FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

元伊勢・鎖をつたって登る天岩戸神社と願いが一つだけ叶う日室ヶ嶽遥拝所(元伊勢その3)

元伊勢内宮皇大神社の奥宮 天岩戸神社へ参ります。
IMG_8200_convert_20181130122323.jpg

御神体は、背後にそびえる日室ヶ嶽です。
日室ケ嶽は、富士山、伊吹山などの霊峰とレイラインで結ばれる禁足地で、神が降臨した山と伝えられます。

IMG_8201_convert_20181130184159.jpg
日室ヶ嶽は、ピラミッド型をした円錐形で、神聖な禁足地です。
霊峰独特の畏れ多さを感じることができる存在感があります。
ここは願いが一つ叶うという、一願成就の遥拝所でもあります。

一願成就ですかっ(*_*;

基本的に普段は神様に願い事はせずに感謝だけを申し上げていますが、ひとつお願いさせていただきました。
それは秘密です


かなり歩きましてここに到着
IMG_8204_convert_20181130184220.jpg
ここを降りるのですね。


上から見ます、えっあそこですか?
IMG_8205_convert_20181130191120.jpg

上から見た風景、アップ!
IMG_8206_convert_20181130184257.jpg

ここ天岩戸神社は神々が降り下った場所だそうです。

IMG_8207_convert_20181130184320.jpg
岩戸渓谷

ここを登るのですか( ゚Д゚)!
IMG_8210_convert_20181130184344.jpg
なんでこんなところに神社があるねん?


くさりを持って這い上がるのです!
IMG_8211_convert_20181130184410.jpg
ひー・・・(;^ω^)

体験記を読んでいたので
絶対に無理だと思った連れ(主人)が簡単に登った!(*_*;
IMG_8212_convert_20181130184434.jpg
ええっ!そんなばかなっ(*_*;
くっすんより
体力がないのに、なぜ?


IMG_8213_convert_20181130184449.jpg
これも神の力なのかっ!

私も負けていられないわ。
IMG_8215_convert_20181130184509.jpg
登頂!

おかげさまで、天岩戸神社へ参拝できました。
神様、ありがとうございました。

残念ながら、ここの社務所は年に、2、3回しか空いていないそうでこの日も空いていませんでした。
そこへ地元の方が、
「あの奥にはなあ、洞窟があって、祭りのときに地元の若いもんは奥に奥に入っていくんやで~」
と教えてくれました。

ええっ・・・(゚△゚;ノ)ノ
やはり、天岩戸だけあってそんな洞窟が・・・こわいので行けませんが、すごい神秘です。

福知山の元伊勢三社は、伊勢神宮とのつながりも感じさせるすごいパワースポットでした。

福知山にこんなすごい場所があるなんて知りませんでした。
風光明媚なところですし、聖地です。
ぜひ一度は行かれることをおすすめします(*^-^*)

PageTop

京都・福知山の元伊勢内宮・皇大神社は神聖なパワースポットだった( ゚Д゚)(元伊勢その2)

元伊勢・外宮の次に参拝するのはもちろん
元伊勢・内宮・皇大神社です。

伊勢神宮と同じく、外宮の近くにあります。
やってきました~!!(^^)!
IMG_8182_convert_20181130121440.jpg

手前に駐車場がありまして、
無人で「500円入れてください」と書いてあるだけです( ゚Д゚)
もちろん、ちゃんと500円入れました。


こちらです。
IMG_8183_convert_20181130121513.jpg
美しい(*'▽')
すがすがしい気が流れています。


いいですね~。
IMG_8184_convert_20181130121533.jpg
大昔、こちらにアマテラスさまが鎮座されていたのです。


入ってすぐに右にこの社務所がありました。
IMG_8217_convert_20181130121615.jpg
こちらは、皇大神社ではなくて岩長姫(イワナガヒメ)をお祀りした神社の社務所です。
帰りに御朱印をいただきました。

さあ、皇大神社へ参ります。

すごい階段はいつものことです(;^ω^)
220段あるそうですが、神倉神社に比べたら、たいしたことないです。
IMG_8185_convert_20181130121650.jpg
私は階段とか山登りが大好きですから~
きゃ~楽しい~(^O^)

誰もいないし、紅葉もきれいです。
IMG_8186_convert_20181130121713.jpg
京都府でも福知山なら人も少なくて自然豊かでいいですね。

階段はまだまだ続きます。
IMG_8187_convert_20181130121736.jpg
ほんとうにすがすがしい、心身ともに清められます。
深呼吸します。

大きな木が見えます。
IMG_8188_convert_20181130121904.jpg

天上の木10選
IMG_8190_convert_20181130121950.jpg

元伊勢内宮皇大神社の麻呂子スギ 
IMG_8189_convert_20181130121929.jpg

やっと菊のご紋が見えてきました(*´▽`*)
IMG_8191_convert_20181130122019.jpg
この鳥居は・・・・黒木の鳥居と言われ、全国でも非常に珍しいのだそうです。
外宮もそうでしたが撮り忘れました(;'∀')

元伊勢内宮皇大神社
御祭神 天照皇大神 

IMG_8192_convert_20181130122042.jpg
御由緒
なになに・・・

人皇第10代崇神天皇三十九年(紀元前五十九年)に
「別に大宮地を求めて鎮め奉れ」との皇大神の御教えに従い
永遠(とわ)にお祀りする聖地を求め
皇女豊鍬入姫命御え代となり給い
それまで奉斎されていた倭の笠縫邑を出御された。
・・・・
まず、最初にはるばると丹波(のちに分国、ここは丹後)へ御遷幸になり、
その由緒により当社が創建されたと伝えられている。
皇大神は、四年ののち倭へおかえりになり、諸所をへて、
五十四年後の人皇第十一代垂仁天皇二十六年に、
伊勢の五十鈴川上に永遠に御鎮座になった。


と書かれております。


こちらが元伊勢内宮皇大神社の拝殿ですm(__)m
IMG_8194_convert_20181130122133.jpg
これだけの神社ですのに人がいない静かで神々しい神社です。
参拝させていただき、ありがとうございました。


さざれ石
IMG_8195_convert_20181130122207.jpg
君が代は千代に八千代に
さざれ石の巌となりて
苔のむすまで


記帳もさせていただきました。
IMG_8199_convert_20181130122257.jpg
厳かな気が流れる元伊勢・内宮・皇大神社

私、福知山といえば、何度も走った福知山マラソン、大江山登山マラソンしか知りませんでした。
自分の無知を恥じるばかりです(;^ω^)
境内は摂社も他にも見どころがありますが、割愛させていただきます。
ぜひ、ご自分の目で見てください。


岩長姫の御朱印
IMG_8355_convert_20181130130134.jpg

元伊勢・内宮・皇大神社の御朱印
IMG_8354_convert_20181130130107.jpg
こちらの社務所は常に人がおられます。

外宮も内宮も皆さん親切で、
「ようお参りくださいました」と優しかった。
ありがとうございます。

御神体日室が嶽・遥拝所と皇太神社の奥宮の天岩戸神社のほうは次にします。
さあ、つぎは天岩戸神社
これが、断崖絶壁の上にありまして
クサリを持ちながら這い上がっていかねばならない難所なんです。
楽しみ(* ̄▽ ̄)♪

さあレッツゴーGOGO♪

PageTop

大江・元伊勢神社外宮(豊受大神社)へ(元伊勢三社巡りの旅その1)

元伊勢三社(大江・元伊勢神社外宮(豊受大神社)・大江・元伊勢神社内宮(皇大神宮)、天岩戸神社、宮津・元伊勢籠神社へ参拝してまいりました。


まずは
大江・元伊勢神社外宮(豊受大神社)
IMG_8168_convert_20181129160006.jpg
ご祭神 豊受大御神

先日ブログで書いた近畿の五芒星の一つがここです。
過去記事こちら→「平城京を護る近畿の五芒星と元伊勢」

こちらは標識もあまりなくて、なかなかたどり着くのに苦労いたしました(;'∀')
周りには土産店や食事する場所は何もありません。
静かな静かな場所です。


福知山十景・元伊勢三社
IMG_8166_convert_20181129161202.jpg
元伊勢三社とは、大江・元伊勢神社外宮(豊受大神社)・大江・元伊勢神社内宮(皇大神宮)、天岩戸神社 を言います。   

ついたときは、平日だから?
社務所に誰もいなくて
車を駐車所に停めると、そちらで日向ぼっこをしておられたおばあさんが
「御朱印いりますか?」
と声をかけてこられたので
「はい、お願いします」
「社務所に置いていって」
「お代金は・・」
「あとでいいよ~」
と言われたので、御朱印帳この下の写真の右の社務所において参拝させていただきました。
あのおばあさんが、この神社の守り人だったのですね✨

IMG_8177_convert_20181129160038.jpg

私が社務所のおばあさんと話をしている間に、連れがさきさき行ってしまいました(;'∀')
IMG_8164_convert_20181129163530.jpg
すごい階段があるのはお約束です。

参拝順路どおりに参拝
IMG_8165_convert_20181129161038.jpg

おお~あれが本殿ですm(__)m
IMG_8167_convert_20181129161104.jpg
本当にこれたんだわと感慨深いです(T_T)
静かで、清らかな気に満ちています。

空気が澄んでいい気持ち(*^-^*)

IMG_8172_convert_20181129161133.jpg
伊勢神宮と同じ神明造

龍燈の杉
IMG_8173_convert_20181129161231.jpg
樹齢1500年を超える神木です。
伊勢神宮ではご神木に抱きついてる人が多いですが、マナー違反はだめですよ。

IMG_8174_convert_20181129165712.jpg
道を間違えたとき、もう駄目かな?呼ばれてないんかな?と思ったけど
参拝させていただいてありがとうございましたm(__)m



ところで
元伊勢とは?

元伊勢神宮(もといせじんぐう)とは
伊勢神宮が伊勢の現在地に着座するまでに遷座した時に各地に分祀して残された元伊勢と云われる神社群であるが、
特に丹波国(後に丹後国、現京都府福知山市大江町)に着座した皇大神社と豊受大神社はそれぞれ元内宮と元外宮と伝わり、これらが近接してあるので、大江町の二社を総称して元伊勢神宮ということがある。
また、同地内の岩戸山という異称を持つ日室ヶ嶽の麓には天岩戸神社があって、これらで元伊勢三社ともいう。

(Wikipediaより)

かんたんに~♪
天照大御神様(アマテラスさま)、もとはオオモノヌシさまと同じく三輪山に祀られていたのですが、仲が悪かった!
職場でも家庭でも仲が悪い二人がいると嫌な空気が流れます(;^ω^)
神様ならなおのこと、
人間世界にも悪影響
けっきょく・・・
日本国で疫病が大流行(>_<)

そこで、崇神天皇(すじんてんのう)の妹であるトヨスキイリヒメが草薙の太刀、八咫鏡を持ってアマテラスさまを三輪山から連れ出し、旅に出たのです。

その後、崇神天皇が亡くなり垂仁天皇(すいにんてんのう)の娘、ヤマトヒメが斎宮となって鏡を持って旅をして今の伊勢神宮へお連れしたといわれています。
今の伊勢の地でアマテラスさまが「ここにする」と言われるまでこの間、約90年かかっています。

いや、マジで皇室に生まれた宿命といいますか・・
古来より和宮さまといい、皇室の方というのは、自分のことより日本国のことを考えておられるのですね🙇

黒田清子さまも今は伊勢神宮の祭主として日本のために祈りをささげておられます。
過去記事「伊勢神宮に参拝、奇跡のようなありがたい偶然に感謝」←こちら


御朱印
IMG_8353_convert_20181129161308.jpg
ありがとうございました。

では、つぎに元伊勢神社内宮(皇大神宮)へ参ります。
いや、こちらの天岩戸神社ってすごかったです(;'∀')
こうご期待(*^-^*)


PageTop

「宝塚北サービスエリア」はまるで宝塚みたいで、すごかった( ゚Д゚)

北近畿の元伊勢三社参りとカニ&温泉旅行へ行ってきました。

帰りに前から行きたかった
宝塚北サービスエリア
へ寄りましたら(今頃ですみません)
IMG_8314_convert_20181128173325.jpg
すごい( ゚Д゚)

宝塚大劇場みたい(*'▽')
IMG_8315_convert_20181128173400.jpg
すてき~Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
旅行の帰りで本来は最後なんですが、まずこちらをレポします。


中も普通のSAとなんだか違いますよね(;^ω^)
IMG_8316_convert_20181128173444.jpg

お手洗いは撮影禁止だったので画像はありませんが
広くて、ものすごくきれいです(*_*;
大劇場より広くてきれいです。
すてき~~

敷地も広いので、ロボットが案内をしてくれます。
IMG_8318_convert_20181128173532.jpg

宝塚のお衣装の展示も・・・
IMG_8321_convert_20181128173623.jpg

宝塚と言えば、手塚治虫
「リボンの騎士」のサファイアちゃんです。
IMG_8322_convert_20181128173649.jpg
・・・(゚△゚;ノ)ノ
こんなSAはじめて(;^ω^)

なんだかうちの窓と似ているので親近感があって、行ってみたらお手洗い
IMG_8328_convert_20181128173836.jpg
中は本当に広くてびっくりするくらいきれいでした。

宝塚大劇場よりきれいなお手洗いだし、
女性用、男性用、身障者用とあるのは、今では普通ですが、ファミリー用トイレもありました。

中から出てきた方は
「なんなのここ、ものすごく広くてきれいなのよ」と言って出て行かれました。
掃除が行き届いていて美しいのです

さすがは宝塚の名を冠したSAです( ゚Д゚)
「清く正しく美しく」

敷地も、すごく広いです(;^ω^)
IMG_8329_convert_20181128173905.jpg
ここはどこですか?(;'∀')


レストランも「タカラヅカキッチン」などもあって
IMG_8326_convert_20181128173804.jpg
お腹がすいていたら食べたかった(>_<)

IMG_8327_convert_20181128173930.jpg
レストランもなんだか普通のSAと雰囲気が違います。
照明もシャンデリア‥(-_-;)


おみやげも
ベルサイユのばらのお土産
IMG_8320_convert_20181128173559.jpg

ベルサイユのばらカレー
IMG_8325_convert_20181128173738.jpg
今頃ですみませんが、すごかった( ゚Д゚)

宝塚ファンなら、一度は行ってみる価値はあると思います(*^-^*)

PageTop

グレーのニットにストールをミラノ巻きコーデ(^^♪

昨日のスカーフに続いて
Uネックの薄いグレーのニットにピンクのカシミヤのストールをコーディネートしてみました。

ミラノ巻き
IMG_8156_convert_20181126161120.jpg
このピンクのストールは娘に
「いい年をしてピンクなんて!」と言われて封印していたものです(涙)
ただそのころは私、まだ39歳くらいだったと思いますが、娘というものは母には厳しいです。
;つД`)

その娘も成長し、結婚して家を出たのでピンク解禁(笑)
このニットは去年阪急でスタッフさんのおすすめで購入したのですが、いいですね。

さあ、ミラノ巻きいってみよう(^O^)/
IMG_8157_convert_20181126161142.jpg
普通に巻きます。

IMG_8158_convert_20181126161200.jpg
ループの下から手を入れ、タレ(?帯結びふうに「タレ」とします(笑))を通す。
(着付師の資格があるので、ついつい着付け用語になりますが、ご容赦をm(__)m)

IMG_8159_convert_20181126161227.jpg
こんな感じです。

あとは形を整えると一番上の感じになります。
IMG_8156_convert_20181126161120.jpg
もちろん、マフラーでも使えます(^^)v
あ、いいかんじ(*^-^*)
新しく買わずにすみました(*´▽`*)

そして、シルクストールです。
去年の4月に「ぬぬパナ」で購入した、シルクストール、ヘビロテでもう2回もクリーニングに出しています。
IMG_8160_convert_20181126161245.jpg
※シルクの場合は、結ぶ前にヒダ(振袖の帯結びのアコーディオンのようなヒダ)をつくるともっと美しい。

写真が下手なので(涙)
この画像ではよくわかりませんが、
絹のフィブロインがプリズムの役割を果たし、光が当たるとキラキラ
レフ版効果 があります。
しかもシルクはあたたかい。

女性にはうれしいです(* ̄▽ ̄)♪
タートルネックのチクチクが苦手な私でもシルクは肌触りもよく年中使用可能です。
上質なものを買っても使用頻度を考えるとお得だと思います。

レフ版効果を得るなら、もっとキラキラしたストールのほうがいいかもしれません。
私も今度はそういうシルクストールを買おうかしら(*´艸`*)

PageTop