FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

「お大師様への手紙」というシステムは素晴らしい(#^.^#)

高野山レポのラストです。
最後は奥の院へお参りしましたが、こちらのことはいろんなところで詳しく書かれていますので割愛します。
奥の院の奥の弘法大師さまの御廟の左に
 「弘法大師様へのポスト」があります。

何十回も高野山へ来てるけど、気がつかなかったわ~(;´・ω・)

ポスト
(撮影は禁止なので、金剛峰寺のHPから借用しました。)

心に抱えるさまざまな思いを手紙にして、お大師さまに聞いてもらいませんか-。
高野山真言宗総本山・金剛峯寺には弘法大師・空海さまにあてた手紙を受け付ける

「お大師さまへの手紙」という制度があります。

届いた手紙は、弘法大師御廟のそばで1年間保管されます。
真言宗の教えでは、弘法大師・空海さまは高野山奥の院の御廟で生きたまま入定(永遠の瞑想)し、今もなお人々に救いの手を差し伸べておられます。

金剛峰寺によると 人と人との関係が希薄となった世情を踏まえ、悩みや苦しみを一人で抱え込んでしまった人々の力になろうと企画されたそうです。
うれしかったことや楽しかったことなども含め手紙の内容は問わず、秘密は厳守される。
住所や氏名を書かなくてもいいのです。
届いた手紙は法要を営んで開封し、御廟前に置かれたポストに保管。
1年後に焚(た)き上げを行う。

※ただ、空海様にご縁をもらいたいという方は、桜井識子さんの本では住所と名前を書いた方がいいと書いてあります。
これはどちらでも(#^.^#)
、書き方お大師さまへの手紙

お大師さまへの手紙←金剛峰寺のサイト

さまへの手紙お大師

きっと、心の中にお返事をくださるのだと思います。

他人に言えない悩みとかも弘法大師様に手紙を送ることによって
お大師様へ届けていただけるんですね。
素晴らしいシステムだと思います。

私も悩み多き若いころにこのような制度を知っていたら良かったな~(*''▽'')

今回の高野山レポはこれで終わります。(#^.^#)
読んでいただいてありがとうございました。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する