FC2ブログ
 

ローズ庵へようこそ♪

有松鳴海絞りのユカタを着て「大徳寺高桐院」へ

昨日は、有松鳴海絞りのユカタを着物風に着て
京都の、「京都定期観光バス」~夏の涼を求めて~
という観光コースで「大徳寺高桐院」「貴船川床料理」「俵屋吉富」
と楽しんできました。
全部クーラーのきいた小型バスで回ってくださるので、
とても楽でした(*^^)v

大徳寺の山門「金毛閣(きんもうかく)」です。
P1030008_convert_20140808095917.jpg
千利休がその上層を増築し、
自身の木像を安置したことが秀吉の逆鱗にふれ、
切腹を命じられる理由のひとつになったことは有名です。

では、大徳寺の塔頭のひとつである高桐院へ参ります。
P1030009_convert_20140808100101.jpg
高桐院は、細川幽斎公の長子忠興三斎公により慶長6年(1601年)に建立されました。
公はまた利休七哲の一人であり、正室はあの細川ガラシャ夫人です。
細川三斎公とガラシャ夫人の墓所もあります。
散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 
 花も花なれ 人も人なれ

私の大好きな、細川ガラシャ夫人の辞世です。
小泉元総理が引退するときも、国会でこの歌を引用されていました。
P1030011_convert_20140808100329.jpg
コケが見事です。
こちらは人気の場所なので、写真は早く撮らないとね。
P1030024_convert_20140808100351.jpg
しつこく撮ります((笑)撮影はダンナ。
P1030010_convert_20140808095942.jpg
いつもは、写真をとるのを嫌がるのですが、この日は私の誕生日なので
サービスです(笑)
P1030013_convert_20140808100306.jpg
お庭も手入れが行き届いていて美しいです(*^▽^*)
P1030014_convert_20140808100232.jpg
書院は千利休居士の邸宅を移築したもの。
P1030015_convert_20140808111740.jpg
二帖台目の名茶室松向軒です。
P1030021_convert_20140808100006.jpg
お庭の前で撮影。
藍色の「有松鳴海絞り」のユカタを着物風に着ました。
☆ここポイントです
藍色のきものは
紅色系をアクセントカラーに使い
藍の華やかさを引き出す

藍色の中に含まれる紫や赤を意識して小物合わせをすることで
華やかさを引き出せます。
(「女優きもの」誰より美人に見せるひみつの法則
相澤慶子/監修、文 世界文化社発行 40pから抜粋)

なので、ポイントにに赤のガラスの帯留めを使いました。

P1030027_convert_20140808095813.jpg
再び、金魚の日傘登場です。
金魚の赤い色が藍色の浴衣をより美しく演出してくれています。
顔が見えないから、いいのかも?(;^ω^)
「日傘で着物美人になる」というタイトルの以前のブログに書きました。
P1030026.jpg
やはり、着物に日傘って絵になりますよね~(#^.^#)
明日は、貴船の川床、貴船神社の様子をアップいたします(*^▽^*)

ご訪問ありがとうございますm(__)m
ブログランキングに参加しています。
クリック↓して頂けるとうれしいです(*^▽^*)
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

PageTop