第5回熊野古道、牛馬童子口から小広王子その2 (安倍晴明もここまで来たのね)

第5回熊野古道のその2です。
中辺路(なかへち)、近露(ちかつゆ)王子から野長瀬一族の墓へ参ります。

これは、熊野古道のあちこちでよくみかける
高野槇(こうやまき)の木です。
名は、高野山真言宗の総本山である高野山に多く生えていることに由来し、高野山では霊木とされています。
IMG_2645_convert_20171103143624.jpg
うわ、おっきい~(*_*; 
電線の上じゃない?(*_*)

秋篠宮悠仁さまのお印でもあります。
私も高野槇は大好きでこの地紋の色無地を誂えました。
お墓にもお供えしますが・・・でもうちの近所の花屋で買うと結構高いんです(>_<)

こんなにいっぱいあるなんて・・・・
ああ、持って帰りたい・・(-_-;)

こちらが 野長瀬一族の墓です。
IMG_2637_convert_20171103143536.jpg
この地域は大阪府の千早赤阪村と仲良しなんですって・・
なぜかというと、この一族は「太平記」によると後醍醐天皇のために戦った楠木正成公に兵糧を送ったりしていたんですね。

IMG_2636_convert_20171103143513.jpg
埋もれていたお墓は最近発掘されたそうです。

熊野古道を歩いて私が尊敬している楠木正成公のお名前が出てくるとは!(*_*;
以前湊川神社の茶会の記事で書きましたが、
楠木正成公は
 「七たび生まれ変わっても朝敵(天皇家の敵)を倒す」
と誓い無念の最後を遂げられました。
大楠公の大ファンなのです(*''▽'')

熊野古道を歩くといろんな歴史の発見があります。
IMG_2649_convert_20171103143729.jpg
今回は少ない山登りです。
個人的にはラクすぎて少し物足りないです。

またまた歩いていたら「乙女の寝顔」 です。
IMG_2641_convert_20171103143436.jpg

どうですか?乙女の寝顔に見えますか?
IMG_2638_convert_20171103143408.jpg
案内人によると、若い女性が来ると恥ずかしいから曇ってよく見えないそうですが

今日は若い女性がいないから恥ずかしくないのか(笑)、はっきり見えますね(笑)

案内人(語り部)のヤスエさんは、綾小路きみまろなみに面白い方でみんな大笑い(笑)

近露王子から比曽原王子へ
IMG_2648_convert_20171103143659.jpg

ひとり娘は野中にやるな・・という記念碑がありました。
IMG_2668_convert_20171103144042.jpg
水道がとおっていないので水くみが大変で苦労するから・・・ということです。
今は水道はそんなことないですが、子供が少ないのでやはりお嫁さんに来る人も少ないそうです。

ところで・・・
日本オオカミの最終生息地ってどこだと思います?
私もずっと信州だと思っていました。
IMG_2663_convert_20171103143903.jpg
実は、ここ紀州(和歌山県)なんですよ。
ええっ(*_*; そうなの?

IMG_2665_convert_20171103192615.jpg

湯の峰温泉、川湯温泉も近いです。
IMG_2673_convert_20171103144128.jpg
今年の秋、小栗判官ゆかりの日本最古の温泉「湯の峰温泉」へ行く予定でした。
予定変更で、これは来年にゆっくりと参ります(#^.^#)

IMG_2674_convert_20171103144148.jpg
24から33まで歩きました。

古くから知られた名水 野中の清水
IMG_2678_convert_20171103144239.jpg
熊野詣を歩く旅人がここでのどを潤した場所。
もちろん、いにしえの熊野詣の上皇様たちもです。

環境庁の名水100選にも選ばれています。
IMG_2677_convert_20171103144215.jpg

 いにしへの すめらみかども 中辺路を 超えたまひたり のこる真清水

という歌人 斎藤茂吉の歌碑があります。

IMG_2683_convert_20171103144322.jpg
ペットボトルに汲んで、家に持って帰って、主人とネコたちに飲んでもらいました(#^.^#)
冷たくておいしい水でした。
車で汲みに来たひとも何人かおられました。


野中の一方杉
IMG_2693_convert_20171103144430.jpg
熊野大社を拝むように一方の方向を向いています。

実はこのあたりの古い木が残っているのは
南方熊楠のおかげなのです。

明治維新によりは神仏分離や廃仏毀釈が行われました。
いろんな文化財が廃棄され、海外へ流出しました。
鎮守の森の木々も伐採され。。ここもあわや・・(>_<)
南方熊楠らが「神社合祀」により神社の木々が伐採されることにより生態系が破壊されること憂いた「神社合祀反対運動」
によって少しは守られました。
自然保護運動のさきがけだったのですね。


継桜王子
IMG_2697_convert_20171103144507.jpg

熊野古道パンフレットに載っている 「とがの木茶屋」
IMG_2708_convert_20171103144616.jpg

このわらじ・・昔から売っていたそうですが・・
二足で三文だったのです。 
作るのは手間がかかると思いますが、安いですね。
IMG_2703_convert_20171103144555.jpg
ということで、二足三文の由来はここだそうです。

(゚△゚;ノ)ノええっ
そうなんや~(;´・ω・)
こちらは、皇太子殿下行啓の地です。
IMG_2690_convert_20171103144403.jpg

秀衡桜(ひでひらざくら)です。
IMG_2717_convert_20171103144735.jpg
奥州の藤原秀衡も熊野詣に来たんですよ。


あの安倍晴明も来ていたんですね。
安倍晴明の腰かけ石
IMG_2719_convert_20171103144819.jpg
IMG_2720_convert_20171103144837.jpg
当時は病気は、悪い物が憑いたという考えですから
上皇様の具合が悪くなったとき都から安倍晴明を呼んだとか・。
安倍晴明はこの石に封じ込めたとか・・。
さすがに中辺路は歴史のエピソードに事欠きませんな。

やっと中川王子、小広王子に到着しました(*^▽^*)
IMG_2722_convert_20171103144856.jpg

IMG_2733_convert_20171103145008.jpg
番号道しるべは40まで歩きました。
これで、第5回、熊野古道、中辺路、「牛馬童子口から小広王子」は終わりです。
読んでいただいてありがとうございます。

11月は小広王子から発心門王子、そして12月にやっと熊野本宮大社 です。
あと2回、最後までがんばります(^_^)v

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ruiruitomidori

Author:ruiruitomidori
着物から初めたブログでしたが、最近は神社仏閣巡り、登山にはまっています。


⒈キモノは某大手きもの学院での「着物着付け教授」の看板を所持。
同学院のプロ科の最終課程を終了し、日本和装協会認定の「着付博士」「和装プロデューサー」「時代衣装着装士」の資格を所有しています。

2.ローズガーデンの受賞歴
[花とみどりの街づくりコンクール」で都市緑化協会会長賞を受賞。

「楽天バラの家」の「フェイバリットローズコンテスト」のガーデン部門準グランプリを受賞

「全国ガーデニングコンテスト」でブロンズメダルを受賞。

3.ハーフマラソンのベストタイムは1時間37分
 フルマラソンのベストタイムは3時間34分
 70キロウルトラマラソンの記録は7時間半

4.アメショのルイという猫に加え、最近、二匹の野良猫を保護して今は、3匹の猫と暮らしています。

5.小原流いけばな教授の資格所持。

6.書道二段


どうぞよろしくお願いいたします。

※(お願い)ブログ内の文章、写真の無断転載は固くお断りいたします。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR