FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

金剛山登山(その3完)「葛木神社へ向かって走る」そして「葛木一言主の神様」

金剛山登山その2の続きです。

金剛山の国見城跡広場から
葛木神社へ向かって走る!

あと10分しかない!
IMG_1158_convert_20190629143702.jpg
時間ないよ、走れ~!

けっこう遠い・・。
帰りの時間もあるから3分で着かないと!

これでも学生時代は短距離の選手だったからね。
走れないと今回の参拝は無理だった!



走っていたら見えてきた(^O^)!

金剛山の最高地点は葛木神社です。
IMG_1159_convert_20190629143641.jpg
(帰りの道で撮ったものです。)
もうちょっと!

走れ~!

あまり写真を撮る時間が無かった。
ブレも許してm(__)m

IMG_1164_convert_20190629143828.jpg
福石 

一言主の神様~、やっと着きました
心臓バクバクですけど・・・
IMG_1163_convert_20190629143740.jpg

金剛山 葛木神社

ご祭神
葛木一言主
楠木正成
後醍醐天皇 


御神徳
善きことも悪しき事ただ一言宣えば叶う神
 

IMG_1160_convert_20190627140041.jpg
危うくダメかと思いましたが
参拝できて感無量です。
ありがとうございます。


一言の願いをかなえてくださるとのことで
一言お願いを申し上げました。


実はこちらに参拝したかったのは理由があります。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

若いころからの愛読書
私の古典シリーズ1 集英社
田辺聖子著「古事記」
から引用

少し私が書き直しています。

雄略天皇が狩に御登山された時、
葛木一言主神とご会見されたときのお話です。


・・・

あるとき雄略天皇が葛城山(この葛城山は今の金剛山のこと)へお登りになったときである。
お供に従う多くの官人たちみんなは

赤い紐(ひも)をつけた 青摺(あおずり)の衣 を頂いて着ていた。

そのときやはり山へ登る人々がいた。
天皇は自分の衣服や行列の一行とまったく相手が同じであったので不思議に思われ

「この大和の国には私をおいてほかに大王はいないはずだ、私と同じように行列をつくってくものは誰であるのか」

と問われると相手も
まったく同じように問い返してきた。

天皇は大いに怒られ弓に矢をつがえ、
官人たちもみな矢をつがえた。

すると相手も同じように弓矢を取り出し身構えてしばらくの間緊迫した状態が続いたが、

天皇が再び「あなたは誰ですか」と問われると、
そこではじめて向こうは答えた。

「私は凶事(まがごと)も一言(ひとこと)
吉事(よごと)も一言でお告げする神
言霊(ことだま)の呪力(じゅりょく)をつかさどる神、
葛城の一言主大神(かずらぎのひとことぬしのおおかみ)であるぞ」



と答えた。
相手が一言主大神であることを知られた雄略天皇が

「恐れ多いことです、私は大神様が、この世の人と同じようなお姿でご出現になられるとは存じませんでした」

とおっしゃると、お供の人々に与えた衣服を脱がせ、また自分から腰につけていた太刀と弓を取りはずした。
そしてそれらの品物を一言主大神に奉ると大神はお礼の手を1回たたいて物を受け取られた。

天皇がお帰りになられる時大神は長谷の山の入り口まで送られた。

そして以後雄略天皇は一言主大神を深く崇敬されたとのこと(『古事記』より)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


雄略天皇が猪狩に御登山された時、葛木一言主神とご会見され、また猪を蹴り殺されたという記紀ともに残る名高いお話の場所である
「葛木神社 摂社 矢刺神社」は雄略天皇を奉祀されています。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

記紀で、雄略天皇が一言主大神と出会われ
葛城山で猪を蹴り殺されたというお話は有名なお話ですが・・・

金剛山

実は、葛城山での話と思っていたのです。
葛城山という呼称は、昔は金剛山と葛城山(大和葛城山)との総称として用いられたそうです。
このお話の舞台はここだったのね(*'▽')

歴史好き、神話好きのものには憧れの場所


神社にありました。
書き留めておきます。

IMG_1162_convert_20190629143806.jpg
夫婦のことですね。

二十代は愛で
三十代は努力で
四十代は我慢で
五十代は諦めで
六十代は信頼で
七十代は感謝で
八十代は一心同体で
そしてそれからは空気のようなふれ愛で・・


肝に銘じますm(__)m


その後、集合時間まで4分くらいしかないので
あわてて走って広場まで戻り間に合いました(^_^)v

帰りは登山道の階段道を帰りました。

金剛山は歴史の宝庫
楠公城跡
IMG_1167_convert_20190629143940.jpg
私が尊敬する楠正成公
行きたかったけどツアーなので行けませんでした


アジサイとユリ
IMG_1166_convert_20190629143919.jpg

帰りの休憩場所での
ウルトラマンとバルタン星人
IMG_1165_convert_20190629143855.jpg
人生も山も苦しみも喜びもあと半分


葛木神社の御朱印
IMG_1171_convert_20190629164126.jpg


次に来るときは個人で
もっとゆっくりと参拝したいと思いますが
今回はツアーのおかげで来れたのです。
皆様ありがとうございました。

今度は主人も行きたいそうですが
主人は登山する体力がないので
ロープウェーが運行すれば行きたいと思います。

これで金剛山登山は終わりです。
読んでいただいてありがとうございました。


PageTop

金剛山登山(その2・登頂)

金剛山登山その2

細尾谷ルートを登ります。
IMG_1132_convert_20190627133518.jpg
自然の中はいいですね~。
リフレッシュできます。


こちらは普通の登山道より楽なんですって・・・
ガイドさんより・・・

金剛山は初めてなので
今回もツアーに参加しています。
IMG_1137_convert_20190627133544.jpg
金剛山は水が豊富です。


こんな根っこのところもあり
階段の普通の登山コースよりは面白いです。
IMG_1138_convert_20190627133609.jpg
ただ、マラソンをしていた私には
歩く速度が遅く感じます。
でもツアーで連れて行ってもらっているのですから合わせます。

IMG_1139_convert_20190628115607.jpg


今回は初級Aコースで女性が多く
そのせいか、けっこう休憩時間が多い
IMG_1142_convert_20190628115637.jpg
山頂まであと少しのところで
はぁ~お茶会ですか
・・・( ^^) _旦~~

ありがたいのですが
ここで30分も休憩していたので
山頂での時間が

・・・20分(-_-;)  しかない


そのため、後で一人で葛木神社へ
ゼーゼー言いながら走って
タイムトライアル参拝をすることになる。



しかも、雨と雷の注意報が出たので
降ってないのにガイドさんが
「山頂行くのやめましょうか?」
とまで言い出して・・・
(ツアー会社としては安全第一だから仕方ありません)

まあ~だいたいわかったので・・

金剛山は今度から絶対に個人で来る!

と固く決意!
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

山頂での神社仏閣参拝が目的の人には
登山ツアーはダメダ(-ω-;)


ブナが美しい
IMG_1144_convert_20190628115704.jpg


IMG_1147_convert_20190628115747.jpg
大変お疲れさま

IMG_1152_convert_20190627133123.jpg
ということで
金剛山国見城跡へ到着(^_^)v


ここから摂津・河内・和泉の国々が見渡せることから「国見」と呼ばれた名勝です。
山頂看板に1125Mとありますが、

本来の山頂は
葛木神社社殿の神域にあり、立ち入りができないので国見城本丸跡に山頂看板があります。


金剛山頂
やっぱりここで記念撮影


大阪の気温はこの日は31度でしたが
金剛山頂は20度です(@_@)
IMG_1151_convert_20190628115948.jpg
皆さんは、ここでライブカメラで撮影
金剛山頂にはライブカメラがあります。


集合時間まであと少ししか時間がない・・(-_-;)

ウルトラマンの心境( ;∀;)・・・

さて、次のミッション
20分間に
①お手洗い
②御朱印
③神社参拝

をすませなければならない・・。

ここまできて
転法輪寺は泣く泣く諦めるも(T_T)

葛木神社参拝をあきらめるわけにはいかない!

すばやく①と②は先にいただきました。
が、あと10分しかない😨
絶体絶命…😵
もう走るしかない🏃


葛木神社に向かって走れ!


神社は山頂にあるから結構距離がある。

無事に参拝して
一言主の神様にご挨拶はできたのか?
その3につづきます。

PageTop

金剛山登山(その1)

金剛山へ登ってきました。
IMG_1152_convert_20190627133123.jpg
金剛山(こんごうさん、こんごうざん)は、奈良県御所市と大阪府南河内郡千早赤阪村との境目にある山です。
かつては高間山・高天山(たかまやま)や
葛城嶺(かづらきのみね)といわれていました。

金剛生駒国定公園

金剛山頂 
海抜 1125メートル
2019年6月26日(水) 


一日違いで大違い、今日なら雨で中止です。
運が良かったです!(^^)!


若いころ、「宇宙皇子(うつのみこ)」藤川桂介作
の歴史伝記ファンタジーのファンでした。
金剛山、葛城山、役小角、大好き💛


金剛山は、以前から登ってみたかったのですが、
今までご縁がありませんでした。
が、やっと夢がかない金剛山へ登って

頂上の葛木神社の一言主の神様
にご挨拶ができました。

雄略天皇と一言主の神様の
有名なエピソードが記紀にあります。


葛木神社
IMG_1160_convert_20190627140041.jpg
(葛木神社の詳細はのち程・・・)


金剛山転法輪寺
IMG_1150_convert_20190627140019.jpg

665年(天智天皇4年)今から約1300年前、
役行者(えんのぎょうじゃ)は16才のときに金剛山にて霊気を感じ、長い修行の後、金剛山頂に金剛山転法輪寺を建立しました。

その際、自身の祖神である一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)を祀る葛木神社を鎮守としてあわせ祀り、金剛山を神仏混淆の霊峰としたのが始まりとされています。
最高地点は葛木岳(かつらぎたけ)といい、御所市の葛木神社の本殿の裏にあるが、神域となっており立ち入ることはできないため、国見城跡の広場が山頂扱いされている。
(Wikipediaより)


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

さあ、レッツゴー
今は、ロープウェーは運行していませんので自身の足で登るしかありません。


まずは南海電車で
河内長野駅へ到着
そこから南海バスに乗ります。

南海バス・一日フリーカード
IMG_1115_convert_20190627133200.jpg
片道約30分から40分

登山口に着きました。
IMG_1118_convert_20190627133226.jpg
ここから歩いて登ります。
(注:今はロープウェーは運行していません。)


今回は、よくテレビに出ている階段の登山道ではなく細尾谷ルート
IMG_1121_convert_20190627133323.jpg
黄色い線のラインが今回のルートです。

伏見峠
IMG_1124_convert_20190627133349.jpg

IMG_1126_convert_20190627133416.jpg
さあ、細尾谷ルートからがんばって頂上を目指します。
金剛山その2へつづく・・・


PageTop

二度目の宝塚雪組「壬生義士伝」観劇♪

二度目の宝塚雪組「壬生義士伝」観劇
壬生義士伝観劇
二回観劇するのはわかっていたので
次は着物でと思っていました。


南部紫根染の着物を着たいところですが
持っていません(T_T)
なので、なんとなく似ているものを・・・
壬生
着物:くるり 夏キモノ 麻の葉 
紫色が気に入っています。

劇場のスタッフの方に撮っていただきました。
IMG_1112_convert_20190624202405.jpg
二回目ですが初回より、感動しました。
最初よりグーンとハートにきました。
やはり雪組の皆様の演技力のなせるわざでしょうね。

劇中の「芝居ごころねえなあ」
ってセリフ面白い( *´艸`)

今回の連れはこの公演は初めてで
「どうかな?」と思ったけど
「壬生義士伝」良かった~と言ってもらえて
私も(´▽`) ホッ

東京の知人に
「『壬生義士伝』良かったよ」
って宣伝していましたよ📱


今回は友会の良い席で
しかも月組の方々が近くに座られ(ラッキー)
一幕の後で泣いておられました。

そして二回目でも私も泣きました😢
ショーも前回観たときより素晴らしくて
2回観て本当に良かったです。



今回は、なんと10人以上の着物の方を発見( ゚Д゚)
私も直前まで迷ったのですけど
着物を着るとシャンとしたような気がします。


着物を着る機会を少しずつ
増やしていけたらいいな(#^.^#)

今回はショーの時にジェンヌさんに
いっぱいハイタッチしてもらえました。
しあわせでした+゚。*(*´∀`*)*。゚+


PageTop

浴衣の帯結び「パタパタ結びの結び方」(^^♪(今年もアップ)

浴衣の時期なので
「パタパタ結び」 を再びアップ♪
IMG_6290_convert_20180629170034.jpg

詳しい結び方は過去記事にアップしています。
↓こちら
 「浴衣にぜひ、パタパタ結びの結び方」←クリックしてね。


それと追記
過去記事では
帯揚げを使用しています。
ですが・・

★帯揚の代わりに、
100円均などのスカーフなどで
代用してもいいと思います。
暑いし、汗だくになりますものね。



あ、でもこの結び方だと
「どうなってるの?」と後ろから触られたり
することもあるかもしれませんのでご注意くださいませ(#^.^#)
(経験あります💦)


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


私は残念ながら・・・(;'∀')
ユカタを着る予定は
今のところありません。

・・・(* ̄- ̄)
IMG_1007_convert_20190623144800.jpg
フク「ママはどこにいくのかな?」


IMG_1078_convert_20190623145403.jpg
ルイ「家にいてくれるほうがいいけど・・・」


IMG_0995_convert_20190623144740.jpg
ゲンキ「ふっ、また山へ行くらしいわよ。
いつも走ってて、マグロみたいね、ふっ」


皆様、ユカタで花火大会や
夏祭りを楽しんでください(#^.^#)


PageTop