ローズ庵へようこそ♪

奄美大島・本場大島紬・泥染め体験(きもの文化検定工房見学その3)

大雨による災害の被害が大変なことになっています。
亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。
皆様のご無事を祈るばかりです。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*

きもの文化検定工房見学「大島紬大学」の続きです。
ひととおり大島紬の講義を受けた後、ストールを「泥染め」します。
IMG_6338_convert_20180707151226.jpg
こんな風にできるんですかね(-_-;)

白いストールと輪ゴムをいただきました。
IMG_6336_convert_20180707151304.jpg
それぞれが、これでくくります。

まずは、テーチ木染
これですね。
IMG_6342_convert_20180707151328.jpg

伐採したテーチ木を細かなチップにして、十分な水に重曹を加えて窯で十数時間煮だして染液を作ります。
タンニン酸を含んだ茶褐色の染液に、糸や絣むしろを入れてもみながら染めて液を替えながら約30回染めます。
繰り返し繰り返し、テーチ木で染めて泥田で染めると黒く発色する。
この工程をさらに数回繰り返して大島紬独自の渋みのある黒褐色に染め上げる。


※今回は私たちは時間の関係でテーチ木染も泥染めも一回だけです。
IMG_6360_convert_20180707151749.jpg

行きますよ~(*^-^*)
まずは見本を見せていただいて・・
IMG_6343_convert_20180707151431.jpg
けっこうにおいがきついです。

みんなも私もやります(^^)v
IMG_6346_convert_20180707151451.jpg
手だけって、ちょっと不気味です。

なのでここでかわいいユキリコフさんに登場していただきました。
IMG_6356_convert_20180707151654.jpg
うう、かわゆす・・・(*^-^*)
(※ご本人から、写真のブログへのアップの了承を得ています。)

泥染め
ここでします。
IMG_6371_convert_20180707152014.jpg
看板のアップ!
IMG_6370_convert_20180707152051.jpg
1300年の伝統を誇る古代染色で泥田の中の鉄分とテーチ木のタンニン酸を化合させる。

まずは職人さんに見本を見せていただきます。
IMG_6369_convert_20180707152116.jpg

皆さん、楽しそうにやってます。
IMG_6362_convert_20180707151829.jpg
私も少しだけさせていただきました(*^-^*)

そこに、朝香さんはじめ、東京から遅れて参加の第一組の方が来られました(*´▽`*)
わ~よかった、お疲れさまです。

ユキリコフさんは、お着物で泥染め!(*_*;
IMG_6365_convert_20180707151908.jpg

こっち向いてくださ~い
IMG_6367_convert_20180707151939.jpg
かわいいので、みんなバチバチ写真を撮っていました。なので私も・・・(*^-^*)
(※ご本人から、写真のブログへのアップの了承を得ています。)
地元の新聞社の方もお着物で泥染めをされる人を初めて見た!と後で取材されていました。
この記事は地元の新聞に掲載されました👏

乾かしていただいて、くくった輪ゴムを解きます。
IMG_6380_convert_20180707160401.jpg
皆さんすばらしかった。

私のはこんなかんじでした(-_-;)
IMG_6427_convert_20180707160642.jpg
でも、巻いたら結構いい感じなんですよ。

人さまばっかり出して自分の写真をを出さないのも、・・・なので最終日ですが・・泥染めストール巻きました。
IMG_6549_convert_20180707161133.jpg
ワタクシでございます。
洋服やTシャツにも合いますね。
つづいて「糊(のり)張り」の勉強に参ります。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する