「水明館」の奉献なんですね。
IMG_6193_convert_20180727150919.jpg


この後、昼食やツアーおきまりの土産物屋さんへ
ツアーは楽で便利で経済的にお得だけど、
行きたくない場所で長い時間を過ごしたり、我慢しないといけないことも多々あります(-_-;)


今回のツアーの目玉だったはずの岐阜県中津川市にある
夕森公園公式HP←こちら

夕森公園 竜神伝説の滝と「滝めぐりウォーキング」
ですが、豪雨だったので私は行きませんでした。
行かれた方もいたのですが、帰ってきたらびしょ濡れです。ほんとならすてきな場所なんですが、またの機会に👋

ツアーは天気が悪くても、よほどのことがないかぎり予定通り。
個人ならもう帰るんだけど、ここで長いこと待つ。このあたりで、もう早く帰りたいよ~と思う。
(娘はツアーが嫌いで海外もいつも個人旅行なのがわかる)

やっと帰路につくことに・・。


帰りのSAで、五平餅が大人気(*_*;
初めて五平餅で並んだ!
IMG_6202_convert_20180727150937.jpg
五平餅ってこんな人気なの?
ってくらい売れてました。
朝ドラの影響ってすごいね~(*_*;

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ということで、まとめ
「夫婦限定のミステリーツアー」
知らない場所にも連れて行っていただけますし、コスパ的には良かったけど次はもういいかなと思う。

「理由」バスで長時間だったので、後で疲労が抜けなかった(>_<)
やはり自由がある個人の旅行のほうがいい。



でもやっぱり、手軽なツアーは大人気。
私も、主人に猫の世話を頼んで一人参加できる山や離島ツアーも行きたいな。
電車や飛行機のツアーならいいね。
楽で便利だし、これからもツアーの人気は衰えないんでしょうね(*^-^*)

PageTop

サルスベリ、夏空に咲け!

ここのところ気温38度が続いていたので、34度が涼しく感じます。
わが家の百日紅(サルスベリ)が咲きました。
IMG_2014_convert_20170726210227.jpg
いつもは祇園祭のころに咲くのですが
ものすごく剪定をしたので遅れたのだと思います。

2月末に私が脚立に乗ってノコギリで切ったとき・・・
IMG_4181_convert_20180225143135.jpg
こんなに切って大丈夫かな?
と思ったけど、百日紅は強い。

百日紅は芽が出るのが遅いのでバラと競合しません。
なので5月はバラの支えとなって縁の下の力持ちだけど
IMG_6756_convert_20180727101850.jpg
サルスベリよ、今は君が主役、夏空に咲け!

PageTop

おしどり夫婦ミステリーツアー(ホテルは飛騨高山)

さて、郡上八幡から宿泊のホテルに着きました。
飛騨高山です。
ホテルのお部屋の窓からの眺め、素晴らしいでしょう(*^-^*)
IMG_6162_convert_20180726140620.jpg
槍ヶ岳も見えています。


Σ(゚∀゚ノ)ノキャーすてき~←山好き
IMG_6153_convert_20180726140418.jpg
ビルばっかりの大阪都心とえらい違いだ。
私は田舎育ちなので、山が見えると嬉しいんです(ハイジ?)
主人は都会育ちなんだけど、若いころ山に行ってたから山に詳しくて「あの山はなぁ・・」といろいろと説明してくれます・・・(-_-;)


ク〇ブツー〇ズムさん、「いい夫婦おしどりミステリーツアー」でした。
今回は5つ星の宿(Sランクホテル)ということだったけど、本当だった。
あの金額で・・・・すごい
IMG_6147_convert_20180726140204.jpg
ホテルアソシア高山リゾート←ホテルはこちら


たしかに周りには何もないけど、
眺めはいいし、温泉だしテニスコートあるし、スタッフの対応もいいし、温泉も思ったより良かった。
リゾートとして滞在したり、ここを拠点に観光するのもいいと思う。

IMG_6149_convert_20180726140224.jpg
料金のわりに、すごくいいホテルだし温泉もよかったです。
コスパがいいってこと。
白人の外人さんが多く利用していました。
外人さんのほうがよく知ってるね。


ホテルの玄関
ツアーの写真はほんとかしら?
と思ったが本当だった。(*_*;
IMG_6146_convert_20180726140308.jpg

「とある温泉」とありましたが、たぶん近所の下呂温泉は高かったんだろうな。
個人的には下呂温泉の泉質はツルツルで大好きなので、次はまた下呂温泉に泊まりたいね。


IMG_6166_convert_20180726140721.jpg
上げ膳据え膳だけでも主婦にはうれしい(T_T)んだけど
主人はせっかくだからと飛騨牛をプラスしてもらいました(笑)
IMG_6164_convert_20180726140740.jpg

「35㎡以上の広い部屋をご用意」とあったが、そのとおり。
IMG_6152_convert_20180726140348.jpg
広告に偽りなしを確認。

ホテルの一階
IMG_6175_convert_20180726145752.jpg
この椅子が、ほんとうに座りごこちがよかったんです。
椅子生活のほうが健康にもいいと思う。

素敵な家具ですね。
IMG_6151_convert_20180726140328.jpg

「おしどり夫婦のミステリーツアー」さて明日はどこへ?
に続きます。

PageTop

ミステリーツアー(岐阜羽島から郡上八幡へ)

行先がわからない「ミステリーツアー」に参加してきました。
「たまにはこういうのもいいかな?」

さてここは、イタリアと勘違いしそうです(;^ω^)
IMG_6106_convert_20180723163740.jpg
岐阜羽島のホテルです。
こちらで食事をいただいた後・・
どこに行くのかしら?

ミステリーなので何も教えていただけません。
ただ、「夫婦限定」だったので、バスの中は静かでしたよ(*^-^*)

まったくどこに行くのかわからないまま到着したのは・・・
郡上八幡

ええっ!そしてここは郡上八幡博覧館
さらにこれは・・ 郡上紬
IMG_6124_convert_20180723164204.jpg
ミステリーなんだけど
どうしてもここに来るのかな、と(-ω-;)ウーン

郡上紬といえば・・
人間国宝の宗廣力三(むねひろりきぞう)氏

IMG_6111_convert_20180723163913.jpg
誰か「ちゃんと勉強してる?」
え?いやあの・・・(;'∀')

人間国宝の宗廣力三氏の作品が展示されていました。
IMG_6112_convert_20180723163939.jpg
ミステリーツアーなのに、偶然にしても、ここへ来るとは・・✨
(撮影は許可いただいています。)

郡上本染めについても説明していただきます。
IMG_6123_convert_20180725095604.jpg
郡上本染(ぐじょうほんぞめ)は、岐阜県郡上市八幡町特産の染物。
藍染めの一種である。岐阜の伝統工芸の一つで、1977年(昭和52年)に岐阜県重要無形文化財に指定されている.。
毎年大寒の前後に吉田川(長良川支流)で行なわれる「鯉のぼりの寒ざらし」は、冬の風物詩となっている。
(Wikipediaより)

IMG_6121_convert_20180723164226.jpg

郡上本染め
IMG_6119_convert_20180723164255.jpg


そして有名な「郡上踊り」のレクチャーを受ける。
IMG_6135_convert_20180723164438.jpg
一晩で下駄が擦り切れるんだって(*_*;
楽しかった(*´▽`*)
今度は、「郡上踊り」に参加してみたいな。

さて郡上八幡は水の町
IMG_6145_convert_20180723164526.jpg
こちらでもレンタル浴衣が人気のようで、若いカップルが浴衣で歩いていました。
若い子は何を着てもきれい。

水もきれいです。
環境省選定の名水100選「宗祇水」
IMG_6144_convert_20180723164547.jpg
風情があります。
IMG_6142_convert_20180723164501.jpg
ツアーというのは、楽で便利ですが・・
もう少しここにいたいなと思っても時間の制限があります。

さて次はどこなんでしょう?

PageTop

「冷やしちゅーる」はじめました。

猫たちにも暑さ対策が必要です。
「冷やしちゅーる」はじめました。
IMG_6296_convert_20180724083021.jpg
ゲンキ「ん?いつもと違う、冷たい♪おいしい」

冷蔵庫で冷やしておりましたので、気に入っていただけて何よりでございます。(執事風)

IMG_6297_convert_20180724083040.jpg
ゲンキ「なかなか、気がきくじゃないの」

最近、食欲のないフクちゃんもぺろりと平らげてました(´艸`*)
スープおやつも冷やしたら3猫は大喜び(=^・^=)

みんなで暑い夏を乗り越えよう(* ̄0 ̄)/


PageTop

酷暑の中のクレマチス・H・F・ヤングの3番花

暑い中、クレマチス・H・Fヤングの3番花が咲きました。
IMG_6735_convert_20180723075827.jpg
道路の照り返しもあって、ものすごく暑い中、けなげです。
実は2番花が咲いてくれたとき、写真を撮り忘れたのです、ごめんね(;´д`)

春はこんな感じでした。
1493638254523.jpg
春から秋まで何度も繰り返し咲いてくれます。
ポイントは剪定 と水やり でしょうか。

今の時期、水やりは、暑くて汗だくになって、動くまでが修行ですが、
不思議なことに動くと何でもないのです。
記録的な暑さが続いています、お身体に気を付けて。

PageTop

奄美大島「田中一村記念美術館」黒糖のお土産、大島紬、さよなら奄美大島(きもの文化検定工房見学完結)

日本中で連日38度とかの酷暑が続きます。
沖縄と奄美の気温をつい見てしまったら、本当に31度とか32度なんですね。
私の子供のころの夏はそんな気温でした。
これからこんなのが普通になるのでしょうか?

奄美では勉強ばかりで海に行ってない(:_;)、もう一度、行きた~い;つД`)


さて、奄美大島での「きもの文化検定工房見学」の最終日は、焼酎工場とお土産屋さんそして
「田中一村記念美術館」 でした。
IMG_6555_convert_20180721153700.jpg
もちろん美術館内は撮影禁止です。

素敵なデザインです。
IMG_6554_convert_20180721153735.jpg
もっとゆっくり見たかったけど時間が少なかった(>_<)
でも滋賀県の佐川美術館で観られますよ(*´▽`*)

佐川美術館 生誕110年 田中一村展←こちら
2018年7月14日から9月17日まで


おみやげには奄美産の黒糖 そして「愛加奈」という黒糖せんべい
黒糖 は外せないよね。
IMG_6588_convert_20180721154212.jpg
黒糖焼酎を試飲させていただいてすごくおいしかったんです。

が、このときスマホで関西が大雨という情報を知りました。(7月5日)
帰り、どうなのかな?大雨かも?
と思ってお酒を持って帰るのはやめました。


左は「夢おりの郷」で購入した大島紬のお財布 
右は泥染めショールの品評会でいただいたカードケース
IMG_6586_convert_20180721154145.jpg
カードケースは主人が愛用しています。
がま口財布は私が使います。

さて、名残惜しいけど帰ります。
そして奄美大島空港到着、このとき11時10分くらい?

大阪行きの便は12時5分発なので急ぎます💦
空港に「夢おりの郷」の皆さんが、作ったコースターを持って見送りに来てくださいました。
(急いでたので写真はありません)
IMG_6560_convert_20180721153801.jpg
荷物を預け・・・保安検査、搭乗ゲートへ

最近はタッチアンドゴーなので早いんですけど
以前〇国人の団体の後ろについて
危なかった経験から、飛行機は時間に余裕を持って搭乗することにしています。

さらば奄美大島、また来るまでは、しばしお別れ!
IMG_6564_convert_20180721153848.jpg
すぐに海
IMG_6569_convert_20180721153912.jpg

あっというまに大阪へ
IMG_6571_convert_20180721153931.jpg
ほんとうに奄美から大阪まで1時間半なんですね。

空港バスで帰宅します。
(このときはまだ小雨)
IMG_6576_convert_20180721154005.jpg
今は、空港バスも「ICOCA」で乗れるので切符を買わなくてもOK!
飛行機もタッチアンドゴー、空港バスもICカードで便利になりました。

楽しかった「きもの文化検定工房見学」
 36630743_1816554025103656_2631879757679034368_n.jpg
7/3、初日奄美大島空港についたとき

36502358_1816554021770323_6704192263972454400_n.jpg
初日「あやまる岬にて」 
(亡くなったアイドル猫「うにちゃん」を奄美に連れて行こうと思い、「うにちゃんトートバッグ」を持ってます。)


「奄美大島での大島紬大学入学」素晴らしい体験でした。
迷ったけど参加して良かった(*^-^*)
「夢おりの郷」
奄美まるごと情報局のサイト 
大島紬体験などについて詳しく書かれています。

社長さんの
「伝統とは常に新しい挑戦の積み重ね」をモット-に、新しい大島紬を作り続けているんです。
もっと気軽にたくさんの方に大島紬を着ていただきたい。


っていう言葉が印象的でした。

参加の皆さま、事務局の方、
そして「夢おりの郷」の皆さま本当にありがとうございました。

PageTop