ローズ庵へようこそ♪

イングリッド・バーグマン(薔薇)をヒデキに捧げる。

昨日は宝塚の「凱旋門」のことを書きましたが
映画の「凱旋門」といえばイングリッド・バーグマン 

わが家にも名女優イングリッド・バーグマン の名を冠したバラがあります。
やはり大女優は最後にくるんだと思いました。

わが家の薔薇のラストを飾る、名花 イングリッド・バーグマン 開花です。
IMG_5703_convert_20180521152852.jpg
これぞ薔薇って感じの薔薇ですね。

IMG_5700_convert_20180521152926.jpg
日陰で・・・

素人は日陰や曇りで撮った方がいいと勧められましたが、一番上はあえて光の中で・・・。
だってきれいだったんだもの(´∀`*)

※イングリッド バーグマンは、ハリウッドで活躍したスウェーデン出身の名女優を讃えて名付けられたバラ。
濃く気高い赤色の半剣弁高芯咲き。
花弁が厚く弁質が良いため、雨にも強く花形がくずれにくいのが特徴です。
2000年の世界バラ会議で「バラの殿堂」入りをしました。

ノヴァーリスと・・・
IMG_5701_convert_20180521152946.jpg
(このイングリッドバーグマンは、初代のを挿し木した二代目なので、まだ小さいです。)
毎日脚立に乗って花ガラ切りに追われていますので💦ご紹介しきれなかったバラもあります。


そして、今朝のイングリッドバーグマン
IMG_5707_convert_20180521153051.jpg
小学生のとき、西城秀樹さんのファンでした。

ヒデキのイメージは赤い薔薇だと思っていたらご家族もそうだったみたいで、棺を赤い薔薇で飾られたとか・・
西城秀樹さんにこのバラを捧げたいと思います。ありがとうございました。
どうか安らかに・・・。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する